黒豆ダイエットで食べながら減量が可能なその効果とは!


黒豆ダイエットは、黒豆の豊富な栄養を利用して、健康的にダイエットを行う方法です。食事制限のみによるダイエット法はリバウンドを招いてしまう可能性も高くなりますが、そんなときにおすすめなダイエット食品が黒豆です。どのようにしてダイエットが可能なのか、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

黒豆ダイエットってどんなダイエット法?

黒豆ダイエットは、黒豆に含まれているさまざまな栄養素の働きを利用してダイエットをすることをいます。ダイエットというと、痩せることばかりがフォーカスされますが、本来は美容と健康を目的とした規定食というのがダイエット本来のもつ意味です

そこで今回は黒豆ダイエットについて、美容・健康・痩身の3つの角度から、そのダイエット効果に迫ってみたいと思います。

黒豆ってどんな食べものなの?

黒豆といえば、お正月のおせちに欠かせない縁起物の一つですよね。まずは黒豆について詳しく見ていきましょう。

・大豆の一種

黒豆は見た目が大豆にとてもよく似ています。それもそのはずで、黒豆は大豆の一種なのです。そのため、黒豆のことを黒大豆と呼ぶこともあります

・歴史

黒豆は中国が原産とされており、ハッキリとした時期はわからないものの、日本には弥生時代には伝わっていたのではないかと考えられているそうです。

今でも黒豆の産地として有名な丹波の篠山(兵庫県)は、日本で最初に黒豆が栽培されたと土地として知られています。あの「暴れん坊将軍」で有名な8代徳川吉宗も、篠山藩からの献上品である黒豆を喜んで食べたとの記録があるそうです。

古文書の中で最初に黒豆が登場するのは、平安時代後期の931年から938年頃に編纂された倭名類聚抄(わみょうるいじょうしょう)だとされています。

倭名類聚抄は24部128門で構成されていますが、その中の21部である「稻穀部(とうこくぶ)」に「鳥豆」として記載されています。また、戦国時代には兵粮丸(ひょうろうがん)といって、兵士のいざというときの携行食としてももちいられていたそうです。

ちなみに、納豆というと大豆から作られることがよく知られていますが、黒豆から作られた黒豆納豆というものもあります。そして、黒豆納豆を日本で初めて食べたのは、水戸黄門でもおなじみ水戸光圀公とされています。

水戸光圀公は、日本で初めてラーメンを食べたことでも知られていますが、そういった好奇心旺盛な点が、後になって水戸黄門という旅好きなイメージに重ねられたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

黒豆ダイエットで得られる栄養素について

黒豆は大豆の一種なので、その栄養素はほとんど大豆と変わることはありません。では、黒豆にはダイエットに効果的などのような成分が含まれているのでしょうか。

・サポニン

大豆といえばサポニンというくらい、大豆の栄養素として有名なものですが、黒豆にもサポニンが豊富に含まれています

・イソフラボン

イソフラボンも大豆に含まれている栄養素としてはとても有名な成分です。女性ホルモンに似た働きをすることから、サプリメントに用いられることもよくあります。

・食物繊維

黒豆は野菜ですので、大豆と同様に食物繊維を豊富に含んでいます

・シアニジン

シアニジンは、ブドウやブルーベリー、ブラックベリーなど赤色液果類に多く含まれている成分ですが、黒豆にもシアニジンが含まれていることが分かっています

・アントシアニン

アントシアニンはポリフェノールの一種で、黒豆の色が黒いのは、このアントシアニンという成分によるものです。

アントシアニンとシアニジンを含んでいる点が、大豆との違いといってもいいのかもしれません。

黒豆ダイエットをおこなうメリット

それでは、黒豆ダイエットをおこなうことによってどのようなダイエット効果が得られるのか、そのメリットについて見ていきたいと思います。

・ダイエット効果が得られる

黒豆ダイエットをおこなう際にもっとも気になるのが、そのダイエット効果でしょう。なぜ黒豆を食べて痩せる効果が期待できるかというと、黒豆にはシアニジンが含まれていることがその理由の一つとなっています。

シアニジンの人体に及ぼす影響を研究している団体や研究者によると、シアニジンを摂取することによって、肥満や糖尿病といった生活習慣病の予防になるという説があるそうです。

また、シアニジンを摂取することで細胞が酸化するのを防ぎ、悪性腫瘍や循環器系の障害から身体を守ってくれる効果も期待できるそうです。

・アンチエイジング効果がある

黒豆ダイエットをおこなうメリットとして、アンチエイジング効果が期待できるということもあげられます。黒豆に含まれているシアニジンとアントシアニンはポリフェノールの一種とされています。

植物のほとんどにポリフェノールが含まれているのですが、それはポリフェノールによって太陽の紫外線から身を守ることが可能だからです。

植物が育つのに太陽の光は欠かせないものですが、同時に有害な紫外線にもさらされることとなります。そのため、植物はその内部でポリフェノールを合成し、紫外線からその身を守っているのです。

そして、ポリフェノールの紫外線から身を守る効果は、その植物を摂取した私たちにも同様の恩恵をもたらしてくれます。紫外線はシミやシワの原因となりますが、黒豆を食べることによってそのリスクを低下させることが可能なのです。

・美白効果もある

黒豆には、私たちの肌を紫外線から守ってシミやシワを防いでくれる効果がありますが、実はそれだけではないんです。

黒豆に含まれているポリフェノールを摂取することで、メラニンの産生量を著しく低下させることが分かっているのです。つまり、黒豆ダイエットをおこなうと美白効果も期待できるという訳なのです。

・便秘を解消できる

黒豆ダイエットのメリットはまだまだあります。それは、便秘の解消効果も期待できるということなのです。黒豆には食物繊維が多く含まれている他に、オリゴ糖も含まれています

オリゴ糖は腸内で善玉菌の餌となることによって、腸内環境を整えてくれるという働きがあります。それに加えて食物繊維の働きもあり、便秘を解消できるのです。

黒豆ダイエットのデメリットはある?

黒豆ダイエットは、その栄養価の高さから健康的に痩せることが可能なダイエット法ですが、やはりデメリットも存在します。

・高価

黒豆ダイエットを続けるにあたってネックとなるのが、黒豆が必ずしも安くないということです。

年末になると特に高い価格で売られているので、安い時期に買っておくとよいでしょう。

・作るのが面倒

圧力なべがあると比較的簡単に作れる黒豆ですが、そうでない場合には丸一日水につけておかなければならないなど作るのが面倒だというデメリットもあります。

黒豆ダイエットで食べながら減量が可能なその効果とは!のまとめ

ダイエットは本来、美容と健康のためにおこなうものですが、そういった意味で黒豆ダイエットがとても優れた方法であることを分かって頂けたのではないでしょうか。ただし、黒豆を作る時には砂糖をあまり用いないようにしてくださいね。甘い黒豆にしてしまうと、ダイエットどころか、かえって太ってしまう可能性もあります。味気なく感じるときには、サラダにして食べるなど工夫するとよいでしょう。

関連コンテンツ