全身ダイエットに絶対必要な3つ!効果的に痩せる方法!


全身ダイエットに有効で効果的な方法をまとめてみました。部分痩せというのはなかなか難しいですよね。それにどうせダイエットを行うのであれば全身綺麗に痩せられるのが理想ではないでしょうか。日々ダイエットについて悩む女性も多いかもしれません。効果的なダイエット法がわからない、また迷ってしまう方はぜひこちらを試してください。

スポンサーリンク

全身ダイエットの方法その1

食習慣の改善

全身ダイエットを行う際にもっとも効果的なのは食習慣を改善することです。ほとんどの方がご存知かと思いますが、今回は「カロリー」は本当にダイエットにおいて有効なのか、その辺りを踏まえて紹介していきます。

・カロリー神話を捨てる

ダイエットをするときには、摂取カロリーよりも消費カロリーを大きくすることが重要だといわれます。確かにそれも間違いではないのですが、カロリーに関しては若干の疑問が提示されています。

食べ物のカロリー表

そもそも食品のカロリーとは、今をさかのぼること130年以上も前にドイツ人の医師であるマックス・ルブネルによって提唱された概念です。そして、その食品のカロリー算出法にややおかしなところがあるのです。

ある食品のカロリーを求める際には、まずその食品を空気中で燃やすときに必要な熱量(カロリー)を求めます(仮にAとします)。

次に同じ量の食品を食べて、それによって排泄されたものを空気中で燃やすときに必要な熱量(カロリー)を求めます(仮にBとします)。

食品のカロリーはAのカロリーからBのカロリーを引いたものとして求められており、現在でもこのカロリー算出法は大本のところで変わっていません。

ただ、このカロリー算出法には明らかにおかしいところが2つあります。

ひとつは、体内で起こる燃焼を説明するのに、なぜ空気中で食品を燃やす必要があるのかということです。私たちの体温は平均して36度程度であり、上がったとしてもせいぜい40度そこそこです。それに対して、空気中で食品を燃やすときには数百度にもなることがあります。つまり、空気中の燃焼を根拠とするのは無理があるということです。

また、百歩譲ってその計算式が正しいとしてもまだおかしな点があります。食品を食べたあとの排泄物は、半分以上が腸内細菌で構成されています。

そのため、食品を食べたことによる排泄物は、半分以下でしかないということになり、計算式の根本から矛盾が生じる結果となるのです。

スポンサーリンク

・糖質の摂取量を減らす

食習慣の改善というと、炭水化物を中心としてタンパク質を適度に、そして野菜や果物をたくさん食べるといったことをイメージされるかもしれません。

ただ、近年の研究によって、私たちが太ってしまうのはカロリーの摂りすぎではなく、糖質の摂りすぎ、および食事にともなって血糖値が急激に上がってしまうことだということが分かってきています

そのため、ダイエットを成功させるためにはカロリー計算をするよりも、糖質の摂取量を減らすことの方が重要だということなのです。医師の中にも糖質制限によってダイエットをしたという人がいます。

糖質制限の効果は如実に全身に現れます。顔はシャープになりお腹は引き締まり、下半身太りも徐々に解消することが可能です。なぜなら、私たちの身体は食べ物でできているからです。

現代人は1日に300g程度の糖質を摂取しているとされます。太っている人はそれ以上に糖質を摂取している可能性もありますが、まずは、自分が1日にどれくらいの糖質を摂取しているのかを確認しましょう

糖質の摂取量を減らせば、全身ダイエットは必ず達成できます。これくらいの糖質で体重増を防げるというラインを見つけて、美味しく食べながら全身ダイエットの効果をキープしましょう。

全身ダイエットの方法その2

ウォーキングをする

全身ダイエットをおこなう際に、運動によってダイエットしようという方もいらっしゃることと思います。そして、全身ダイエットをおこなう際に、もっとも効果的な運動がウォーキングです。

・理想的な全身運動

「ウォーキングなんてたいした運動にならない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はウォーキングをおこなう際には、全身の筋肉の80%が動員されるといわれています。つまり、理想的な全身運動なのです。

ヨガやピラティス、筋トレなどで特定の部位を刺激するのも良いですが、全身ダイエットという観点からするとウォーキングに勝るダイエット法はないと言っても過言ではありません。

もちろん、ジョギングやランニング、激しいスポーツをおこなえば全身ダイエットの効果は得られますが、そのようなダイエット法を続けられるのはほんの一握りの人だけだと思います運動が苦手な人は、ウォーキングをするのがおすすめです。

・生活習慣病の予防効果も

ウォーキングは全身ダイエットの方法としてだけでなく、生活習慣病を予防するといった観点からも、とても有益な運動です。特に中性脂肪やコレステロール値をコントロールするのにウォーキングは効力を発揮します

歩くという動作をおこなうときは、下半身の筋肉をよく使うこととなります。足は第二の心臓などといわれるように、足の筋肉をよく使うことによって、全身の血行を促進することが可能です。

血液は全身に酸素と栄養を運んでいるので、血行がよくなれば全身の栄養状態も好転するわけです。それによって、さまざまな疾患のリスクを低下させることが可能となっています。

▼ウォーキングダイエットのやり方についてさらに詳しくは以下をご覧ください。

正しいウォーキングで姿勢改善強化!!

全身ダイエットの方法その3

筋力トレーニングをおこなう

全身ダイエットをする場合には、筋力トレーニングによって筋力をアップし、基礎代謝を高めるという方法もあります。長い目で見た場合、筋力トレーニングも全身ダイエットには欠かせない方法となるのです。

私たちが1日の間に消費するカロリーのうち、60%以上を基礎代謝が占めているとされています。そして、基礎代謝のうちの5分の1程度が筋肉によって占められています。

筋肉は運動をするときにだけ働く訳ではありません血液を心臓に送り返したり、体温を発生させたりといった働きもあるわけです。そのため、筋肉量が増えれば基礎代謝も向上することとなります。

筋力トレーニングに対してはそう簡単に筋肉が付くわけではありませんし、少し筋肉が増えたところで基礎代謝の上昇率はたかが知れていると言われることもあります。

確かにその通りかもしれませんが、年を重ねながら長年体型をキープするため5年や10年といったスパンでみた場合、筋力トレーニングをしているのとしていないのでは大きな違いが表れます。

なにも、ジムに通ってウエイトトレーニングをするだけが筋トレではありません。普段から階段を使うようにしたり、歩く習慣をつけたりすることも十分に筋トレとなります。最低でも、今ある筋肉量を維持するように心がけましょう。

▼全身を効率的に鍛える方法としてはTRXトレーニングもおすすめです!

TRXトレーニングで効果的に全身を引き締める!筋力アップで代謝向上!

全身ダイエットに絶対必要な3つ!効果的に痩せる方法!のまとめ

やはりダイエットで一番重要なのは、食生活の改善と運動です。きつい運動や筋力トレーニングは続けるのが難しいかと思います。なので無理のない範囲で、継続することをまずは第一の目標に行ってみてください。その小さな積み重ねが、数年後、肥満になってしまうかどうかの分かれ目になってくるのです。健康面にも効果的と言われているウォーキングからまずは始めてみましょう。

関連コンテンツ