深呼吸ダイエットで痩せることは可能?ダイエットのカギは自律神経にあり!


深呼吸ダイエットというダイエット法があることをご存知でしょうか。呼吸を意識して行うことによって痩身効果を得るということなのですが、健康に良いとしても果たして深呼吸だけで痩せられるとは考えづらいですよね。では深呼吸ダイエットに何をプラスすれば効果的に痩せられるのか、やり方とともに紹介していきます。

スポンサーリンク

深呼吸ダイエットってなに?

深呼吸ダイエットとはその名の通り、深呼吸をすることによって痩せることを目的としたダイエット法となっています。

深呼吸ダイエットで痩せられるの?

深呼吸ダイエットで痩せられるのかという問いに対して、是としている雑誌やインターネット記事だけで知識を身に付けることはおすすめできません。

常識で考えると、深呼吸する「だけ」で痩せられるはずがありません。何かをプラスして行うことが重要となるのです。

ですが、深呼吸をすることによって、身体をダイエットのスタンバイ状態とすることは可能となっています。

深呼吸ダイエットに関するとんでもない誤解について

現代は便利な世の中で、「深呼吸 ダイエット」といったワードで検索をかけるとたくさんの記事を読むことができます。ただ、その中にはとんでもない誤解ばかりの記事もあるのです。

・息を吐くと脂肪が出て行く!?

深呼吸ダイエットに関する記事で、深呼吸をすることで呼気ともに脂肪が排出されるといったものを見かけたことがあります。小さいころ理科の授業で習ったように、息を吐いて脂肪が出ていくはずがありません

このような記事を書いている筆者の肩書が「ダイエットコーチ」となっているのも驚きです。本気でダイエットをしたいと思っている人に向けた記事において、誤った情報を拡散されるのは迷惑でしかありません。

そもそも、なぜ深呼吸をすると呼気とともに脂肪が排出されるといった話になったのかについても解説していきます。

実は、中性脂肪は分解されると二酸化炭素と水になるのです。そして、呼気には二酸化炭素が含まれていることから、深呼吸をすると脂肪が排出されるという情報として発信されたんですね。

中性脂肪が燃焼して二酸化炭素が発生し、それが呼気とともに排出されるのであれば理解ができます。ですが深呼吸をすることによって、脂肪が燃焼するわけではありません

・深呼吸をすればするほど痩せる?

深呼吸をすればするほど痩せられるのかというと、当然ながらそのようなことはあり得ません

深呼吸をすれば痩せると思ってやたらと深呼吸を繰り返していると、場合によっては過呼吸を引き起こしてしまい、めまいや動悸、意識障害まで発生してしまう可能性も否定できません。

ダイエットは健康と美容のためにおこなうものであり、深呼吸ダイエットによって体調を崩していては本末転倒です。

・インナーマッスルが鍛えられる?

深呼吸ダイエットをおこなうとインナーマッスルが鍛えられるので基礎代謝が向上し、それによって痩せにくくなるなどといった説明がなされることがあります。

残念ながら、深呼吸ダイエットを行ってもインナーマッスルが鍛えられて基礎代謝が向上することはありません

呼吸をする際に使われる筋肉はインナーマッスルではないのです。インナーマッスルは本当に小さい筋肉で、意識して鍛えるようなことは不可能です。またインナーマッスルだけを鍛えるようなトレーニング法もありません。

さらに、アウターマッスルを鍛えていれば勝手にインナーマッスルも鍛えられていくこととなります。

スポンサーリンク

深呼吸ダイエットの本当の効果とは?

深呼吸ダイエットについての誤解を知ってもらったところで、次に深呼吸ダイエットの本当の効果について説明したいと思います。なぜ深呼吸がダイエットにつながるのかを解説していきます。

・自律神経のバランスを整えることができる

私たちの生命活動は、自律神経によってコントロールされていると言っても過言ではありません。体温調節や食べた物の消化・吸収、血液の循環など、すべて特に意識しなくてもおこなわれていますよね。

たとえば「5秒間だけで構わないので心臓を止めてみて」といわれたとしても出来ません。

深呼吸というのは自律神経にアプローチできる数少ない方法のうちの一つです。自律神経は交感神経と副交感神経から成っており、それぞれ車のアクセルとブレーキによくたとえられます。

日中アクティブに活動するときには交感神経が優位になり(アクセルを踏み)、夜間リラックスするときには副交感神経が優位になる(ブレーキを踏む)という訳なのです。

ところがストレスや疲労がたまってしまうと夜になってもアクセルを踏みっぱなし状態になってしまい、睡眠の質が低下し疲労が積み重なっていくこととなります。

のようなときに意識をして深呼吸をすることで、副交感神経優位の状態に導くことが可能となっています。日本人の8割が交感神経型といわれているため、深呼吸ダイエットは日本人向きと言えるかもしれません。

・食欲にも関与する

仕事や疲労、睡眠不足などのストレス状態が長く続いてしまうと、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌量が低下するということが分かっています。

セロトニンには神経を落ち着ける効果があるため、分泌量が減ってしまうと自律神経失調症やひどい場合にはうつ症状に至ってしまうこともあります。

またセロトニンの分泌量が低下すると、脳の視床下部と呼ばれる場所にある満腹中枢が刺激されにくくなることも分かっています。それによって食べすぎてしまうという訳なのです。やけ食いにもちゃんと理由があったということですね。

深呼吸ダイエットのやり方

深呼吸ダイエットのやり方は、一般的に大きく息を吸いながらお腹を膨らませ、大きく息を吐きながらお腹を凹ませるという方法でおこなわれることが多いようです。

いわゆるドローインとよばれる呼吸法ですね。芸能人の方もドローインを利用したロングブレスダイエットなどで痩せたという人もいます。

ただ痩せるという観点からすると、深呼吸ダイエットは効率がよいとは言えません。コツとしては、それに食事制限や運動をともなうのがポイントといえます。

深呼吸ダイエットをおこなう際の注意点

深呼吸ダイエットは怪我をしたりするリスクの低いダイエット法ですが、一つだけ注意点を上げるとしたら、やりすぎには気をつける必要があるということです。

実は、酸素というのは生命にとって有害なのです。地球上の生命体は有害な酸素に適応して進化してきましたが、酸素の有害性がなくなったわけではありません。

それがどう私たちの身体に影響するかというと、活性酸素によって傷つけられ、老化することに繋がっています。つまり、深呼吸も度が過ぎれば老化を促進してしまうことにつながりかねないということなのです。

深呼吸ダイエットで痩せることは可能?ダイエットのカギは自律神経にあり!のまとめ

深呼吸ダイエットの本当の効果について紹介してきました。自律神経のバランスを整えてくれる効果がありますので、副交感神経が優位である方が多い私たちには良い方法と言えます。ですが、痩身という意味ではあまり効果は期待できません。メインのダイエット法としてではなく、あくまでオプションとして行うのが良さそうです。

関連コンテンツ