デブ菌ってなに?ダイエットを成功させるには腸内環境の改善が◎!


デブ菌を減らし、ヤセ菌を増やすダイエット法をご存知でしょうか。端的にいうと「腸内環境を改善」することでそのような効果を得ることが可能となるそうです。そもそもデブ菌やヤセ菌って?となる方が大半かと思いますので、今回はそのデブ菌を減らしてダイエットする方法について解説します。

スポンサーリンク

デブ菌とかヤセ菌って本当にあるの?

実際に「デブ菌」「ヤセ菌」という名前の細菌が存在しているわけではありません。

ですが、同じものを食べても太ってしまう人とそうでない人の腸内を調べてみると、腸内細菌のバランスが異なっていることが分かってきているそうです

そして、太りやすい人にはフィルミクテス門(ファーミキューテス門とも言います)に属する細菌が多いことが分かっているようなのです。それを通称、デブ菌と呼んでいます。

・デブ菌とは

デブ菌は、フィルミクテス門に属する細菌のことで、ファーミキューテス門とか、グラム陽性細菌門ともいわれています

真正細菌の一種で、人体の真正細菌の中ではプリオバクテリオ門に次いで、たくさんの種類があることが分かっているんだそうです。

フィルミクテス門の細菌は、腸内だけでなく皮膚の常在菌としても存在しており、また、発酵食品などを食べることによって摂取することもあります。

フィルミクテス門の細菌の中には、本来ならば体外に排出されるべき脂質や糖質などを抱え込んでしまうものがあり、それが原因で太りやすくなってしまうことから、デブ菌という名前が付けられたということです。

・ヤセ菌とは

ヤセ菌は、バクテロイドス門に属する最近のことで、フィルミクテス門とは反対に、グラム陰性に属する細菌群のことをいいます。

腸内環境(腸内フローラ)の主要な構成員であり、自然界にも多く存在することが分かっているそうです

▼腸内フローラに注目したダイエット法については以下の記事をご覧ください。

腸内フローラダイエットってなに?腸の働きを制する者はダイエットを制す!

ヤセ菌には脂肪の吸着を防いでくれる働きがあることが分かっており、同じだけの量を食べていても太りにくい人には、いわゆるヤセ菌が多いということです

デブ菌を減らすにはどうしたらいいの?

・腸内細菌の理想のバランスを知ろう!

腸内細菌には、大きく分けると善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌が存在しているとされています。そして、その3者は絶妙のバランスを保つことで、私たちの健康を守ってくれているのです。

善玉菌というと身体の味方のように聞こえますが、善玉菌が多ければ多いほどよいというものでもないのです。そして、腸内細菌の理想のバランスは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌の割合が、2:1:7というバランスだということです。

・腸内細菌のバランスを整えるには?

腸内細菌のバランスが乱れている状態というのは、悪玉菌、すなわちデブ菌が増えてしまっている状態のことをいいます。そして、悪玉菌が増えると、日和見菌が悪玉菌のような働きをし始めるということなのです。

つまり、悪玉菌が増えると、単に悪玉菌の数が増えるにとどまらす、悪玉菌の働きをする細菌の数も増えてしまうということになるのです。それが太ってしまったり、病気になってしまったりする要因となるのです。

そのため、腸内細菌のバランスを整える際には、通常は悪玉菌を減らすということがおこなわれます。悪玉菌を減らすにはどうするかというと、善玉菌を増やせばいいのです

スポンサーリンク

デブ菌を減らすためにはこれを食べよう!

デブ菌を減らすには、反対にヤセ菌を増やせばよいということでした。では、ヤセ菌を増やすにはどのようなものを食べるとよいのでしょうか。

・ヨーグルト

ヤセ菌を増やす代表的な食べ物といえばヨーグルトです。ヨーグルトは腸内細菌のバランスを整えてくれることでも有名な食品ですよね。なぜなら、ヨーグルトには善玉菌である乳酸菌が含まれているからです。

善玉菌である乳酸菌は、腸内でヤセ菌の餌となります。ヤセ菌が増えることによって、だんだんと太りにくい体質に変わっていくという訳なのです

・納豆

ご飯に納豆をかけている

納豆も、ヨーグルトと並んでヤセ菌を増やす食品として知られています。

納豆に含まれている納豆菌には、悪玉菌の増殖を抑えてくれる効果があることが分かっています

・水溶性の食物繊維

食物繊維には不溶性の食物繊維といって、水に溶けないタイプの食物繊維と、水溶性の食物繊維といって、水に溶けるタイプの食物繊維に2種類があることが分かっています。

そして、ヤセ菌を増やすには水溶性の食物繊維を摂取するのが有効です。なぜなら、水溶性の食物繊維は水分に溶けるとネバネバとした状態になり、糖質(炭水化物)が腸に吸収されるのを妨げてくれるからです

そもそも私たちがなぜ太ってしまうかというと、糖質(炭水化物)を分解しきれないからです。糖質はすい臓から分泌されるインスリンによって分解されますが、糖質の摂取量が多かったり、急激に血糖値が上がったりすると、インスリンの分解が追い付かなくなってしまいます

分解されなかった糖質は、脂肪に形をかえて細胞に取り込まれ、予備のバッテリーとして保管されるのです。これが太ってしまう理由という訳なのです。

そのため、水溶性の食物繊維を摂取することで、そもそも糖質が吸収されないようにすることが重要だという訳です。

水溶性の食物繊維を多く含む食品としては、アボカドやごぼう、海藻類やきのこ類、ヤマイモや納豆などのネバネバしたものなどがあげられています

▼アボカドの美容・ダイエット効果については以下の記事をご覧ください。

アボカドダイエットで美味しく痩せよう!まだカロリーが高いとか言ってるの?

デブ菌を減らすときの注意点

デブ菌を減らすためには、ヤセ菌を多く含む食品や、水溶性の食物繊維を多く含む食品を摂取して、腸内細菌のバランスを整えることが大事だということでした。

ただ、ここで一つ注意しておきたいことがあります。それは、腸内には100兆ともいわれる数の細菌が生息しており、そのバランスは人によってさまざまだということです。

ヤセ菌を増やす食品にはもちろん、たくさんの有益な細菌が含まれてはいます。ただ、それらは便とともに日々排出されるものなので、ヤセ菌を増やす食品を食べたからといって、すぐに痩せられるという訳ではありません

おそらく、腸内細菌のバランスが落ち着いたということなのでしょう。腸内細菌のバランスをよい状態に保ち続けるには、不断の努力が必要となるのです。

ただし、ヤセ菌を増やすという発想自体は、健康にとっても美容にとっても非常に有益です。つまり、デブ菌を減らすダイエット法は、食習慣の改善がカギだということなのです。

デブ菌ってなに?ダイエットを成功させるには腸内環境の改善が◎!のまとめ

デブ菌を減らすためには、ヤセ菌を増やす食品を摂取することも重要ですが、栄養バランスを考えた食事をしたり、規則正しい時間に食事をしたりすることも重要です。また、塩分や糖分の過剰な摂取にも気をつけるようにしてくださいね。あと、ダイエットをするときは筋力を落とさないことも大事なので、適度に身体を動かすように心がけましょう!

関連コンテンツ