そうめんダイエットの注意点と痩せるためのコツを紹介!


そうめんダイエットで痩せるための、ちょっとしたコツなどをご紹介していきます。夏の間、とても暑い日が増えている日本列島ですが、そんな時に嬉しいのが、冷たくてのど越しの良いそうめんというご家庭も多いのではないでしょうか。そうめんを食事メニューに取り入れることによって行うのがこのそうめんダイエットです。早速詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

そうめんダイエットってどんなダイエット法?

そうめんダイエットは、日常の食生活にそうめんを取り入れることによって体重を管理することを目的としたダイエット法です。

そうめんは小麦粉から作られており、炭水化物を多く含む食品です。炭水化物というとダイエットの敵のように思われるかもしれません。

ですが炭水化物も三大栄養素の一つであり、私たちの身体にとってのエネルギー源でもあることから、やはり必要最低限は摂取することが重要となります。

そうめんといえば、夏場に冷やして食べるといったイメージがありますが、夏以外の季節でも、アレンジ次第でダイエット食として用いることも可能となっています。

そうめんってどんな食べ物?

・小麦粉を原料とした麺料理の一種

そうめんは、小麦粉に水と塩を混ぜ、よく練ってから細い棒状にして乾燥させたものです。

手で伸ばしたそうめんは「手延素麺」と呼ばれ、機械で伸ばされたものは「機械素麺」と呼ばれています。

・冷や麦との違い

そうめんと似た商品に冷や麦というものがありますが、そうめんと冷や麦との違いは何でしょうか。「太さの違いじゃないの?」と思われる方もいらっしゃることと思います。

大まかにいうと、機械で作られたそうめんやひやむぎについては太さの違いという認識で間違いないようです。

ですが、中には徳島県で製造されている半田そうめんのようにそうめんにしては太いものもあって、一概に細いものがそうめん、やや太いものが冷や麦とは断定できないようです。

なぜこのようなややこしい事態になったかというと、もともと冷や麦とは、うどんを細く切ったもののことを指したからです。うどんを切ったものを、昔は「切り麦」と呼んでいました

そして、切り麦を温かくして食べたものを「熱麦」、冷やして食べたものを「冷麦」と呼んだのです。つまり、そうめんと冷や麦とは、そもそもの製造法が異なっているということなのです。

・歴史

そうめんの歴史はかなり古く、中国の後漢時代(A.D.25~220)にはその原型となる「索餅」が、当時の書物に記載されているということです。

その索餅が中国の唐の時代、日本でいうところの奈良時代に、中国からもたらされたといわれています。索餅はもともとお菓子として扱われており、特別なときのおもてなしに供されたということです。

現在のようなそうめんが作られ始めるようになったのは鎌倉時代に入ってからで、素麺という字があてられるようになったのは室町時代になってからのことです。

スポンサーリンク

そうめんダイエットでなぜ痩せられるの?

それでは次に、そうめんダイエットでなぜ痩せられるのか、その根拠について見ていきたいと思います。炭水化物であるそうめんを食べて、なぜダイエットをすることが可能なのでしょうか。

・そうめんしか食べない

そうめんを食べるシチュエーションを想像してもらうといいのですが、そうめんを食べるときって、そうめんしか食べないことが多いのではないでしょうか。

そうめんというと、夏場のとても暑いときに食べたり、食欲があまりないときに食べられたりすることが多いですよね。そのため、そうめんだけで済ませることが多いのです。

また、そうめんを食べるときには、パスタや焼きそばのように濃い味付けをしたり、いろいろな具材を入れたりするようなことも少ないと思います。

そのため、炭水化物でありながら、そうめんはダイエットをするときにも重宝する食品となっている訳なのです。

・薬味によるダイエット効果

そうめんを食べるときの楽しみの一つに、いろいろな薬味を入れることで味にバリエーションをつけられるということがあります。

そうめんを食べるときには、ネギやショウガ、ゴマやミョウガなどといったさまざまな薬味が用いられます。ショウガには身体を温めて血行をよくする働きがありますし、ネギには免疫力を高めるような効果も期待されています

ダイエットとは健康と美容のためにおこなうものなので、たっぷりと薬味を入れてそうめんを食べることは、まさにダイエットの目的にかなっているという訳なのです。

そうめんダイエットの注意点!

そうめんダイエットはとても簡単で手軽にできるダイエット法ですが、おこなうにあたっては以下のような注意点があります。

・栄養バランスに考慮する

そうめんダイエットをおこなう際に、そうめんばかり食べていれば、当然のことながらカロリーの摂取を抑えることにはなります。ただ、栄養バランスが崩れることは避けられないでしょう。

そのため、そうめんダイエットをおこなう際には、たくさんの野菜を摂るなど、ビタミンとミネラルも補うように心がけましょう

また、1日のうち1食は、適度にタンパク質も摂取するようにしましょう。

・食べ過ぎない

そうめんダイエットに限った話ではありませんが、いくらダイエットに効果的な食品とはいえ、食べ過ぎてしまっては意味がありません

特に、そうめんはつるつると食感がよいので、お腹が空いているときにはついつい食べ過ぎてしまいがちです。あらかじめ茹でる量を決めておいて、食べ過ぎを防ぐようにしましょう。

そうめんダイエットの効果をアップさせるちょっとしたコツ!

そうめんダイエットは簡単なダイエット法ですが、さらに効果をアップさせるためのコツを紹介したいと思います。

・にゅうめんにする

にゅうめんとは、そうめんを温かいだしに入れた食べ物です。温かいうどんの代わりにそうめんが入っていると考えてもらえば分かりやすいと思います。

実際ににゅうめんを作って食べてもらえば分かると思うのですが、細いそうめんの1本1本にだしが絡みつき、ものすごく熱くなります

とてもではありませんが、うどんのように豪快に食べることは出来ません。ということは、食事に時間がかかるということです。

時間がかかるとそうめんが伸びるので、さらに熱く、さらに食事に時間がかかります。そのため、少量のそうめんでお腹がいっぱいになるという効果が得られるのです。

・ねばねばそうめんにする

ネバネバ食材は身体によいといわれますが、納豆やオクラ、山芋などを混ぜて醤油を入れ、それをぶっかけで食べるものお奨めです。

そうめんダイエットの欠点は栄養バランスが偏ることですが、ネバネバそうめんにすれば、ビタミンやミネラル、タンパク質などを一度に摂取することが可能となり、さらにダイエット効果が高まるという訳なのです。

そうめんダイエットの注意点と痩せるためのコツを紹介!

そうめんというと麺つゆで食べるといったイメージがありますが、アレンジ次第で夏でも冬でも美味しく食べることができます。シンプルであるそうめんは様々なアレンジがしやすいので、美味しく食べてダイエットがはかどるかもしれません。食事を抜くことは体にも良くありませんし、ストレスもたまってしまいます。そんな時は様々なアレンジをほどこしたそうめんを食べて、楽しくダイエットを行ってみて下さい。

関連コンテンツ