エアロビクスダイエットで健康的に痩せよう!効果的に減量するコツもご紹介!


エアロビクスダイエットは音楽に合わせて楽しく体を動かすことができるダイエット法です。身体を動かすのが好きな人にとっても良いダイエット法ですが、中にはいまいち体重が落ちない方がいるのも事実のようで、今回はさらに減量効果を高めるコツや、エアロビクスダイエットの効果について解説していきます。

スポンサーリンク

エアロビクスダイエットってどんなダイエット法?

エアロビクスダイエットはその名の通り、エアロビクスをおこなうことによって体重を減らすことを目的としたダイエット法です。スポーツジムなどでおこなわれることが多いですが、身体を動かすことによってさまざまな効果を得ることが期待できます。

エアロビクスダイエットの効果その1

カロリー消費効果

エアロビクスダイエットをおこなうときにもっとも気になるのが、エアロビクスをおこなうことで痩せることが可能なのかどうかだということだと思います。

エアロビクスダイエットは有酸素運動の一種であり、1時間行った場合、平均的な体重の女性の場合、およそ250キロカロリーを消費することが可能だということです。

ウォーキングと比べるとおよそ1.5倍の消費カロリーとなり、消費カロリーの量としてはそれほど効率が良いとは言えないかもしれませんが、ダンスだけでなく音楽が好きという方も楽しんで行うことができるダイエット法と言えます。

スポンサーリンク

エアロビクスダイエットの効果その2

脂肪燃焼効果

エアロビクスダイエットは有酸素運動の一種なので、長時間おこなうことによって脂肪の燃焼効果を得ることが可能となっています。

一般的には、有酸素運動は20分以上おこなうと効果が表れ始めるとされています。なぜなら、運動開始直後は体内の糖分がエネルギーに変わりますが、糖分がなくなると今度は脂肪が燃焼され始めるからです。

そのため、エアロビクスダイエットをおこなう際には、あらかじめ体内の糖分残量を減らしておくと、効率よくダイエットをすることが可能です。簡単な方法は、糖分の残量がもっとも少ない夕食の前にエアロビクスダイエットをおこなうということです。

エアロビクスダイエットの効果その3

筋力アップ効果

エアロビクスダイエットは有酸素運動ではありますが、下半身を中心とした筋力アップの効果もあります。筋力がアップすれば、基礎代謝が向上するので、痩せやすい体質に変わります。

これに対しては、筋肉量などそう簡単に増えないという批判が加えられることがあります。確かに、筋肉をつけるプロフェッショナルであるボディビルダーであっても、年間に増量できる筋肉はせいぜい2kgから3kgといわれているのは事実です。

ですがやらないよりは確実にまし。例え数gにしかならなかったとしても、ダイエット効果がアップすることに変わりはありません

エアロビクスダイエットの効果その4

血行改善効果

エアロビクスダイエットの効果として、血行が改善するということがあげられます。特にエアロビクスをおこなう際には下半身の筋肉をよく使うので、全身の血液の循環状態がよくなることが期待できます

足は第二の心臓などといわれるように、血液循環にとって非常に重要な役割を果たしています。女性に冷え症の人が多いのは、ふくらはぎの筋肉が弱かったり、筋肉量が少なかったりすることで、血行が悪くなっているからです。

ふくらはぎを気にする

エアロビクスダイエットをおこなうとふくらはぎの筋肉が刺激されるので、全身の血液循環がよくなり、冷え症の改善にもつながります

エアロビクスダイエットの効果その5

ストレス解消効果

エアロビクスダイエットは軽快な音楽に合わせながらおこなうことが多く、身体を動かすこととも相まってストレスを解消する効果も期待できます

ストレスは万病のもとなどといわれるように、身体にとってよいものではありません。エアロビクスダイエットをおこなって気持ちよく汗をかけば、ストレスの解消にもつながります

エアロビクスダイエットの効果その6

シェイプアップ効果

「エアロビクスダイエットをおこなってもいまいち体重が減らない」という方もいらっしゃいますが、ダイエットをおこなう際にあまり体重に固執しすぎる必要はありません。

そもそも単純に体重を減らしたいのであれば、エアロビクスダイエットなどの運動ではなく、食事を制限するのがもっとも手っ取り早い方法です。

ではなぜ運動をおこなうかというと、食事制限のみによるダイエット法は、筋力が低下してリバウンドしてしまう可能性が高いからです。

エアロビクスダイエットをおこなうときには、足を高くあげたり身体をひねったりという動作が多くおこなわれます。それによってウエストの引き締め効果やヒップアップ効果など、シェイプアップ効果が期待できるのです。

体重よりも先にまず、体型に効果が表れると考えた方がよさそうです。

エアロビクスダイエットをおこなうメリット

エアロビクスダイエットには上記のようなさまざまな効果が期待できますが、エアロビクスダイエットを選択することには以下のようなメリットもあります。

・天候に関係なくおこなえる

エアロビクスダイエットも有酸素運動の一種ですが、ランニングやジョギングのように、天候を気にする必要がありません。雨が降ろうが風が吹こうが、好きな時にエクササイズができるというメリットがあります。

・道具が要らない

エアロビクスダイエットのメリットとして、特に専用の道具などが要らないというメリットもあります。エアロビ用の服ももちろんありますが、なくても特に問題はありません。

・自宅でもできる

エアロビクスダイエットは、一般的にスポーツジムなどでインストラクターの動きに合わせておこなうことが多いですが、人によってはそれが恥ずかしいと感じる方もいるかもしれません。

その場合はエアロビクスダイエットのDVDなどを見ながら、自宅でエアロビクスダイエットをおこなうことも可能です。

・楽しくおこなえる

ダイエットを続けるときにもっとも大事なのが「継続する」ということです。いくら効果が高いダイエット法であっても、つまらないとすぐに飽きて続かなくなってしまいます。

エアロビクスダイエットは音楽に合わせておこなうダイエット法なので、自分の好きなアップテンポの曲などをかけて、楽しみながらおこなうことが可能といえます。

エアロビクスダイエットの効果を高めるコツ!

エアロビクスダイエットは有酸素運動なので、継続すれば痩せることが可能です。ただ、以下のようなことをおこなうと、さらに効率を高めることが可能ですよ。

・筋トレの後におこなう

有酸素運動をするときには、はじめに体内の糖分が燃焼してエネルギーに変わります。その次に脂肪燃焼がおこるわけですが、あらかじめ筋トレによって体内の糖分を減らしておけば、その後のエアロビクスダイエットによって効果的に脂肪燃焼を起こすことが可能となります

また、筋トレをおこなったあと48時間は、基礎代謝の上がった状態が継続するということです。エアロビクスダイエットなどの有酸素運動の前には、少しでいいので筋トレをおこなうように意識しましょう。

・糖質の摂取量を減らす

有酸素運動の前には体内の糖分を減らしておくのが効果的ですので、食事のときに糖質の摂取量を少し減らすのも良いでしょう。

そもそも糖質が脂肪の原因ともなるので、二重の意味でダイエット効果を高めることとなります。

エアロビクスダイエットで健康的に痩せよう!効果的に減量するコツもご紹介!のまとめ

ダイエットを続けるためのコツとして、楽しんで行うということがあげられます。いくら効果の高いダイエット法だとしても、それが辛ければ効果を得る前に投げ出してしまうことだってあるかもしれません。ダイエットは継続です。エアロビクスダイエットは様々な音楽がありますし、お気に入りのものを見つけて楽しみながら続けるようにしましょう。

関連コンテンツ