睡眠不足は太りやすい?生活習慣とダイエットの関係とは!?


睡眠不足は太りやすいと言われますよね。なぜ睡眠不足が太ってしまう原因となってしまうのでしょうか。それを紐解きながら、ダイエットと脳の関係について解説していきます。ダイエットに睡眠不足は天敵です!睡眠不足、そして睡眠障害を解決する際のコツについてもあわせて紹介していきます。

スポンサーリンク

睡眠不足は太りやすい理由その1

食べ過ぎてしまう

睡眠不足になると太りやすくなってしまうもっとも単純な原因は、起きている時間が長くなると余計にお腹が空いてしまう可能性が高くなるということです。そしてお腹が空いてしまう可能性が高くなれば、ついつい何かを口にしてしまうリスクも高くなります。

結果として、1日に摂取すべき目安となる量よりもたくさんのカロリーを摂取する羽目となってしまい、太ってしまう可能性が高くなるという訳なのです。

睡眠不足は太りやすい理由その2

夜中に食べてしまう

睡眠不足になると太りやすくなってしまう理由としては、夜遅くに食事をする可能性があるということです。そして、夜遅くに食事をすると、太ってしまうリスクも上昇してしまうのです。

なぜ夜中に食事をすると太りやすくなってしまうかというと、そこにはBMAL1(Brain and Muscle Arnt-like 1:ビーマルワン)と呼ばれるたんぱく質の一種がかかわってきます。

BMAL1はいわゆる「体内時計」を調整してくれる働きがあるのですが、時間帯によって量が変動するという特徴があります

そして、BMAL1は肥満遺伝子という異名を持っているように、脂肪酸やコレステロールの合成を活性化させ、脂肪細胞内に取り込もうとする働きがあるのです。つまり、BMAL1が活性化すればするほど、太りやすくなってしまうということなのです。

BMAL1は通常、日中には量が少なく、夜間になると量が増えることが分かっています。なぜなら、日中は体内の糖質を燃焼させてエネルギーに変えますが、夜中になると脂肪酸を燃焼して、エネルギーを作り出すからです。

午後の10時頃から明けて午前2時くらいまでがもっとも量の多い時間帯だとされています。そのため、夜の10時以降に食事をすると太りやすくなってしまうということなのです。

▼自分の体質を知り、痩せやすいダイエット法を調べるという遺伝子検査ダイエットもあります。

遺伝子検査ダイエットってなに?太りやすい遺伝子があるって本当なの?

睡眠不足は太りやすい理由その3

自律神経のバランスが乱れる

睡眠不足になると自律神経が乱れてきますが、それも太ってしまう原因の一つだと考えられています。自律神経とは私たちが特に意識をしていなくても、生命活動を維持するために勝手に働いてくれている神経のことをいいます。

たとえば体温調節をしたり呼吸をしたり、心臓などの臓器を動かしたりといったことが、自律神経の働きによっておこなわれているのです。

数秒だけでいいので心臓を止めてくださいといわれてもできませんよね。それは、心臓が私たちの意思とは関係なしに、自律神経の働きによって動いているからです。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成っており、その両者はよく車のアクセルとブレーキの関係にたとえられます。

すなわち、日中活動的に動くときにはアクセルを踏み(交感神経優位になり)、夜中になって身体を休めるときにはブレーキを踏む(副交感神経が優位になる)という訳です。

スポンサーリンク

このバランスが正常に保たれて初めて、私たちは健康状態を維持することが可能となるのです。ところが、睡眠不足になると自律神経のバランスにも狂いが生じることとなります。

睡眠不足で夜遅くまで起きていると夜中にも交感神経が優位になってしまい(アクセルを踏みっぱなしになってしまい)、睡眠の質が低下してしまうこととなります。

睡眠中には身体の修復がおこなわれたり、食べた物の消化や吸収がおこなわれたりするのですが、交感神経が優位なままだとその働きが阻害されてしまいます

結果として食べ物を消化しきれなくなってしまい、それが脂肪へと変わってしまうということなのです。もちろん、疲れも抜けにくくなってしまいます。

そのような状態が続くと今度は日中に眠くなってしまい、集中力が低下したり頭が働かなくなったりしてしまいます。もし昼寝をたくさんしてしまうと、さらに夜眠れないという悪循環に陥ります。

