ダイエットが続かない理由を探って、ダイエット成功につなげよう!


ダイエットが続かない理由とはいったいなんでしょうか。ダイエットとは続けるのが大変困難なものですよね。今回はシンプルですがその原因に迫り、今後のダイエットの成功率をあげるためのコツを探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ダイエット産業が廃れない理由

世の中に、売れ続けている本があることをご存知でしょうか。大きく分けると3つの分野に関する本が売れ続けるとされており、それは自己啓発とビジネス本、そしてダイエットに関する本だといわれています

ビジネス本はともかくとして、なぜ人は自己啓発の本やダイエットの本を買い続けるのでしょうか。それは、失敗をする可能性が極めて高いからです。

ダイエットにしてみても、さまざまなダイエット法が次々と生み出され、まるで尽きることのない泉のようです。そして、大量のダイエット失敗者を生みだすこととなるのです。

ダイエットをしたい人は常に「ダイエットをしたい」という思いを持っています。一度ダイエットに失敗したから、もう二度とダイエットなんてしたくない、というような人はあまりいません

そのため、新たなダイエット法が発表されると、「今度こそは成功するんじゃないか?」といった具合に、また新たなダイエット法に飛びつくのです。これが、ダイエット産業が廃れない理由となっているのです。

ダイエットが続かない理由その1

飽きてしまう

それでは、ダイエットが続かない理由について見ていきたいと思います。ダイエットが続かない最大に理由としては、ダイエット法に飽きてしまうということがあげられます。

ダイエット法としてよく見かけるのが、「○○を食べるだけで△△kg減が可能!」とか「○○するだけで痩せられる!」などといったものです。

リンゴダイエット

具体的に例をあげてみるなら、リンゴダイエットなどもそうですよね。食事の代わりにリンゴを食べることで体重を減らすことが可能というダイエット法です。

カロリーの高い食事の代わりに、カロリーの低いリンゴを食べれば、体重を減らすことができるのはあたりまえですよね。

リンゴは美味しくて手軽に食べられて、ほぼ1年中手に入るので、ダイエット法としてはお手軽と言えます。ただ、毎日毎日リンゴを食べるとなると、必ずといっていいほど飽きが訪れます。

食事というのは単にお腹を満たすためだけではなく、人生における楽しみの一つとなっています。そうでなければ、こんなに多彩な調理法が生み出されている訳がありません

また、「○○するだけで痩せられる!」というダイエット法に関しても、やはり飽きてしまうという可能性があります。

スクワットチャレンジ

例えば、アメリカでも流行ったスクワットチャレンジというダイエット法があります。1ケ月間に渡ってスクワットをするだけのダイエット法です。

スクワットは「キング・オブ・エクササイズ」などとも呼ばれており、非常に効果の高いエクササイズなので、1ケ月間という短い期間でも必ず効果が現れます

しかし、たったの1ケ月間スクワットを続けることもなかなか困難です。なんでも続けることというのは難しいですからね。

このように、ダイエットが続かない理由として、飽きてしまうというのが最大の理由であることが分かって頂けたことと思います。

スポンサーリンク

ダイエットが続かない理由その2

目標が高すぎる

ダイエットが続かない理由として、目標設定に問題があるケースもあげられます。これはなにもダイエットに限ったことではありません。

勉強が苦手な人にも同じような経験があるのではないでしょうか。たとえば、算数のテストでいつも30点しか取れないのに、いきなり100点満点を目指すのは大変ですよね。

とりあえず及第点である60点を目指すのは現実的ですが、最初から100点満点を目指すのはなかなかに困難だと言えます。

お腹の贅肉をつまむ女性

ダイエットについても同様で、例えば体重が100kgある人が、いきなり(その人にとっての)標準体重である60kgまで落とすとなると、やはり大変ですよね

とりあえず85kgくらいに目標を設定して、それから次は80kg、その次は75kgと段階をおって減量していくといいのですが、最初から最終目標しか設定していないと、失敗する元となってしまいます

ダイエットが続かない理由その3

停滞期に挫けてしまう

ダイエットが続かない理由として、ダイエットに付きものの停滞期を乗り越えられないということも上げられます

食事制限などのダイエットを始めると、体重の3%から5%くらいであれば、すぐに落とすことが可能なものです。ただ、そこから体重が落ちない時期が訪れます。そのことを、ダイエットの停滞期と呼んでいます。

体重計にのって溜息をつく女性のイラスト

ダイエットの停滞期は人によって期間が異なっており、2週間で停滞期が終わったという人もいれば、1ヶ月以上停滞期が続くこともあります

ダイエットをしているのに、毎日体重計に乗っても、1ヶ月以上に渡って体重に変化がないという状態が続くと、多くの人が絶望してダイエットを諦めてしまうのです。

停滞期になってしまう理由

停滞期が訪れるのにはちゃんと理由があります。それは、人体にはホメオスタシスといって、恒常性を保とうとする働きがあるからです。

例えば、氷水の中に指をつけると、指先の温度はどんどん下がっていきます。ところが、ある程度まで温度が下がると、今度は温度が盛り返してくるという現象が起こります。これがホメオスタシスの働きです。

体重に関しても同様で、ダイエットを始めるとある程度は簡単に体重が落ちるのですが、身体の方は恒常性、つまり同じ状態を保とうとするので、ある時期から体重が落ちなくなってしまうのです

でも、そこで挫けずにダイエットを続けていると、身体の方が「この状態でも大丈夫なんだ」と判断して、また体重が減り始めるのです。

ダイエットが続かない理由その4

言い訳が上手

ほかにも言い訳が上手であることがあげられます。たとえばダイエットのためにジョギングを始めたとき、「雨が降ったから今日はやめよう」などと理由をつけて、ジョギングを中止してしまうようなケースです。

ダイエットが続かない理由として「あるある」ですよね。

ダイエットが続かない理由その5

完璧主義

ダイエットが続かない理由として、完璧主義であることも上げられます。「完璧主義なのになぜダイエットが続かないの?」と思われるかもしれませんが、完璧主義者には思わぬ落とし穴があるのです。

たとえば、ジョギングなどの有酸素運動は、一般的に20分以上続けないと効果がないとされています。なぜなら、体脂肪が燃焼し始めるのは運動開始後20分経ってからだとされているからです。

ところが、運動をする時間が10分しかなかったとします。そうすると、完璧主義の人は「20分運動をしないと脂肪が燃焼しないから意味がない」と運動をしないケースがあるのです。

仮に10分しか時間がなくても、その分だけのカロリーは消費できる訳ですよね。1年間トータルで考えると、この10分の差がとてつもない差となって現れます。ダイエットをするときには「やらないよりはマシ」と考えることも大事なのです。

▼ダイエットが続けられない方は、ダイエットアプリを利用してみるのもおすすめですよ。

ダイエットアプリを上手に使うコツ4選!目的別にアプリを選択しよう!

ダイエットが続かない理由を探って、ダイエット成功につなげよう!のまとめ

ダイエットが続かない理由について見てきました。たくさんの「あるある」に共感してしまった方もいるかもしれませんね。最大の理由はやはり飽きてしまうということです。何事も継続するのはとても難しいことです。そのため、ダイエットを続けるために、楽しみながらできる方法を探すことが重要と言えそうです。

関連コンテンツ