かまぼこダイエットは現役の医師が奨める健康的なダイエット法!


かまぼこダイエットは、一般的によく見かける「○○ダイエット法」などと異なり、現役の医師が自ら実践し、体重を大幅に減らすことに成功したダイエット法として最近注目されているダイエット法です。今回はかまぼこダイエットについて、そのやり方と効果、注意点などについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

かまぼこダイエットってどんなダイエット法?

かまぼこダイエットは「酒をやめずにやせる技術」などの著作がある、木下クリニックの副院長、木下雅雄博士によって実践、提唱されたダイエット法です。

木下医師はもともと90kgを超える巨漢だったということですが、かまぼこダイエットを継続することにより、体重を20kg以上も落とすことに成功したということです。

かまぼこダイエットは巷でよく見られる「○○ダイエット」のように、特定のダイエット食品だけを食べるダイエット法とは一線を画しています。

かまぼこダイエットのやり方

それでは早速ですが、木下医師が20kg以上もの減量に成功したというかまぼこダイエットのやり方について見ていきましょう。

・炭水化物を制限する

かまぼこダイエットをおこなう際には、日々の食事で摂取する炭水化物の量をそれまでの1割から2割程度に留めておくということをおこないます。

炭水化物は糖質と食物繊維の2つで構成されていますが、主に糖質の摂取を制限することが目的となっています。詳しい説明は後で行いますが、糖質こそが太ってしまう原因とされているからです。

・カロリーの高い食品は控える

かまぼこダイエットをおこなっている間は、カロリーの高いと思われる食品をなるべく摂らないようにします。

・油分は特に制限しない

ダイエットをするときに 脂肪分は敵のように扱われていますが、かまぼこダイエットをおこなう際には適度の油分を摂取することが奨められています

・かまぼこを丸ごと1本食べる

かまぼこダイエットをおこなう際には、かまぼこを丸ごと1本、朝食か夕食のときに食べるようにします。

・毎日体重計に乗る

ダイエット法によってはしょっちゅう体重計に乗らない方がよいとされることもありますが、かまぼこダイエットをおこなう際には、毎日体重計に乗って体重を確認することが推奨されます

かまぼこダイエットで痩せられる理由

かまぼこダイエットは、ほかのダイエット法と違って比較的緩いダイエット法となっています。なぜこのようなゆるいダイエット法で痩せることが可能なのでしょうか。

・糖質制限になる

これまで私たちが太ってしまう原因は、食べすぎ=カロリーの摂りすぎが原因だと考えられていました。ところが最近の研究によって、太ってしまう原因はむしろ糖質にあることが分かってきているのです。

私たちが糖質を摂取すると、当然のことながら血糖値が上がることとなります。血糖値が上がるとすい臓にあるランゲルハンス島という場所からインスリンが分泌されます。

インスリンには血液中の糖質を分解して、私たちの身体や脳が活動する際のエネルギーに変えてくれる働きがあるのです。糖質(炭水化物)がエネルギー源といわれるのはそのためです。

ところが、糖質の摂取量が過剰であったり、食事の際の血糖値の上がり方が急だったりすると、インスリンによる糖質の分解が追い付かなくなってしまいます。

インスリンによって分解しきれなかった糖質は、緊急時に備えて、予備のバッテリーとして細胞内に蓄えられることとなります。これが脂肪であり、太ってしまう仕組みだということなのです。

白米と食パンとパスタ

かまぼこダイエットをおこなう際には、炭水化物(糖質)の摂取量を、普段の1割から2割にとどめることによって、体内に余分な脂肪がたまらないようにします

また、糖質の摂取量を減らすことによって、予備のバッテリー(脂肪)が燃焼されやすい状況を準備することともなるので、体重を減らしやすくなるという訳なのです。

・カロリーの摂取量が抑えられる

食品のカロリーについては最近疑問視されていることも多いですが、それでも「消費カロリー>摂取カロリー」の状態にすることが、痩せるために有効であることに変わりはありません

食べ物のカロリー表

かまぼこダイエットをおこなう際にはどのような食品のカロリーが高いのかを覚えておくようにし、なるべくそのような食品を摂らないようにします。それによってダイエット効果が高まるという訳なのです。

・日々の変化が見て取れる

かまぼこダイエットをおこなう際には、毎日体重計に乗って、体重の変化を確認することを推奨しています。

体重計にこまめに乗ることによって、今日食べたものが太りやすい食べ物だったのかそうでなかったのか、簡単に確認することができます

「けっこう食べたつもりだったのに、意外と体重が増えていないな」と言うときには、その食品は身体を通過しやすい類のカロリーを有していたのでしょう。

反対に、「今日はそれほど食べていないのになぜか体重が増えている」という場合には、いつもと違ってなにを食べたのかを思い出しましょう。きっとそれがあなたのダイエットにとって不要な食品だったのです。

・かまぼこのダイエット効果が得られる

かまぼこは主に白身の魚から作られる練り製品であり、体内で合成することのできない必須アミノ酸を多く含んでいることで知られています。

必須アミノ酸には、タンパク質を分解して筋肉に変えたり、成長ホルモンの分泌を促したりといった、私たちの身体にとって重要な働きがあります。

また、かまぼこは適度に弾力があって、食べたときの歯ごたえがあるため、食事をしたという満足感を得やすい食品でもあります。しっかりと噛むことによって唾液の分泌が促進されると、消化や吸収もスムーズに行われることとなります。

かまぼこダイエットをおこなう際の注意点

かまぼこダイエットはルールも少なめで、それほど厳しくないダイエット法となっていますが、以下のようなことに気を付けておこなうようにしましょう。

・炭水化物の制限は段階的に

かまぼこダイエットをおこなう際には、炭水化物の摂取量をこれまでの1割から2割にするというルールがあります。ただ、炭水化物は私たちの身体にとってエネルギー源でもあります。

そのため、急に炭水化物の摂取量を減らしてしまうと、身体がだるくなったり頭が働かなくなったりする可能性があります。まずは普段の5割程度にするところから始めるとよいでしょう

・楽しんでおこなう

かまぼこダイエットは、ストイックに体重を減らすダイエット法と言うよりは、自分にとっての太る食べ物は何なのかを確認しながら、長期間にわたって体重を管理するダイエット法となっています。

これを食べたら太った、あれを食べても太らなかったなど、経験値を重ねることで、自然と体重が管理できるようになってきます。どうせかまぼこダイエットをやるなら、そのような経過を楽しみながらおこなうとよいでしょう。

かまぼこダイエットは現役の医師が奨める健康的なダイエット法!のまとめ

冒頭に紹介した木下医師は、無類の酒好きで、お酒を飲んでも太らない方法としてかまぼこダイエットを考案したそうです。そのためか、比較的続けやすいダイエット法となっているのではないでしょうか。食べることが我慢できなかったり、ダイエットが続かない方にもぜひ実践してみてほしいダイエット法といえます。

スポンサーリンク