ししゃも足の解消法!問題は筋トレだけではなかった!


ししゃも足の解消法はどのようなものがあるのでしょうか。ダイエットや足の部分痩せをしたい人にとっては、運動や筋トレでししゃも足になってしまわないかと不安に思う女性もいるかもしれません。今回はこのししゃも足になる原因とその解消法について見ていきます。

スポンサーリンク

ししゃも足ってなに?

ししゃも足とは、ふくらはぎの部分が子持ちシシャモのお腹のように、ボコッと膨らんでいる足のことを言います。ふくらはぎだけがボコッと出ていると足のラインがキレイに見えないので、女性にとっては大問題とされています。

せっかくダイエットをしようとランニングや筋トレをしたのに、ふくらはぎに筋肉がついてししゃも足になってしまった、などという方もいらっしゃるかもしれません。ただその原因は、ただの運動や筋トレだけじゃないのかもしれません

▼綺麗な筋の通った筋肉を作りたい方はこちらも参考にしてください。

ただの魅せ筋じゃない、どうせなら使える大きな筋肉をGetしよう!

ししゃも足になってしまう原因その1

小太り

ししゃも足になってしまうもっとも分かりやすい原因としては、コロコロと肉付きがよくなっていることがあげられます。

太ってしまっている人の場合は、ふくらはぎから足首まで太ってしまっていて、足首のくびれが目立たなくなってしまいます。マグロ足とでもいいましょうか。

ところが、小太りだったりぽっちゃりとした体型だったりする場合、足首にまではまだ脂肪が付いていないことから、ししゃも足になってしまう可能性があります

ししゃも足になってしまう原因その2

筋トレのしすぎ

ししゃも足になってしまう原因としてよく言われるのが、筋トレのし過ぎでふくらはぎにだけ筋肉が付いてしまっているということです。

ただ、一般人が趣味でジョギングやランニングをしている程度ではそこまでふくらはぎにだけ筋肉が付くということは考えにくいです。

ましてや、女性の場合は体質的にもともと筋肉が付きにくいですから、よほど追い込まない限りは、人から見て目立つほどの筋肉が付くということは考えにくいです。

ししゃも足になってしまう原因その3

足関節の可動域が狭い

アキレス腱を伸ばすストレッチと呼ばれる足を前後に開いて行うストレッチですが、これは実際にはふくらはぎの筋肉に効かせるストレッチです。

このストレッチには2つのやり方があります。

一つはみなさんもよくご存じの通り、足を前後に開いて後ろになった方の足首を曲げるストレッチです。この時、前の膝は曲がって、後ろの膝は伸びています。

もう一つのやり方は、壁に両手をついて、前になった方の膝も後ろになった方の膝も、両方とも曲げておこなうという方法です。そうすることによって、後ろになった方の足首がより曲がる(背屈といいます)のです。

なぜこのようなストレッチ法があるかというと、一般的なストレッチがふくらはぎの上部に対して効くのに対して、後者のストレッチはふくらはぎの下部に効かせることができるからです。

逆にいうと、足関節の背屈制限があると、運動をしたときにふくらはぎの上部にばかり刺激が加わることとなり、結果としてししゃも足になってしまうということなのです。

スポンサーリンク

ししゃも足になってしまう原因その4

O脚

ししゃも足になってしまう原因としては、O脚など足のラインがそもそも崩れていることがあげられます。O脚になるとふくらはぎの外側にばかり負荷がかかります。

そもそもふくらはぎは、内外の腓腹筋(ひふくきん)とひらめ筋という3つの筋肉によって構成されています。これらを総称して下腿三頭筋と呼ぶのです。

これらがバランスよく鍛えられていると、美しい下腿のラインが得られるのですが、O脚になってしまうと、外側の腓腹筋ばかりが目立ってしまいます。これがししゃも足になってしまう原因です。

ししゃも足になってしまう原因その5

足のむくみ

ししゃも足になってしまう原因として、実は有力なのが足のむくみです。「筋トレをしたらふくらはぎに筋肉がついちゃった!」という女性の大半は、ただふくらはぎがむくんでいるだけのことです。

筋トレをすると疲労物質である乳酸が出るといわれています。乳酸に関しては実は疲労回復に必要だから出るという説もあるのですが、ここでは説明を省きます。乳酸が出ることに変わりはありませんから。

ふくらはぎを気にする

乳酸はふくらはぎの上部に出やすく、下部には出にくいといった特徴があります。なぜなら、上部の方に筋肉量が多いため、運動や筋トレによってより酷使されるからです。

そのため、筋トレをした後に足がむくんでしまって、ししゃも足になってしまったように見えるのです。女性のししゃも足の場合、むくみの可能性を疑う必要があります

ししゃも足の解消法その1

食習慣の見直し

ぽっちゃり体型でししゃも足になってしまっているような場合は、まず食習慣を見直すことから始めましょう。特に、炭水化物(糖質)の摂り過ぎには要注意です。

対して食べていないのに太ってしまうという人は、食事ではなく間食を振り返ってみましょう。太る原因はカロリーではなく糖質です。

ししゃも足の解消法その2

足関節の可動域を広げる

ししゃも足になってしまう原因としては、足関節の可動域が狭いということも考えられます。特に背屈制限がある場合、運動や筋トレをしてもふくらはぎの上部にばかり負荷がかかる可能性があります。

ふくらはぎの可動域を広げるためには、ストレッチをおこなうのが一番です

足を前後に開いて壁に手をつき、後ろになった方の足首をしっかりと曲げてストレッチをおこなうことで、足関節の背屈がスムーズになります。

ししゃも足の解消法その3

O脚の改善

O脚もししゃも足になってしまう原因となるので、直立した時に膝と膝の間に隙間ができるような場合、整体院などでO脚矯正をしてもらうのも一つの手です。

運動習慣のある人の場合、O脚矯正がうまくいっているかどうかはすぐにわかります。O脚矯正をおこなった後にランニングなどをして、太ももの内側に筋肉痛が出るようであれば、O脚矯正がうまくいっている証拠です

逆に、O脚矯正をしたのに相変わらず太ももの外側に筋肉痛や緊張が出るような場合、O脚矯正がうまくいっていない可能性があります。

整体は国家資格ではないので、人によって技術がまちまちですし、医学的素養に富んでいる人もいれば、素人に毛の生えた程度の人もいます。

せっかくO脚矯正をしてもらうのなら、上手な先生にしてもらいましょう。ただ、すねの骨自体が外側に向いてしまっているタイプのO脚は、残念ながらO脚矯正をしても効果はありません

ししゃも足の解消法その4

むくみの改善

ししゃも足になってしまう原因として、むくみも有力な原因候補です。特に、普段から冷え症の人や、デスクワークや立ちっぱなしの仕事の人は要注意です。

お風呂にゆっくりと浸かって血行をよくしてから、マッサージをするとよいでしょう。ふくらはぎを両手で包みこむようにして、アキレス腱の方から膝の裏にかけて、血液を送るようなイメージでおこないましょう

ししゃも足の解消法!問題は筋トレだけではなかった!のまとめ

ししゃも足になってしまうのは、実は筋トレのせいではないことの方が多いです。むしろ、下腿のラインが美しい人は、筋トレが上手にできている人の方が多いはずです。食習慣・足関節の可動域げる・むくみやO脚の改善に気を付けて、美しい下腿のラインを手に入れてください。

関連コンテンツ