ダイエットクッキーのレシピと効果を解説!


ダイエットクッキーをご存知でしょうか。クッキーというと、バターや砂糖がたくさん入っていてダイエット中の天敵のような気がしますが、ダイエットクッキーはストレスのたまりやすいダイエット中の強い味方となってくれます。今回の記事ではダイエットクッキーでダイエットをする方法や、その作り方や、注意点について紹介していきます。

スポンサーリンク

ダイエットクッキーってなに?

ダイエットクッキーとは、ダイエット中の空腹感を紛らわしたり、食事の代わりに食べたりすることによって、痩せるという目標を達成させるために用いられるダイエット食品のことをいいます。

通常のクッキーと比べるとカロリーが低かったり、糖質の含有量が少なかったりといった特徴があり、そのレシピもさまざまです。

ダイエットクッキーのおすすめは「豆乳おからクッキー」

ダイエットクッキーには特別な定義などはなく、通常のクッキーのようにバターや砂糖をたくさん使っていない、カロリーが低くて糖質含有量の少ないクッキーのことをいいます。

大豆とコップに入った豆乳

そのため、ダイエットクッキーにはいろいろな商品がありますし、作る際のレシピもさまざまです。ただ、最近になって注目されているダイエットクッキーとして、豆乳おからクッキーというダイエット食品があります。

豆乳やおからが身体によいことはよく知られていますが、健康食品である豆乳とおからを使ってクッキーを作ることで、まさにダイエット向きのクッキーができあがるということなのです。

▼おからのダイエット効果について詳しくは以下をご覧ください!

おからダイエットで健康的に痩せよう!おすすめのダイエット法もご紹介!

ダイエットクッキーで痩せるための方法

ダイエットクッキーを用いたダイエット法はいくつかありますが、大きく分けると以下の2つにまとめることが可能です。それでは、ダイエットクッキーでどのようにして痩せられるのかについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

・置き換えダイエット

置き換えダイエットとは1日の食事の内の1回、もしくは複数回を、低カロリーで低糖質のダイエット食品に置き換えるというダイエット法のことをいいます。

ダイエットをするときには「消費カロリー>摂取カロリー」の状態にすることが基本なので、痩せるためにはまず摂取カロリーを減らすということが重要な訳です。

ダイエットクッキーとして注目されている豆乳おからクッキーは、市販のもので1枚当たり20キロカロリーから30キロカロリーとされており、通常のバタークッキーの3分の2から半分くらいのカロリーとなっています。

チョコチップクッキーなどになると、1枚当たり80キロカロリーから90キロカロリーにもなってしまうので、豆乳おからクッキーがいかにカロリーの低いクッキーかが分かると思います。

また、自分で豆乳おからクッキーを作れば、さらにカロリーを低くすることも可能です。そのようなカロリーの低いダイエットクッキーを食事の代わりに食べることで、摂取カロリーを減らして痩せることが可能という訳なのです。

・おやつとして食べる

ダイエットをするときには、間食にも気をつける必要があります。もちろん、ダイエット中は間食をやめてしまうのがもっとも効果的なのですが、甘いものが好きな人にとってはつらい選択ですよね。

そのため、間食をする習慣がある人は、カロリーの高いお菓子の代わりにダイエットクッキーを食べることによって、摂取カロリーを減らすのが良いでしょう

特に、生クリームやバター、砂糖をたくさん用いた洋菓子はカロリーが高くなりがちなので、ケーキやシュークリームなどを食べるくらいであれば、ダイエットクッキーを食べた方がダイエットに成功する確率が高くなります。

ダイエットクッキーのレシピ

ダイエットクッキーは、市販のものを購入してもよいのですが、市販のものだとどうしてもバターや砂糖をたくさん摂りすぎてしまうこととなります。そんなときには、ダイエットクッキーを作ってしまえばよいのです。

ここでは豆乳おからクッキーの作り方を紹介します。

<用意するもの~30枚分~>

  • 豆乳(適量)
  • おから(100g)
  • 砂糖(大さじ2)
  • 塩(少々)
  • 小麦粉(140g)
  • ベーキングパウダー(4g)

<作り方>

①おからに、小麦粉・砂糖大さじ2・塩・ベーキングパウダーを入れる

②適度に水分調整を行うため、加減を見ながら豆乳も入れてよく混ぜ合わせる

★Point★お好みでゴマなどを入れても美味しいですよ!

③生地ができたら、5mmくらいの厚さになるよう、めん棒などを使って伸ばす

④均一に伸ばしたら、包丁で適当な食べやすい大きさに切る

⑤200度のオーブンで15~20分ほど焼く

★Point★焦げ付かないように様子を見てください!

ダイエットクッキーの問題点

ダイエットクッキーは、美味しく食べられてダイエット効果も得られるということもあり、ダイエットをするときに重宝されています。ただ、ダイエットクッキーを用いたダイエット法にはいくつかの問題点もあります。

・栄養バランスが偏る

置き換えダイエットの問題点

ダイエットクッキーを用いてダイエットをする場合、置き換えダイエットという方法がよく奨められています。確かに、カロリーの高い食事の代わりにカロリーの低いダイエットクッキーを食べれば、当然痩せることは可能でしょう。

ただ、ダイエットクッキーはいくら工夫をして作ったとしても、それだけを食べていては栄養バランスが偏ってしまうことは避けられません

ビタミンとミネラルの不足

現代人の食生活にはビタミンとミネラルが特に不足しているとされていますが、ダイエットクッキーだけを食べていると、ますますその傾向を助長してしまいます。

・リバウンドの危険性が高い

ダイエットクッキーを用いてダイエットをするときには、先ほども述べたように置き換えダイエットという方法を選択するケースが多く見受けられます。

そして、ダイエットクッキーに限った話ではないのですが、この置き換えダイエットというダイエット法は、リバウンドをしてしまう可能性が高いダイエット法でもあるのです。

食事の量を減らせば当然痩せることは可能となりますが、食事制限のみによるダイエットは、リバウンドの危険性と常に隣り合わせです。

なぜなら、置き換えダイエットなど食事の量を減らすダイエットで体重減少が起こった場合、単に体脂肪が落ちているだけでなく、筋肉の量も減少してしまうからなのです。

筋肉量は基礎代謝と深くかかわっており、筋肉が落ちると基礎代謝量も減少し、結果としてダイエット前よりも太りやすい体質になってしまうのです。

・飽きる可能性が高い

ダイエットクッキーを用いたダイエット法の問題点としては、ダイエットクッキーに飽きる可能性があるということもあげられます。いくら美味しくても、食べ続けていればきっと飽きがやってきます。

そのためダイエットクッキーを自分で作る時には、ココアパウダーを入れたりシナモンを入れたり、チョコチップを加えたりして、できるだけ飽きないように工夫するとよいでしょう。

ダイエットクッキーのレシピと効果を解説!のまとめ

ダイエットを成功させるのに大事なことは、食習慣の改善と運動です。人間の身体は食べたものからできているので、ダイエットをする際には食習慣の改善が絶対条件となります。ただ、食事量を減らすだけのダイエット法は、体脂肪だけでなく筋肉も減らしてしまう可能性があります。そのため、筋力アップとまではいわないまでも、現在ある筋肉を維持する程度の運動は行った方が良いです。

関連コンテンツ