睡眠はただ寝ればいいというものではなく、身体の機能に合わせて眠ることが重要なのです。早寝早起きが健康にとって重要ということは、医学的にも正しいと言えるのです。

睡眠不足は太りやすい理由その4

セロトニンの分泌量が減少する

睡眠不足になってしまう原因はいろいろだと思います。精神的なストレスによって眠れないということもあれば、運動不足によって眠れないということもあるでしょう。

またデスクワークの場合、長時間パソコンの画面を見ていることによって神経が興奮してしまい、夜になっても眠れないという方がたくさんいらっしゃいます

最近ではほとんどの人がスマホを持っていますが、スマホの見すぎも交感神経を優位にしてしまいます。ましてや、夜寝る直前まで見るなどもってのほかです。

このように睡眠不足の原因はさまざまですが、睡眠不足自体が身体にとってのストレスとなることも忘れてはいけません。

睡眠不足によってストレス状態が続いてしまうと、脳内の神経伝達物質の一種であるセロトニンの分泌量が低下してしまうことが分かっています。

セロトニンは、ノルアドレナリンとドーパミンとあわせて三大脳内神経伝達物質と呼ばれています。ノルアドレナリンとドーパミンが神経の興奮を司っているのに対して、セロトニンは神経の鎮静化やリラックスを司っています。

ストレス状態が強くなるとセロトニンの分泌量が低下するので、交感神経が優位な状態が続いてしまい、結果として太りやすくなってしまうのです。

また、セロトニンの分泌量が減少すると、脳の下垂体というところにある満腹中枢が刺激されにくくなることも分かっています。ストレスがたまるとやけ食いをしてしまうのは、セロトニンの分泌量ともかかわっているのかもしれませんね。

セロトニンは神経をリラックスさせたり落ち着けたりする働きがあるので、セロトニンの分泌量が低下すると、うつ症状なども出やすくなってしまいます。このように、睡眠不足は太ってしまう原因となるだけでなく、さまざまな不調を呼び起こすリスクファクターとなるのです。

睡眠不足や睡眠障害を解消する方法!

睡眠不足になると、太りやすくなってしまうのはもちろんのこと、メンタルヘルス的に見てもろくなことがありません。そのため、以下のような方法で睡眠不足や睡眠障害を改善するようにしましょう。

・休みの前の日は早く寝る

「明日は休みだから夜更かしをしてもOK」と考える気持ちもわかるのですが、普段から睡眠不足が続いているのであれば休みの日こそ早く寝るように心がけましょう

早く寝れば自然に早く目が覚めるので、次の日も早い時間帯に睡魔が訪れることとなります。そのようにして良い睡眠のサイクルを作るようにしましょう。

・朝日を浴びる

睡眠不足が続いてしまうと、眠いのに眠れないなどといったことも起こってきます。いわゆる睡眠障害ですが、睡眠障害を改善するためには朝日を浴びると良いとされています。

朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、夜になると眠くなるという正常な状態に戻ることが期待できます。また、朝日を浴びることでセロトニンが分泌されるので、メンタルヘルス的に見てもよい効果が得られるということです。

▼良質な睡眠はダイエットの効率を上げます。詳しくは以下の記事もご覧ください。

睡眠ダイエットってなに?寝るだけで痩せられるって本当!? 

睡眠不足は太りやすい?生活習慣とダイエットの関係とは!?のまとめ

睡眠不足は太りやすいだけでなく、健康面でも様々な悪影響があるのです。ダイエットを実行していても睡眠不足でそれを阻害してしまっては元も子もありません。健康、そして美容の両面を見ながらダイエットを長期継続することが大事になります。太陽の日差しを浴びて健康的な生活習慣を手に入れましょう。

関連コンテンツ