ダイエットの意味と痩せるために重要な2つのこと!


ダイエットの意味を本来と違ったように認識している方のほうが多いかもしれません。たくさんのダイエット情報をすぐに検索できる昨今ですが、なかなかダイエットに成功できない場合は、ダイエットの本来の意味の理解や、痩せるために重要な根本的理解が欠けている可能性もあります。今回はみなさんのダイエットのサポートとして、これらを紐解いていこうと思います。

スポンサーリンク

ダイエットの本当の意味とは?

早速ですが、ダイエットの本当の意味についてから、お話していきます。簡単な話になりますが、英和辞典でダイエットを調べるとすぐに答えが出ます。

英和辞典によると、ダイエットとは「規定食」というシンプルな説明がされているのです。規定食とは、食事をなんらかの条件に従って規定することを意味します。

また、英語として用いる際には、規定食以外にも日常の食事を意味することもあるそうです。例えば、ベジタブルダイエットという言葉があったとします。

おそらく多くの日本人は、ベジタブルダイエットと聞くと、野菜を食べて痩せることだと思うでしょうが、実際には単なる野菜食のことを意味します

ダイエット=規定食の意味は?

ダイエットには規定食という意味があることが分かりましたが、それではその規定食にはどのような意味があるのでしょう。また、どのような目的でおこなわれるのでしょうか。

規定食(ダイエット)とは、健康や美容といった目的を実現するために、食事の量をコントロールしたり、食事に含まれている栄養バランスを考慮したりすることを意味します

規定食が必要となるのは多くの場合、生活習慣病などの疾患を抱えている人です。つまり、日常の食習慣が原因で病気になったような人に対して、規定食がおこなわれる訳です

分かりやすく言えば食餌療法(食事療法)と言ってもよいと思います。生活習慣病の人には肥満の傾向もあるので、規定食(ダイエット)をおこなうことによって、「結果として」痩せる訳です。

そういった面だけでダイエットを捉えた場合、ダイエット=痩せるというイメージが付与されてしまうのです。

実際には規定食をおこなうことで体重が増えることもあります。例えば、拒食症で痩せ細っているような人が規定食(ダイエット)をおこなえば、健康を取り戻す過程で体重が増えることとなります

つまり、ダイエットという言葉には本来「痩せる」という意味は含まれていないのです。ただ、現在では「ダイエット=痩せる」という意味で用いられるようになってきています。

スポンサーリンク

運動によるダイエットはおかしい?

ダイエットに関するサイトや雑誌などを見ていると、「ジョギングなどの有酸素運動をしてダイエット」とか、「ヨガをしてダイエット」などといった記事をよく見かけますよね。

先程も述べましたように、ダイエットの本来の意味は規定食ということだったので、本来は運動をしてダイエットとか、ストレッチをしてダイエットという表現は矛盾していることとなります。

規定食と運動は関係ありませんからね。ただ、現在では「ダイエット=痩せる」といった意味で用いられる風潮があるので、単に運動をすることによって痩せようということを言っているにすぎないのでしょう。

今回なぜダイエットの本来の意味について説明しているかというと、あまりにもダイエット記事が氾濫しており、しかもダイエットに失敗してしまう人が多いからです。

ダイエットの方法がいろいろあって選択肢が多いのは結構なのですが、「健康的に美しく」といったダイエット本来の目的に沿った痩せ方ができる方法がそれほど多くないという現実があります。

「1週間で7kg痩せられる!」などという謳い文句に引かれてダイエットを始めたら体調を崩してしまったなどという、笑えない結果となることもしばしばあります。

また、痩せられると思ってダイエットを続けているのに、一向に成果が上がらないという話もよく聞かれます。そこにはダイエットに関する認識の誤りがあるからです。

痩せるために重要なことその1

運動で痩せるのは難しい

ダイエットに失敗してしまう人が多い理由の一つとして、運動によって痩せるのは難しいということがあげられます。ではなぜ、運動によって痩せるのは難しいのでしょうか。

・カロリー消費量が少ない

ダイエットというと消費カロリーを摂取カロリーよりも増やすということが重要視される傾向があり、そのために運動によってカロリーを消費させるという手段がとられます。

ところが、運動によって消費されるカロリーはそれほど多くないのです。毎日必ず1、2時間走れる時間的な余裕がある人なら別ですが、忙しい現代人に適したダイエット法とは言い難いのが現状です。

ご飯1杯分の摂取カロリーを有酸素運動によって消費させようと考えた場合、ウォーキングなら1時間はかかることとなります。時間帯効果という面で見ると、あまり効率的とは言い難いのではないでしょうか。

・筋力アップには時間がかかる

ダイエットをする際には、筋力アップをして基礎代謝量を上昇させることが大事だなどといわれることもあります。確かに筋肉は基礎代謝と密接な関係があるので、筋力アップすれば基礎代謝量が上昇して、痩せやすい体質になれるのは事実です。

ただ、筋肉をつけるプロフェッショナルであるボディビルダーでさえ、1年間につけられる筋肉の量はせいぜい2kgから3kgということです。

筋肉が1kg増えると、基礎代謝が13キロカロリー程度増えるということなので、仮に筋肉が3kg増えると40キロカロリーほど基礎代謝量が上昇することとなります。

ただしこれは机上の計算であって、実際には筋肉が3kg増えると、120キロカロリー程度は消費できるようになるそうです。それでも、ボディビルダーならぬ一般人にとって、そこまで筋肉量を増やすのは長い道のりだと言えます。

痩せるために重要なことその2

食習慣の変更は絶対必要

ダイエットに失敗してしまうのは、効率の悪い運動によって痩せようとしていることが原因の一つとしてあげられます。

人間の身体は食べ物でできているので、太ってしまう人は食習慣を見直すことが、痩せるためには絶対条件となります。

そもそもダイエットの本来の意味は規定食であり、食事内容を吟味して、摂取すべき量や中身を考慮すれば、必ずダイエットを成功させることが可能です。

ただ、食事制限のみでは筋肉量が低下して基礎代謝量が減少してしまうので、筋力アップはしないまでも、現在ある筋肉量を維持することは重要と言えます。

ダイエットをする際に重要なことは、「食事制限(食習慣の見直し)+適度な運動」です。どちらが欠けても健康的に美しく痩せることは出来ません。

どのようなダイエット法を選択するのも自由ですが、この原則だけは忘れないようにしましょう。そうすることによって、ダイエットに失敗するリスクを低下させることが可能となります。

ダイエットの意味と痩せるために重要な2つのこと!

現代はインターネット社会となり、欲しい情報は何でもすぐ手に入るようになりました。ただ、検索上位に来るサイトが必ずしも信憑性の高いサイトとは限りません。本当にその情報が正しいのかを見抜く眼力が、私たちには要求されているのです。本当に役に立つダイエット情報を見極めて、ダイエットを成功させましょう。

関連コンテンツ