ダイエット中の飲み会を乗り切る方法10選!太らないための対策!


ダイエット中の飲み会を乗り切るための方法をご紹介します。ダイエット中に限って飲み会がかぶってしまったりするのは最早あるあるかもしれませんね。飲み会となるともちろんアルコールが入りますし、アルコールによって満腹中枢が鈍ってしまい、食べすぎてしまいがちです。今回はその対策をまとめました。

スポンサーリンク

ダイエット中の飲み会を乗り切る方法その1

揚げ物の衣は避ける

飲み会といえば付き物なのが揚げものと言ってもいいくらい、唐揚げやフライドポテト、天ぷらなどといったものがよく供されますよね。この揚げ物についてくる衣がとても厄介なのです。

揚げ物の衣には小麦粉など、炭水化物が使われていることが多いです。炭水化物は糖質と食物繊維とからできており、糖質は太る原因となってしまうことが分かっています。また、揚げ物に使われている油の問題もあります

一流の料亭や割烹のお店ならともかく、チェーンの居酒屋などで使われている油は、長時間に渡って交換されていなことも多く、酸化してしまっているケースがままあります。

油が酸化すると過酸化脂質という物質が産生されますが、過酸化脂質にはDNAに対して損傷を与えるという働きがあることが分かっています。それに、酸化した油で揚げられた揚げものは美味しくありませんし、胃もたれの元ともなります。

飲み会のときにはなるべく揚げものを控えるようにし、どうしても食べなければならないようなときには、衣を避けて食べるようにするとよいでしょう。

ダイエット中の飲み会を乗り切る方法その2

野菜を最初に食べる

みなさんもよくご存じのことかもしれませんが、私たちが太ってしまう原因としては糖質の存在があげられています。かつてはカロリー摂取の過多が太ってしまう原因だと考えられていました。

ところが、近年の研究結果によって、実は糖質の過剰摂取や、血糖値の急激な上昇の方が脂肪の付着に大きく関わっていることが分かってきたのです。

糖質の摂取量が多かったり、食事に際して血糖値が急激に上昇したりすると、糖質を分解するインスリンの働きが追い付かなくなってしまい、結果として脂肪が蓄えられてしまうのです

野菜には食物繊維の中でも特に、不溶性の食物繊維が多く含まれています。不溶性の食物繊維は保湿性が高く、水や消化酵素に溶けることがないため、胃や腸の中をゆっくりと進んでいきます。

ゆっくりと進むことで血糖値の上昇が緩やかになるため、インスリンの分泌量を抑えて脂肪が付着するリスクを下げてくれるのです。

そのため、飲み会のときにも乾杯の後にはまず、サラダや野菜のたくさん入ったメニューを食べるようにするとよいでしょう。

ダイエット中の飲み会を乗り切る方法その3

飲み会の前に食べておく

飲み会は仕事の後におこなわれることが多いと思いますが、仕事が終わった後というのは大抵の方が空腹状態にあると思います。

お腹がすいた状態でお酒を飲んでしまうと、俗にいう「お酒が回る」といった状態になってしまいます。酔いが回るのが早くなるという訳ですね。

サンドウィッチを持つ笑顔の女性

お酒を飲んだときに太りやすいのは、アルコールが回ることによって脳の視床下部にある満腹中枢が麻痺してしまうからだといわれています

そのような事態を避けるため、飲み会の前に軽く何かを口にしておくとよいでしょう。たくさん食べるとかえって太るリスクが高くなるので、カロリーの低いサラダなどを食べておくとよいでしょう

スポンサーリンク

ダイエット中の飲み会を乗り切る方法その4

ご飯や麺類は避ける

先述したように、私たちが太ってしまうのは、カロリーの摂りすぎよりも糖質の摂取の方が重大な要因であるということでした。

そのため、飲み会のときには焼きそばや焼きうどんなどの麺類、お好み焼きやたこ焼きなどの粉もの、ご飯ものなどは避けるようにした方がよいでしょう

山盛りの白米

ダイエット中の飲み会を乗り切る方法その5

朝ごはんを抜いておく

飲み会があるとあらかじめ分かっているときには、朝ごはんを抜いておくというのも一つの手です。朝ごはんを抜いて置くことには2つの意味があります。

カロリー収支の帳尻を合わせる

飲み会のある日に朝ごはんを抜いておくことには、カロリー収支の帳尻を合わせるという意味があります

カロリー収支とは、痩せるときに必要な考え方である「消費カロリー>摂取カロリー」という要件を満たすことを言います。

カロリーの計算法自体にやや疑問は残されているものの、摂取カロリーが増え過ぎれば太るリスクも上昇することに変わりはありません。

飲み会のときには摂取カロリーが普段よりも増えてしまう可能性が高いので、あらかじめ朝ごはんを抜いておくことによってカロリー収支の帳尻をあわせるという訳なのです

胃腸への負担を減らす

朝ごはんを抜いておくことは、胃腸を休めることにもつながります。アメリカで大流行したハリウッドのセレブやモデル御用達のダイエット法に、8時間ダイエットと呼ばれる方法があります。

8時間ダイエットとは、8時間だけダイエットをするのではなく、食事をしていい時間を1日の内の8時間だけに限定するというダイエット法です

例えば、朝ごはんを抜いてお昼ご飯を13時に食べたのであれば、21時までには食事を終えるということになります。

それによって胃腸が活動する時間を減らすことができるので、胃腸を休ませることが可能となり、それによって胃腸がしっかりと働くようになるという訳なのです

胃腸の機能が低下すれば、消化・吸収能力も低下してしまうため、8時間ダイエットは胃もたれや便秘がちの人にもお奨めのダイエット法となっています。

8時間ダイエットについてはこちら。

ダイエット中の飲み会を乗り切る方法その6

シメはパスする

飲み会が長くなると、満腹中枢の麻痺とも相まってなんとなく空腹感を覚えることがありますが、そこで何かを口にすることは控えなければなりません

そんなときに限って「シメにラーメンでも食べていくか」などという流れになることがありますが、ダイエット中には最悪の選択です。太るための黄金パターンとも言えるでしょう。

ダイエット中の飲み会を乗り切る方法その7

2次会はパスする

飲み会の後のラーメンもそうですが、2次会もこれまでおこなってきた数々の努力が無駄になってしまうリスクが大きいです。

カラオケ程度なら構いませんが、飲み屋さんをはしごするようなことは避けた方がよいでしょう。

ハイボール

ダイエット中の飲み会を乗り切る方法その8

水を飲む

ダイエット中の飲み会のときには、お酒と一緒に水をたくさん飲むようにしましょう

それによってアルコールの摂取量を減らすことが可能となりますし、翌日の二日酔いのリスクも減少します。

ダイエット中の飲み会を乗り切る方法その9

コースは避ける

もし選択が可能なのであれば、食べ放題やコース料理は避けた方がよいでしょう。

残すのがもったいないという発想になりやすいですし、また、ノルマ的に食べなければならなくなってしまう可能性もあります

ダイエット中の飲み会を乗り切る方法その10

飲み会に行かない

ダイエット中の飲み会を乗り切るには、そもそも飲み会に行かないという手もあります。毎回だとなんですが、たまには理由をつけて断ってもいいのではないでしょうか。

ダイエット中の飲み会を乗り切る方法10選!太らないための対策!のまとめ

今回はダイエット中の飲み会を乗り切る方法について特集しましたが、いかがだったでしょうか。ところで、「ダイエットを始めた」というと、なぜか飲み会のお誘いなどが入るものですよね。ダイエットは黙っておこなった方が吉かもしれませんね。

関連コンテンツ