5:2ダイエットのメリットとデメリット!食事制限は2日!?


5:2ダイエットはハリウッドのセレブにも人気のダイエット法ということで最近日本でも注目されています。一体どのようなダイエット法で、本当に痩せる効果があるのでしょうか。今回はこの5:2ダイエットについて詳しく検証していきます。

スポンサーリンク

5:2ダイエットってどんなダイエット法?

5:2ダイエットはイギリスが発祥のダイエット法であり、ミランダ・カーやジェニファー・ロペスといった海外セレブたちが実践して痩せたということで話題となったダイエット法です。

食事制限がたった2日で、それ以外は好きに食事をしても良いというダイエットになります。

5:2ダイエットのやり方

それでは早速ですが、5:2ダイエットのやり方について見ていきましょう。

・1週間のうち2日を断食日

5:2ダイエットという名前の由来は、一週間の7日の内、2日を断食日にすることからきています。

ですが完全になにも食べない訳ではなく、基礎代謝量の4分の1を目安とした食事を摂ることとなります。

・断食日には糖質の摂取を制限する

5:2ダイエットをおこなう際には、断食日の食事から炭水化物(糖質)の摂取量を減らすように心がけます

炭水化物を摂取する際には、グリセミック値(GI)の低いものを優先的に摂るようにします。

・断食日に適度な運動をする

5:2ダイエットをおこなう際には、断食日にあたる2日に適度な運動をするようにします

それによって体脂肪の燃焼を図るということになります。

5:2ダイエットのメリット

5:2ダイエットは、実際に痩せられたという人と痩せられなかったという人が半々くらいにいるように見えます。なぜ痩せられない人がいるのか、まずは5:2ダイエットのメリットを見ていきましょう。

・ストレスが少ない

5:2ダイエットのメリットとして、ストレスが少ないということがあげられます。一般的なダイエット法の場合、毎日食事のカロリーを気にしなければなりません。

一方、5:2ダイエットの場合は一週間のうち2日だけカロリーを気にすればよいので、ストレスを感じる可能性が低くなるという訳なのです。

ストレスは万病の元などと言ったりしますが、ダイエットをする際にも邪魔なものとなります。なぜなら、ストレスは脳に悪影響を与えるからです。

ストレス状態が続くと脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が低下することが分かっています。セロトニンは神経の鎮静化を司っているので、セロトニンの分泌量が減ることで神経が興奮状態=交感神経優位状態になってしまうのです

交感神経は車で例えるとアクセルの働きをする神経であり、身体の機能を活性化させます。なぜダイエットをするときにそれが問題になるかというと、交感神経が優位になるとお腹がすくからです。

また、セロトニンの分泌量が減少すると、脳の視床下部にある満腹中枢が刺激されにくくなることも分かっています。そのため、食事量が増えてしまうということにつながる訳です。

5:2ダイエットは一週間のうち2日だけ食事制限をおこなうダイエット法であることから、このようなリスクの可能性が少ないという訳なのです。

起床した女性

・面倒が少ない

ダイエットをする際にはカロリーが重要視されることが多いと思いますが、毎日カロリーの計算をして食事をするのは大変なものです。

その点、5:2ダイエットは一週間のうち2日だけ食事制限をするダイエット法なので、面倒くささも7分の2ということになります。カロリー計算が面倒な人にとってもお奨めのダイエット法と言えそうです。

食べ物のカロリー表

・痩せる可能性が高い

5:2ダイエットのメリットとしては、痩せる可能性が高いということもあげられます。

一週間当たりの総摂取カロリーが減少する訳ですから、摂取カロリーより消費カロリーの方が多くなれば痩せることができます。

スポンサーリンク

5:2ダイエットのデメリット

5:2ダイエットには上記のようなメリットがありますが、実際にやってみても痩せなかったという人がいるのも事実です。その原因を探るため、続いて5:2ダイエットのデメリットを見ていきましょう。

・反動で食べ過ぎてしまう

5:2ダイエットをおこなっても痩せられなかったという人の多くに、ダイエット日以外の5日間、食べ過ぎてしまったという現象がみられます

一週間のうち2日間だけ食べる量を控えても、残りの5日間に食べ過ぎてしまえば、太ってしまうのは当然です。食べることが好きな人にとって、5:2ダイエットは向いていないかもしれません。

・運動をする必要がある

5:2ダイエットをおこなう際には、ダイエット日に適度な運動をすることが求められていますエネルギー量の少ない日に運動をすることによって、体脂肪の燃焼を促すことが目的となっています。

ただ、運動をするのが苦手という人や、運動経験がない人にとっては、ダイエット日に身体を動かすのはなかなか大変なものです。

5:2ダイエットの問題点

5:2ダイエットは様々なダイエット法のいいとこ取りをしたようなダイエット法となっています。ただ、いくつかの問題点が見られるのでそれを紹介しておきたいと思います。

・素人には難しい

5:2ダイエットの問題点として、栄養学や運動学といった知識に乏しい一般人には難しいダイエット法であるということがあげられます。

実際にテレビでタレントさんが5:2ダイエットに臨んで痩せられたなどという事例がありますが、キャプションに小さく書かれていた事があります。

それは、「専門家の指導のもと」「適切な食事制限」と「適度な運動」をおこなった結果であるということです。

ハリウッドのセレブやモデルさん、女優さんたちも当然のことながら、専門家に指導を仰いでダイエットをおこなっている訳です。

特に、モデルさんや女優さんは綺麗でいることが仕事な訳ですから、相応の対価を払って痩せている訳です。5:2ダイエットをおこなったからと言って、簡単に痩せられる訳ではありません

・通常のダイエットとたいして変わらない

「5:2ダイエット」などと聞くと「どんなダイエット?」と関心を持つことがあるでしょうが、ふたを開けてみれば特に目新しいことなどなにもないことが分かります。

要するにカロリーの摂取量を少なくして、適度な運動をするように心がけ、炭水化物の摂取量を減らすというだけのことです。

5:2ダイエットを行う際に大事なことは、ダイエット日以外の5日のカロリー摂取量を減らすことも重要になってきます。それではわざわざ5:2ダイエットを行う必要がなくなってしまいますよね。

・運動をする際には注意が必要

5:2ダイエットをおこなう際には、ダイエット日の2日に運動をすることが大事だといわれます。ただ、摂取カロリーが通常の4分の1しかない訳ですから、それだけ身体のエネルギーも少ない訳です。

そんな日に無理な運動をすることは危険です。この点でだけとってみても、やはり専門知識のない一般人には難しいダイエット法かもしれません。

5:2ダイエットのメリットとデメリット!食事制限は2日!?のまとめ

カロリー摂取量を減らしている2日間に運動を行うことが大事ということですが、残りの5日に暴食してしまっては意味がありません。自由といえども5日間も気を遣う必要があります。また栄養学などの専門知識がない場合には少し難しいダイエット法のようです。興味がある方は専門家に指導を仰いで行った方が健康的に痩せられるでしょう。

関連コンテンツ