食欲のコントロール方法を教えて!ダイエットを成功させよう!


食欲のコントロール方法は誰しもが知りたいのではないでしょうか。食べてはいけないと思うほど食べたくなってしまうのは一体なぜなのか、今回はそんな食欲をコントロールする方法について、物理・心理それぞれの方法から紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

食欲のコントロールの重要性とは?

ダイエットをするときに、食欲をコントロールすることはどの程度の重要性があるのでしょうか。ダイエット法にはいろいろありますよね。食事制限以外にも、運動をしたり筋トレをしたりといった方法も考えられます。

ただ、ダイエットを効率的におこなうためには、食事制限や食習慣の変更は「絶対」となります。なぜなら、運動や筋トレによって消費されるカロリーなど、微々たるものだからです。

つまりダイエットをする際に食欲をコントロールすることは、「最重要課題」となるわけです。この避けては通れない道をうまくすり抜けるにはどうしたらいいのでしょうか。

▼食欲旺盛な方におすすめ!ダイエット中の食材についてはこちら↓

食欲が止らない原因と対策法!ダイエットをしたい方におすすめの食べ物は?

食欲のコントロール方法その1

水を飲む

食欲をコントロールする方法としてまず、水を飲むということがあげられます。特に、普段から水分を摂取する量の少ない人にとっては、水分補給といった観点からもおすすめの方法です。

水であれば何でも構いませんが、炭酸水にするとお腹が膨れるのでより効果的です。

ただ炭酸水の場合、少量だとかえって食欲を刺激してしまう可能性もあるので500ml程度をまとめて飲むようにすると良いでしょう。

ただし、ダイエットをはやく成功させたいからと言って水ばかり飲むことは避けましょう。必要な栄養素がとれなくなるだけでなく、腎臓の機能をそこねてしまう可能性もあります。

スポンサーリンク

食欲のコントロール方法その2

ガムを食べる

食欲をコントロールする際にガムを食べることはとても効果的です。食欲を抑えるだけでなく、さまざまな効果が期待できます。

・ガムを食べるメリット

ガムを食べるメリットとして、まず食欲を抑えられるということがあげられます。特にミント系のガムをかむと、口の中がすっきりとするので歯を磨いた後のような感覚を得ることできます。

またガムを噛むことによって唾液が分泌されるので、脳が「食事をした」と勘違いをします唾液には口の中をキレイにする働きもあるので、虫歯予防にガムを噛むのもいいです。

さらに、長い時間噛めるガムを選択することによって、表情筋を刺激して小顔効果を得ることも可能となります。

・ガムを食べる際の注意点

食欲をコントロールするのにガムはとても重宝しますが、ガムを選ぶ際にはいくつかの注意点があります。

まず、砂糖を多く含むガムは選ばないようにしましょう

せっかくダイエットをしているのに、糖分を多く含むガムを噛んでしまうとかえって太るリスクが高くなってしまいます。また、虫歯になる可能性も高くなります。

ガムを選ぶ際には歯磨き用のガムにするといいでしょう。ただ市販のキシリトールガムにはたいした量のキシリトールが含まれていないので、歯医者さんで売っているキシリトールガムを購入するとさらに良いです。

食欲のコントロール方法その3

楽しいことをする

食欲をコントロールするのがなぜ大変かというと、食欲を抑えるのがつらいことだからです。もし食欲を抑えるのが楽しい行為であれば、誰も苦労しませんよね。

楽しいことをしているときって、時間が過ぎるのも忘れていることがありますよね。そういった心理を利用して、おなかが空いたなと思ったら、好きなことや趣味などに打ち込んでみましょう。

カラオケが好きな人であれば、大きな声を出してストレスを発散するのもよいでしょう。ストレスはダイエットの大敵ですから、楽しみながらダイエットをおこなうことで精神衛生上も健康的に痩せることが可能となります。

食欲のコントロール方法その4

運動をする

もし運動をする習慣がある人の場合は、おなかが空いたときに運動をすると良いでしょう。お腹がすいているときには身体の糖分が減少しているので、効果的に脂肪燃焼をおこなうことが可能となります。

常識で考えても、食べながら走るなんてことはなかなか難しいですよね。運動をしている間は、よほどのことがないかぎり空腹感を忘れていられるものです。

ウォーキングをしている女性の後ろ姿

食欲のコントロール方法その5

睡眠をとる

食欲をコントロールする方法として、直截的ですが寝てしまうという方法もあります。特に普段から忙しくて睡眠不足気味の人や、寝ることが大好きという人におすすめの方法です。

人間には三大欲求(食欲・睡眠欲・性欲)と呼ばれるものがありますが、そのうちもっとも強いのが睡眠欲です。赤ちゃんや幼児が食べながら寝てしまうことがありますよね。食欲よりも睡眠欲の方が強いことが、その例からも分かります。

食欲のコントロール方法その6

体重計を視界に入れておく

食欲をコントロールする心理的な方法として、体重計の存在を常に意識するという方法もあります

ダイエットをする際は体重を計りながらおこなうことと思いますが、体重計を常に視界に入るようにしておくことで、心理的な抑制効果を得ることができます。

食欲のコントロール方法その7

たまにはドカ食いをする

食欲をコントロールするその意外な方法が、たまには好きなだけ食べるということです。人間の身体は恒常性(ホメオスタシス)と言って、身体の状態を一定に保とうとする働きがあります

普段から食欲をコントロールできていれば、たまにドカ食いをしたところで急に太ってしまうようなことはありませんし、食べた物の栄養素をすべて吸収できるわけでもありません

お腹がすいていつでも「食べたい、食べたい」と思っているのは、精神的にストレスとなってしまいます。ストレス状態が続くと、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が減少することも分かっています。

セロトニンの分泌量が減少すると、イライラしたり情緒が不安定になったりするだけでなく、満腹感が得られにくくなることも分かっているそうです。

食べたい欲求を我慢しすぎてかえって太ってしまうくらいなら、たまには好きなものを食べてストレスを発散するようにしましょう

食欲のコントロール方法その8

野菜をたくさん食べる

食欲をコントロールする方法として、野菜をたくさん食べるというのも効果的です。野菜はカロリーが低いので、たくさん食べても太ってしまうようなことがありません。

また野菜には食物繊維がたくさん含まれています。中でも不溶性の食物繊維を多く含んでおり、それが胃の中で膨張することによって満腹感を得ることが可能となります。

さらに、不溶性の食物繊維を摂取することで急激な血糖値の上昇を抑え、糖質が脂肪に変わりにくくしてくれることが分かっています。食事をするときには、最初に野菜を食べるように心がけましょう。

食欲のコントロール方法を教えて!ダイエットを成功させよう!のまとめ

食欲のコントロール方法について、8つの方法を紹介しました。太り方、痩せ方はそれぞれ違います。自分にあった方法を見つけることが大事なのです。自分にぴったりの方法を見つけたら、食欲のコントロール方法に挑戦してみましょう。長期的な計画を立ててダイエットすることで、やがてそれが習慣となり、苦ではなくなってくるはずです。

関連コンテンツ