脂肪が落ちやすい部分は?効率よくダイエットをするため基礎知識!


ダイエットで脂肪が落ちやすい場所と落ちにくい場所があることは皆さんご存知かと思います。それらを理解することによって、ダイエット中にきちんと痩せられていることを実感できるかどうかで、そのモチベーションも変わってきますよね。ダイエットをサポートするための知識として、今回は「脂肪」について紹介していきます。

スポンサーリンク

落ちやすい脂肪ってあるの?

脂肪には落ちやすい脂肪と落ちにくい脂肪とがあることをご存知でしたでしょうか。落ちやすい脂肪としては、内臓脂肪があげられています。

内臓脂肪とは文字通り、内臓の周囲に付着する脂肪のことで、「付きやすく落ちやすい」という特徴があります。どちらかというと、男性の方によく見られるタイプの肥満が内臓脂肪型の肥満といわれるものです。

付きやすく落ちやすいなどというと、性質のよい脂肪なのかと思われるかもしれませんが、生活習慣病につながりやすいタイプの肥満なので注意が必要です。

落ちにくい脂肪って?

内臓脂肪型の肥満の場合、生活習慣病のリスクが高いものの、生活習慣や食習慣の見直しをおこなうことで内臓脂肪を比較的容易に落とすことが可能だということです。

一方、落ちにくい脂肪としては皮下脂肪があげられています。皮下脂肪には「付きにくく落ちにくい」という特徴があり、どちらかというと女性によく見られるタイプの肥満が皮下脂肪型の肥満です

皮下脂肪は付きにくく落ちにくいという特徴があるため、「まだ大丈夫かな?」などと思っているうちに取り返しのつかないことになるケースが多々あります。

皮下脂肪はお腹周りや下腹部、おしり周りや太ももに付きやすいことが分かっています。まさに女性にとって悩みの種となるタイプの肥満と言えますね。

脂肪が落ちやすい場所と落ちにくい場所

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があり、内臓脂肪の方が落ちやすいものの、健康面からすると性質が悪いということでした。では次に、脂肪が落ちやすい場所と落ちにくい場所について見ていきましょう。

スポンサーリンク

・脂肪が落ちやすい場所

脂肪がもっとも落ちやすい場所は、手首と足首だといわれています。ダイエットをしていて腕時計のバンドが緩くなってきたなどという経験がある方も多いのではないでしょうか。

また、顎や頬も脂肪が落ちやすい場所とされています。ダイエットを始めると、顔周りがスッキリとしてくるのはそのためです。

次に脂肪が落ちやすい場所としてはふくらはぎがあげられています。ふくらはぎの場合、脂肪によって太って見えることもあるのですが、足がむくんでいるケースも多いです

ふくらはぎを気にする

そのため、運動などによってダイエットをして血行が良くなると、むくみがとれることによって痩せて見えるというようなケースもよくあります。

▼足首の効率的な痩せ方については以下の記事も参考にしてください。

足首痩せ方法を厳選して3つ紹介!原因を知って効果的に対策しよう! 

・脂肪が落ちにくい場所

脂肪が落ちにくい場所に関してはなんとなく想像が付いていることと思いますが、ずばりお腹とお尻です。お腹とお尻には皮下脂肪が付きやすいことから、ダイエットをしても最後までなかなか痩せてくれません

▼浮き輪腹解消に特化したダイエット法については以下もご覧ください。

浮き輪腹解消ダイエットにおすすめの方法3選!痩せるための食習慣とは?

胸に関しては、ダイエットをすると胸からサイズダウンしてしまうという人もいれば、他の部分が痩せても胸のサイズはそれほど変わらないという人もいるので、人によるとしか言えないようです。

女性は男性と比べると、脂肪が付いた場合に体の構造的からしてお尻が大きく見えてしまうのは避けられないという事情があります。

なぜなら、男性の骨盤に比べると女性の骨盤は横に広いという特徴があるからです。これは、女性が出産をするという役目を担っていることと関連しています。

つまり、お尻に脂肪が付いてしまうと二重の意味でお尻が大きく見えるようになってしまうのです。しかも落ちにくいタイプの脂肪である皮下脂肪が付きやすいということになります。

▼落ちにくいと言われるお腹の脂肪を徹底的にダイエットするためには以下の記事も参考にしてください。

ベルトの上のお肉を解消!!お腹痩せの秘密!

