えのきダイエットの効果がスゴイ!効果を高める3つのコツもご紹介!


えのきダイエットでは、エノキタケに含まれたダイエット成分で効果的に痩せることが可能なのだそうです。シャキシャキとした食感も美味しいですが、栄養価が低いイメージを持たれている方もいらっしゃったのではないでしょうか。今回はえのきに含まれたそのダイエット効果と、さらに痩せるためのコツについてもご紹介します。

スポンサーリンク

えのきダイエットってどんなダイエット法なの?

えのきダイエットとは、きのこの一種であるえのきを日常の食事メニューに上手に取り入れることによって、健康的に美しく痩せることを目的としたダイエット法となっています。

えのきってどんな食べ物なの

エノキタケ

エノキタケを略して「えのき」と呼ぶことが一般的となっていますが、植物学的にはタマバリタケ科のキノコに分類されています。

エノキタケはその名の通り、エノキの木の切株に寄生する木材腐巧菌のことをいいますが、エノキの木のほかにもコナラやクワ、ポプラやカキ、ヤナギといった広葉樹の切り株にも寄生して生えてくるということです。

一般的に売られているのは栽培種

私たちがスーパーで見かけるえのきは、そのほとんどが工場で栽培されたものだということです。野生のえのきは私たちが食べているえのきよりもカサの部分が大きく、立派な形をしています

これは、工場で作られる場合には日光が当たらない(当てない)ことがその要因となっています。えのきの成長自体に光は必要ないのですが(光合成をしないため)、胞子を飛ばせる可能性が高くなることから光のあたる環境を求める性質があるそうです。

▼ダイエット効果の高いきのこですが「まいたけ」もおすすめです。以下の記事をご覧ください。

ダイエットにはマイタケが効果的!マイタケパワーをご紹介!!

えのきのダイエット効果その1

脂肪を減少させる

えのきがダイエットに効果的とされるのは、えのきに脂肪を減少させる働きがあることが分かってきているからです。

えのきにはキノコキトサンと呼ばれるきのこ特有の植物性キトサンが豊富に含まれていますが、キノキキトサンを利用したえのき茶を用いた実験によって、体脂肪率や内臓脂肪率、BMIが減少したという結果が出ているそうです。

えのきを食べるとこのキノコキトサンが腸まで届き、脂肪の吸収を妨げるべく膜を張るということなのです。えのきにはきのこの中でも特にこのキノコキトサンが含まれていることから、脂肪の減少効果が期待されているのです。

えのきのダイエット効果その2

脂肪の燃焼効果を高める

えのきにはエノキタケリノール酸と呼ばれる植物性の脂肪酸が含まれていることが分かっています。エノキタケリノール酸にはアドレナリンと似たような働きがあり、脂肪の燃焼効果を高めることが分かってきているのです。

エノキタケリノール酸には内臓脂肪を減らす働きもあることが分かっており、ある実験によるとえのきを2週間食べ続けた女性の内臓脂肪が20%以上も減少したというデータもあるそうです。

えのきのダイエット効果その3

便秘の解消効果

きのこは厳密に言うと真菌に属する食品で野菜ではないのですが、えのきには野菜と同様、食物繊維が豊富に含まれています。中でも不溶性の植物繊維を多く含んでおり、便秘の解消効果が期待されています

不溶性の食物繊維はその名の通り、人間の消化酵素をもってしても溶けないという性質をもっています。さらに、保湿性が高いという特徴もあり、体内で水分を吸収して膨張します。

そのため、不溶性の食物繊維を多く含む食品を食べると、便の嵩が増すこととなり、腸管を刺激して排便を促すという効果が期待できるのです。それによって便秘の解消につながるという訳なのです。

スポンサーリンク

えのきのダイエット効果その4

満腹感を高める

えのきには不溶性の食物繊維が豊富に含まれているということですが、その量はなんとキャベツの2倍にもなるということなのです。

不溶性の食物繊維は体内の水分を吸収して膨張するということでしたが、胃の中で膨張するとお腹がいっぱいになったという満腹感を得られることとなります。

また、不溶性の食物繊維は、胃から腸へと時間をかけてゆっくりとながれていくことがわかっています。それによって血糖値の上昇を緩やかにし、脂肪が付着するリスクを下げてくれるのです。

えのきのダイエット効果その5

美肌効果

えのきにはグアニル酸と呼ばれる成分も含まれているのですが、グアニル酸には肌荒れの原因となる毒素を排出してくれる働きがあることも分かっているのです。

えのきダイエットの問題点とそのやり方

えのきにはダイエットや美容に関するさまざまな効果があることが分かっているのですが、残念ながら買ってきたえのきを調理して食べても、その効果はごく一部しか得ることができません

なぜなら、えのきにはとても硬い細胞壁があり、その壁の中にキノコキトサンやエノキタケリノール酸が閉じ込められているからです。そのため、えのきダイエットの効果を高めるためにはコツが必要となります。

えのきダイエットの効果を高めるコツその1

えのきをいったん冷凍する

えのきたけにはとても硬い細胞壁があるということでしたが、いったん冷凍することによって、細胞壁を壊しやすくすることが可能となります。とはいっても、買ってきたえのきをそのまま冷凍庫にポイッと入れておくだけではありません

<えのきを冷凍する適切な方法>

①えのきの石づきを取ってみじん切りにする

②お酒大さじ1、塩小さじ2分の1と一緒にフライパンに入れる

③蓋をして、蒸し煮にする

④粗熱が取れたらジップロックなどに平にして入れ、冷凍庫で凍らせる

調理するときには必要量だけ割って取り出すと良いです。

▼氷えのきのさらに詳しいダイエット法については以下の記事をご覧ください。

氷えのきでダイエット!栄養豊富で低カロリー!

えのきダイエットの効果を高めるコツその2

乾燥えのきを利用する

えのきダイエットの効果を高めるコツとして、スーパーや通販などで乾燥えのきを購入するという手もあります。いったん乾燥させることによって、えのきの細胞壁が壊れやすくなり、ダイエットに有益な成分が溶け出しやすくなります

また、干しシイタケもそうであるように、えのきもいったん乾燥させることによって風味が格段にアップします。干し網があれば自宅で乾燥えのきを作ることも可能です。

天日干しにすることでえのきに含まれているグアニル酸の量が増えるので、さらに美白効果も高まることでしょう。

えのきダイエットの効果を高めるコツその3

えのき茶を飲む

えのきダイエットの効果を高めるコツとして、えのき茶を飲むという方法もあります。スーパーや通販でえのき茶を購入するのもよいですし、乾燥えのきを軽く空煎りして、お湯に入れて飲むという方法もあります

えのきを買ってきて冷凍させたり乾燥させたりするのが面倒だという人は、市販のえのき茶を飲むことによって、えのきダイエットの効果を得ることが可能となります。

えのきダイエットの効果がスゴイ!効果を高める3つのコツもご紹介!のまとめ

えのきに含まれるダイエット効果について、とても期待できることがわかりました。食感も良く値段が安いこともあり、いろんなアレンジもできそうですね。えのきのダイエット効果をさらに高めるために、先に紹介したコツを守ってえのきダイエットを試してみてほしいと思います。えのきの美容と痩身効果を実感してください。

関連コンテンツ