女性ダイエットの効果的な方法4選!短所を長所に変えて痩せよう!


女性ダイエット法というものも存在しています。女性は男性と比べると基礎代謝が低く、また筋肉量も少ないため痩せにくいという傾向がどうしてもありますよね。だからこそ、そんな女性に効果的なダイエット法があるんです。知識として備えておいても損はありません。今回は女性ダイエット法について厳選して4つ紹介していきます。

スポンサーリンク

女性がダイエットに失敗しやすい理由

女性ダイエットの効果的な方法について紹介する前に、まずはなぜ女性がダイエットに失敗しやすいのかについてお話しておきたいと思います。

・筋肉量が少ない

女性は一般的に男性と比べた場合、筋肉の量が少ないものです。一部アスリートや格闘家など特殊な例を除き、普通の女性は筋肉量が少ないため、基礎代謝も低い傾向があります

基礎代謝とは、私たちが何もしていなくても1日の間に消費するエネルギー(カロリー)のことで、その割合は1日の総消費カロリーの6割とも7割とも言われています

痩せるために必要なことは「消費カロリー>摂取カロリー」の状態にすることですので、つまり基礎代謝量が少ない=太りやすいということになってしまう訳です

筋肉は基礎代謝の内、およそ20%を占めるとされているため、筋肉量も基礎代謝量を左右します。筋肉は単に運動をするときのみに使われる訳ではなく、身体の熱を生みだしたり、血液を心臓へと送り返したりといった働きもあるのです。

女性に冷え症やむくみ、下肢静脈瘤などが多く見られるのは、筋肉量が少ないこととも関係しているのです。

冷え性の女性

ダイエットはもともと健康と美容のためにおこなうことを言いますが、筋肉量が少ないということは、単に太りやすいだけでなく、健康面や美容面にもマイナスの影響を与えてしまうということなのです。

・皮下脂肪が付きやすい

男性と女性の太り方には大きな違いがあります。男性の場合、内臓脂肪が付きやすいのに対し、女性の場合は皮下脂肪が付きやすいということです。

そして、内臓脂肪には「付きやすく落ちやすい」という特徴があるのに対し、皮下脂肪の方は「付きにくく落ちにくい」という特徴があるのです。

そのため、男性の場合は気合を入れてダイエットをすれば比較的痩せやすいのに対し、女性の場合は頑張ってダイエットをしても痩せにくいという傾向があるのです。

・甘いものが好き

最近ではスイーツ好きの男性も増えてきていますが、どちらかといえばやはり女性の方が甘いものを好む傾向があるようです。

太る原因としてはカロリーの摂りすぎということが一般的にはいわれますが、実は最近の研究によって、太る原因は糖質にあることが分かってきています。

糖質を摂取するとすい臓からインスリンが分泌され分解されることとなるのですが、糖質の摂取量が多かったり食事中に血糖値が急上昇したりすると、インスリンの糖質分解能力を超えてしまうことになります。

その結果、分解しきれなかった糖質が予備のバッテリー=脂肪として、細胞内に蓄えられることとなるのです。これが太ってしまう原因となっています。

1日にどれくらいの糖質が必要なのかは文献によって異なっています。

スポンサーリンク

文献によっては1日に20gから50gの糖質摂取量で足りるとするものもあれば、1日に100gは必要だとするものもあります。さらには現代人は1日平均で300gの糖質を摂取しているとするものもあります。

なにはともあれ、間食に甘いものを食べてしまうと糖質の摂取量が増えるだけでなく、血糖値も急上昇するので太りリスクは高くなるということは確実に言えそうですね。

▼綺麗に痩せる!女性向けダイエット方法はこちらもおすすめです↓

しなやかボディを目指す女性必見!エクササイズとデトックス!

女性ダイエットの効果的な方法その1

筋力トレーニング

さて、ここまで女性が太りやすい理由について見てきました。これらを踏まえた上で、女性ダイエットの効果的な方法を紹介していきたいと思います。

まずは筋力トレーニングです。女性は確かに筋肉が付きにくいです。ですが筋肉が付きにくいということは、がっつり筋力トレーニングをしてもムキムキにならないということでもあるのです。

女性に筋力トレーニングを奨めると「ムキムキになるから嫌」という方がいらっしゃいますが、よほど激しくワークアウトをしないと、ムキムキになんてなりたくてもなれません。

長期間にわたってスタイルを維持したいのであればある程度の筋肉量は必須となりますし、いったん筋肉をつけてしまえば基礎代謝がアップするので、痩せやすい体質になることが可能です。

女性ダイエットの効果的な方法その2

月経周期を利用したダイエット

女性につきものなのが月経ですよ。毎月のように訪れる月経は憂鬱なものですが、その月経周期を利用したダイエット法があります。

月経は通常、月経期→卵胞期→排卵期→黄体期→月経期…といった具合にサイクルしていくのですが、実はダイエットの最適な時期というのがあるのです。

それは卵胞期です。卵胞期になると新陳代謝が活発になり、体内の老廃物や余分な水分を体外に排出しやすくなります

また、その他の時期に比べると食欲をコントロールしやすい時期ですし、月経前や月経中のイライラから解放され、精神的にも安定する時期となっています。

この時期にしっかりと食事制限をおこなったり適度な運動をおこなったりすることで、効果的にダイエットをすることが可能となるのです。

女性ダイエットの効果的な方法その3

大豆イソフラボンを摂取する

女性ダイエットの効果的な方法として、大豆に含まれている成分であるイソフラボンを摂取するという方法があります。

大豆とコップに入った豆乳

特に、中年期以降の女性は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が低下してくるため、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを摂取するのが良いとされています。

ダイエットは健康と美容のためにおこなうものですが、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が低下すると、骨粗鬆症になりやすくなってしまいます

また、男性の場合男性型脱毛症といわれる薄毛の見られることがありますが、女性にも女性男性型脱毛症といわれる薄毛の見られることがあります。

女性男性型脱毛症の場合、男性のように局所が禿げ上がるなどといったことはありませんが、髪の毛全体のボリュームがダウンしたり、地肌が透けて見えたりといったことが起こるようになります

これもエストロゲンの分泌量が減少するためだと考えられているので、イソフラボンを摂取することによって対策するとよいでしょう。実際、女性用の育毛剤にはイソフラボンを配合した商品が多数あります。

女性ダイエットの効果的な方法その4

友人と一緒にダイエットする

男性の場合も友人と一緒にダイエットをするのは良いのですが、男性よりも女性の方が仲間意識が強い感情があるそうです

男性には狩猟本能が残っているのか、たくさん集まると必ずと言っていいほど序列を決めたがることがあると言われています。女性にはそのような傾向があまり見られません。

仲の良い友人も頑張っているのだから一緒に頑張ろうというモチベーションを維持できることが考えられます。ダイエットに成功したら一緒に旅行に行こうなど、楽しみも一緒に用意しておくとさらにはかどるかもしれませんね。

▼女性向け!一ヶ月の集中トレーニングは以下もご覧ください。

一ヶ月で腹筋を変えるエクササイズ&トレーニング~女性向け~ 

女性ダイエットの効果的な方法4選!短所を長所に変えて痩せよう!のまとめ

女性ダイエットの効果的な方法について見てきました。女性には確かに太りやすい原因というものが存在します。ですがそれを利用して行うダイエット法もあるのです。ピンチをチャンスに変えて、各個の女性らしさというものを探してみるのも良いのではないでしょうか。

関連コンテンツ