座りながらエクササイズで毎日綺麗を作る!


座りながらエクササイズを行う方法をまとめてご紹介しています。仕事中や授業中、家でテレビを見ている時間に簡単に行えるものと、しっかり効果的なものがありますので、体を引き締めたい場合にもおすすめです。また座りながらエクササイズを行うことで姿勢を意識することとなります。骨盤が立つことで様々な健康効果も得られますので、美容はもちろん、体の健康に気遣いたい場合にもぜひ取り入れてほしいと思います。

スポンサーリンク

座りながら簡単エクササイズ①

L字座りで痩身効果!

仕事に集中していると、ついつい姿勢が悪くなってしまうこともあるかと思います。

猫背になってキーボードに集中してしまったり、おしりを椅子の前面に置いて背をもたれたり、いつのまにか体力を使わない楽な座り方になってしまうのです。ですが、意識するだけで実は引き締め効果が見込めます

①腰(骨盤)をまっすぐ立てて、背筋を引き上げます。
②背もたれにはもたれずに、お腹の「丹田」のツボを意識しましょう。
③上半身を「L」の字になるように意識し、足は自然に床に置きます。

こうした正しい姿勢で座っていると、引き締め効果がアップして基礎代謝が上がります。最初は辛いですが、継続して行うと慣れてきて、それが自然の姿勢となってきますのでそれまでは意識して行ってみてください

座りながら簡単エクササイズ②

こっそり挟んで内ももをシェイプ!

誰にもバレずにこっそりできるエクササイズです。太いから太ももと言いますが、女性にとっては太ももは細くしたい箇所ですよね。そんな太ももの内側をこっそりシェイプアップできます。

①膝の間にメモ帳やノートなどを挟む。
②そのまま、辛くなるまでキープ!

地味に見えますが、かなりキツいエクササイズです。そのためかなり高い効果が期待できます。お昼休みの時などは、5センチくらいの厚みのある本などをしっかり強く挟むことにチャレンジするのもおすすめです。よりエクササイズ効果が望めます!

座りながら簡単エクササイズ③

ふくらはぎの上げ下げでスリムに!

ふくらはぎを鍛えることによって、血流を心臓へ戻す力が強くなります。全身の血行がよくなり、むくみや冷え性の改善にも効果的な太もものエクササイズをぜひ継続してみましょう。

①両足を床につけた状態で、かかとを上げる。5秒キープ。
②元に戻す。

これを20回ほど行いましょう。夕方ごろになってきて足がむくんだ時にこれを行うと足首がスッキリします。むくみだけでなく、足がだるくなってきた場合にも効果的です。

座りながら簡単エクササイズ④

呼吸を意識してお腹回りを刺激!

腹式呼吸でお腹まわりを意識することで、引き締め効果が得られます。呼吸を意識するだけですので、オフィスで誰にもばれずに簡単エクササイズをすることができるのでおすすめです。

①鼻からゆっくりと息を吐き出します。
②お腹を引っ込めて最後まで息を吐ききったところでキープ。
②15秒数えてから、ゆっくりと息を吸い込みましょう。

インナーマッスルを鍛える腹式呼吸の運動です。深呼吸はリラックス効果もありますので、ちょっと休憩したい時にもオススメです。

座りながらしっかりエクササイズ①

ぽっこりお腹を解消!

続いて、しっかりと痩身効果を得たい時におすすめの座りながらエクササイズをご紹介していきます。会社での休憩中や自宅でのくつろぎ時間に取り入れてみてください。

まずは、椅子に座ったまま下腹部の腹筋を鍛えるエクササイズです。テレビを見ながらなど気軽に行えるエクササイズとなっています。

①椅子に浅く座り、両足と両膝をぴったりとくっつけます。
②両手は椅子の両サイドに置きます。
③両足と両膝をつけたまま、膝を胸へ近づけます。足を胸の高さまで持ち上げて5秒間キープ。
④ゆっくりと下ろします。

これを10回ほど繰り返しましょう。テレビを見ながら、CMが始まる時にやってみるのも良いですね!その都度行っていけば、1時間番組を見た後にはしっかり腹筋が鍛えられています。

座りながらしっかりエクササイズ②

ツイスト運動でくびれにアプローチ!

続いて、ウエストのくびれを作るエクササイズです。しっかりとひねることによって脇腹を鍛え、しなやかなくびれを作ることを目的としています。

①椅子に浅く座り、足を軽く開きます。
②手を太ももの上に置き、息を吐きながら体をねじります。無理せず、ねじれるところまでねじりましょう。
③元に戻ります。

呼吸を意識しながら、左右各5~10回を1セットとして、2セットを目標に行いましょう。コツは腰をねじっているときに腹筋の収縮を意識することです。筋肉の動きを感じ、正しいトレーニングが行えます。

座りながらエクササイズで毎日綺麗を作る!のまとめ

例えばダイエットを行う時、今日の分の運動をしなければと義務になってしまえば運動もつらいものになり、ストレスがたまってしまいます。もちろんトレーニングも大事ですが、ストレスはダイエットの天敵となるのです。またすべてのエクササイズを通してですが、勢いで行わず、ゆっくり引き締めたい箇所を意識して行うとより効果が期待できるのでおすすめです。

スポンサーリンク