6ヶ月で痩せる方法3選!リバウンドなしへ効果的なやり方とは!?


6ヶ月で痩せるためには、ダイエットプログラムを組むことをおすすめします。ダイエットを始めるとはじめのうちは順調に体重が減っていくのに、途中でぱったり体重の減少が止まることはよくあるかと思います。そんな方にはぜひ6ヶ月というスパンで、リバウンドをせず痩せられる効果的な方法をご紹介します。

スポンサーリンク

6ヶ月で痩せる方法のメリットとは?

まずは6ヶ月で痩せる方法について、どのようなメリットがあるのかについて見ていきましょう。

・一生もののダイエット法にできる可能性がある

ダイエットには、プチ断食といって3日間でおこなうようなダイエット法もあれば、1週間でおこなう断食療法のようなダイエット法もあります。また、1ヶ月間でおこなうスクワットチャレンジのような筋トレもあります。

このように、ダイエットをするのにはいろいろなやり方がありますが、もっとも重要なのは手段ではなく期間です長期間にわたってそのダイエット法を続けることができるかどうかが重要なのです。

6ヶ月で痩せる方法にもいろいろありますが、6ヶ月間続けることができたのであれば、その習慣はおそらくそれから先も続けることが可能です。つまり、ダイエットの効果が一生ものになる可能性が高いと考えられます。

・リバウンドの危険性が少ない

6ヶ月で痩せる方法のもう一つのメリットは、長期間にわたって体重を管理することができるという事です。短期間でダイエットをおこなった場合はリバウンドの可能性が高くなってしまうのです

短期間のダイエットでなぜリバウンドが起こってしまうかというと、急激に体重が落ちることによって体脂肪率だけでなく筋肉率も低下してしまうことがあげられます。

▼リバウンドはダイエットの敵!筋肉を減らしすぎないように上手に痩せて停滞期を乗り越えましょう!

リバウンドしないダイエット方法とは?停滞期をうまく乗り越えよう!

筋肉量は基礎代謝と密接な関係があることが分かっています。基礎代謝が1日の消費カロリーに占める割合はおよそ60%ともいわれていることから、筋肉量が減少することで太りやすい体質に変わってしまうのです。これがリバウンドをしてしまう原因となっています。

ところが6ヶ月という長期間に渡ってダイエットをおこなうことによって、どのようにすれば体重が減って、またどんなことをすると体重が増えてしまうのかが分かるようになります。そのため、リバウンドのリスクが低くなるのです。

・帳尻合わせができる

短期間でダイエットをおこなう場合は、わりと切羽詰ってダイエットをおこなう必要がありますが、6ヶ月で痩せる方法の場合にはそのようなことがありません。

たとえば、先週はちょっと食べる量が多かったというような場合は、今週の食べる量を減らすといった具合に、帳尻合わせをおこなうことができるので、短期間でダイエットをする場合に比べてストレスがたまりにくいこともメリットとなります。

・健康への影響が少ない

短期間でダイエットをする場合に懸念されるのが、無理な食事制限を行うことによって健康を損ねてしまう可能性があるということです。

私たちの身体は食べた物からできているので、急激に食べる量が減少すると、単に体調を損ねる可能性が高くなるだけでなく、頭の働きが悪くなったり、肌のコンディションが低下したりすることにもつながりかねません

その点、6ヶ月で痩せる方法の場合は身体の変化を確かめながら、のんびりとダイエットをすることが可能なので、体調不良を招いてしまうような危険性が少ないといえます。

▼長期間を利用してダイエットを行うのは健康的にも大変メリットがあります。以下も併せてご覧ください。

長期間で行うダイエット法4選!いつまでも維持し続けるために必要なこととは?

6ヶ月で痩せるときの体重減少の目安

6ヶ月で痩せる場合には、どれくらいのペースで体重を落としていくのがよいのでしょうか。これに関しては個人差があるのでハッキリとしたことは申し上げにくいのですが、一般的な体型の人が美容体重を目指すのであれば、1ヶ月に1kgといったところが相場です。

もともと太っている人が標準体重に戻すのであれば、1ヶ月に2kgや3kg落ちることもあると思います。ただ、その場合でも無理をすることは禁物です。あくまでもペースを乱さないように心がけましょう

スポンサーリンク

6ヶ月で痩せる方法その1

食事間隔を空ける

6ヶ月で痩せる方法として、食事間隔を空けるというダイエット法があります。アメリカでは8時間ダイエットなどといわれて、大流行したダイエット法です。

8時間ダイエット

8時間ダイエットとは、1日の中で食べる時間を8時間に限定するということです。たとえば、最初の食事をお昼の12時にしたら、夕飯は夜の8時までに済ませるということです。

食事を摂らない時間を設けることによって胃腸にかかる負担を軽くし、消化・吸収能力を高めることが期待できます。また、1日2食になることで、食事の全体量を減らすことが可能となります。

さらに、1日に2食にすることによってカロリーを計算しやすくなったり、1回の食事でたくさん食べられたりといったメリットもあります。ただし、筋肉量を落とさないように、最低限の運動はおこなうようにしましょう。

6ヶ月で痩せる方法その2

糖質の摂取量を減らす

昔はダイエットというと、食事のカロリーを減らすことがもっとも重要とされていましたが、最近では食事の糖質(炭水化物)を減らすことこそが、ダイエットにとっては重要だということが分かってきています

私たちの体内に糖質が入ると、すい臓からインスリンという物質が分泌されます。インスリンには糖質を分解して、脳や身体のエネルギーへと変換してくれる働きがあります。

糖質(炭水化物)がエネルギー源だといわれるのはそのためです。ところが糖質の摂取量が過剰であったり、急激に血糖値が上がったりすることによって、インスリンの分解能力をオーバーしてしまうことがあります

そうなると、分解しきれなかった糖質は脂肪という形になって、細胞内に取り込まれることとなります。これが太ってしまうメカニズムという訳なのです。

お腹の贅肉をつまむ女性

食事から摂取する糖質を制限すると、如実にダイエット効果が実感できることと思います。ただし、最初から糖質の摂取量を減らしすぎると、フラフラしたり頭が働かなくなったりする可能性があります

まずは、自分が1日にどれくらいの糖質を摂取しているのかを計算して、徐々に減らしていくようにすると良いでしょう。最終的な目標としては、1日の糖質摂取量を70gから130g程度にすることです。

6ヶ月で痩せる方法その3

ベジファーストダイエット

6ヶ月で痩せる方法として、ベジファーストダイエットもおすすめです。ベジファーストダイエットとは、食事のときに野菜(ベジタブル)を最初に(ファースト)食べるダイエット法のことをいいます。

食事の最初に野菜を食べることによって、血糖値の上昇を緩やかにすることができます血糖値の急激な上昇は脂肪が付く原因となってしまうので、ベジファーストダイエットによってそれを防ぐことができるのです。

また、一般的に野菜には豊富な食物繊維が含まれているので、ベジファーストダイエットは便秘の解消にも効果的です。

6ヶ月で痩せる方法3選!リバウンドなしへ効果的なやり方とは!?のまとめ

6ヶ月というスパンを利用して痩せる方法について紹介してきました。6ヶ月かけて痩せる方法のメリットは健康的に痩せられるという点が第一に挙げられます。健康的に痩せられなければ「やつれて」しまい、美容を損ね綺麗に痩せることができません。すぐに痩せたいという気持ちはありますが、そこはその後のリバウンドの可能性を低下させるためにも6ヶ月で痩せる方法を試してみてほしいと思います。

関連コンテンツ