脂肪を落とすために重要な3つのこと

世の中にはいろいろなダイエット法がありますが、大事なのは「食習慣の改善」と「運動」です。

具体的には、以下の3つが大切になってきます。

  • 糖質の制限
  • 有酸素運動
  • 筋力トレーニング

・糖質の制限

身体に脂肪が付いてしまうのは、長らくの間カロリーの過剰摂取が原因だと考えられていました。ですが近年の研究によって、むしろカギを握っているのは糖質だということが分かってきています。

糖質は私たちの脳や身体にとってエネルギー源となるものなので、ある程度の摂取は絶対に必要となりますが、摂取の仕方によって太るリスクが上がることが分かっているのです。

脂肪が付きやすい糖質の摂取の仕方とは、一つはあたりまえですが糖質の摂りすぎです。もう一つは食事にともなって血糖値が急激に上昇することだとされています。

糖質を摂取すると、体内でインスリンによって分解されてエネルギーに変わりますが、糖質の摂取量が多かったり、血糖値が急激に上がったりするとインスリンの分解が追い付かなくなってしまいます。

インスリンによって分解されきらなかった糖質は、緊急時に使うための予備のバッテリーとして、細胞内に蓄えられることとなります。これが脂肪という訳なのです。

そのため、脂肪を落とすためには予備のバッテリーである脂肪が使われる状態にすることが重要なのです。そのためにも糖質の摂取量を制限することが重要となる訳です。

・有酸素運動

ダイエットにはいろいろな方法がありますが、こと脂肪を落とすという観点からすると、有酸素運動をおこなうのがもっとも効率的です。

ジョギングをしている2人の女性

有酸素運動とは筋肉に軽度から中等度の負荷をかけておこなう運動のことをいい、長時間に渡っておこなうことで脂肪の燃焼が起こります

一般的には有酸素運動を開始してから20分程度が経過してから脂肪の燃焼が始まるとされています。有酸素運動としては、ジョギングや水泳、エアロビクスなどがあげられます。

ダイエットに関するインターネットの記事を見ていると、ストレッチをすることで血行がよくなって代謝が上がり、脂肪の燃焼が起こるなどと書かれていることがあります。

ただ、血行がよくなることで上がるのは新陳代謝であり、基礎代謝ではありません。また、ストレッチによって脂肪が燃焼するようなことはありません

その理屈からすると、ヨガなどのスローなエクササイズも脂肪を落とすための方法としては不適当です。他に良い効果はたくさんありますが、脂肪を落とす方法としては向いていません。

さらに、エステサロンのマッサージで脂肪燃焼がおこると説明されることもありますが、脂肪をもんだりつまんだりしても燃焼が起こるようなことはありません

さらに効果的な有酸素運動についてはこちら!

・筋力トレーニング

ダイエットをするときには食事制限をおこなうのがもっとも一般的だと思います。ただ、食事制限「のみ」によるダイエットは、リバウンドをしてしまう可能性が高いです。

なぜなら体重が落ちるときに筋肉も落ちてしまうからです。筋肉は基礎代謝と大きく関わっているため、筋肉が落ちるとダイエット前よりも太りやすい体質になってしまいます

そのため、ダイエットをおこなう際には筋力アップとは言わないまでも、現在の筋肉量を維持することが最低限必要となります

脂肪が落ちやすい部分は?効率よくダイエットをするため基礎知識!のまとめ

今回は、脂肪が落ちやすい場所と落ちにくい場所などについて見てきました。落ちやすい場所はもちろんありますが、だからといって部分痩せというのは基本的にはできません。ただその場所から脂肪が落ちていくだけに過ぎないのです。やつれてしまわないよう、健康的に美しくダイエットを行うために、長期の計画を立てて行うことが大事です。

関連コンテンツ