粗食ダイエットで健康&綺麗に痩せるコツ!


粗食ダイエットは健康的にダイエットを行うために効果的なダイエット法です。わかりやすく言えば、昔の食事をイメージしてもらう感じで考えてください。まずは粗食を理解し、効率よくダイエットを行えるよう、そのやり方と注意点を解説していきます。

スポンサーリンク

粗食ダイエットってどんなダイエット法?

粗食ダイエットは読んで字のごとく、粗食をすることによって痩せることを目的としたダイエット法です。飽食の現代においては、もっと注目されてよいダイエット法なのかもしれません。

粗食ってどんな食事のこと?

粗食を辞書で引いて見ると「粗末な食事しかとらないこと、またそのような食事のこと」とあります。昔から腹八分目に医者いらずなどといわれますが、粗食が健康に良いことは経験則としても知られています。

粗食ダイエットのやり方って?

粗食ダイエットのやり方としては、具体的には以下のような食事をすることが一般的なようです。

・白米ではなく玄米に変える

粗食ダイエットをおこなう際には、白米ではなく玄米を食べるようにします玄米は栄養価が高いため、一汁一菜でも栄養的に見て事足りるとされています。

玄米と精米と発芽米

言い方が悪くなってしまいますが、そもそも白米とは玄米から栄養を取り去ったカスのようなものです。カスを漢字にすると「粕」となり、白米とも読めますね。

白米は玄米の胚芽や糠を取り去ったものですが、糠という文字には健康の「康」という字が含まれています。文字通り健康に資するお米ということなのです。

また、胚芽にはそこから芽が出て、花が咲いて、実が成るというパワーが秘められています。最近人気のスプラウトにも同様のことが言えます。

現代人は1日に30品目を摂らなければならないといわれていますが、それは栄養価の低い白米を食べているからです。昔の人が一汁一菜で元気でいられたのは、栄養価の高い玄米を食べていたからなのです。

・お肉は基本的に必要ない

粗食ダイエットをするときには基本的にお肉を食べません

必要なタンパク質は、魚や大豆製品などから摂ることが基本となります。

バツ印を出す女性

・無農薬で旬の野菜を食べる

粗食ダイエットをする場合、野菜は可能な限り無農薬の野菜を摂るようにします。

また、季節ごとの旬の野菜を積極的にとるように心がけるとさらに良いでしょう。

・食事はゆっくりと行い満腹にしない

腹八分目に医者いらずと言いますが、粗食ダイエットをする場合にも腹八分目、もしくは腹六分目程度で食事を終えることが重要とされています。

そのためにも、よく噛んでゆっくりと食べるようにしましょう。

▼腹八分目まで食事を摂ることはダイエットにも高い効果があるとされています。詳しくは以下もご覧ください。

腹八分目ダイエットを成功させるコツ!無理なく痩せ体質を手に入れよう!

玄米を口に運ぶ女性

・食品添加物はなるべく避ける

粗食ダイエットをする場合、買い物をするときには栄養成分表をチェックするようにしましょう。

増粘多糖類やタンパク加水分解物、果糖ブドウ糖液糖などは特に避けるように注意しましょう。

・精製された食品は摂らないようにする

粗食ダイエットをおこなう際には、小麦粉や精製された塩、砂糖などは摂らないようにします。

簡単に言うと、見た目が白い食べ物を避けるようにすれば良いということです。

粗食ダイエットで痩せられる根拠は?

粗食ダイエットのやり方を見ると、何故痩せられるのかがなんとなく理解できたのではないでしょうか。続いて、粗食ダイエットを行うとなぜ痩せられるのかについて詳しく解説していきます。

・糖質の摂取量が減らせる

粗食ダイエットで痩せられる最大の根拠が、糖質の摂取量を減らせるという点にあります。

かつてはカロリーの摂りすぎが太ってしまう原因と考えられていましたが、最近では糖質の方が太るファクターとして注目されているのです。

近年の研究によると、糖質を過剰に摂取したり、食事中に血糖値が急上昇したりすることが太ってしまう最有力の原因として指摘されるようになってきています。

糖質を摂取した場合、すい臓からインスリンが分泌され、糖質を分解して脳や身体が機能する際のエネルギーに変えられます。糖質がエネルギー源だといわれるのはそのためです。

ところが糖質の摂取量が過剰であったり、食事にともなって血糖値が急激に上がったりすると、インスリンによる糖質の分解が追い付かなくなってしまいます。

インスリンによって分解しきれなかった糖質は、細胞内に脂肪という形で蓄えられることとなり、緊急時にエネルギーとして使われることとなるのです。これが太ってしまうメカニズムであるということが分かってきているのです。

粗食ダイエットをおこなうと、糖質の摂取量を大幅に減らすことが可能となるため、太るリスクを低下させることができる訳です。

スポンサーリンク

・野菜をたくさん食べることになる

粗食ダイエットをおこなう際には、基本的に一汁一菜、それに魚や大豆製品、お漬け物などをプラスするという食事になります。そして、野菜をたくさん食べるという食習慣になります

野菜には不溶性の食物繊維が多く含まれていますが、不溶性の食物繊維は体内で水分を吸収して膨張するという特徴があります。

不溶性の食物繊維が胃の中で膨張すれば、満腹感を得やすくなるため食事の全体量を減らすことが可能となります。

また水分を吸収して膨張した食物繊維は、消化管内をゆっくりと移動していくことになります。それによって血糖値の上昇が緩やかになり、結果として脂肪が蓄えられにくくなるわけです。

粗食ダイエットをするときの注意点!

粗食ダイエットはとても健康的で、美容の観点からしても優れたダイエット法です。ただ、おこなうにあたってはいくつかの注意点というかコツがあります。

・過度の食事制限はおこなわない

粗食ダイエットはそもそも健康と美容のためにおこなうことであって、ただ単に体重を減らすことだけを目的としたダイエット法ではありません

健康的に美しくなる過程で、副産物として体重の減少がついてくるといった考え方でいるとよいでしょう。

・たまにはお肉も食べよう

ダイエットをするときにお肉を食べると太るからと敬遠する風潮がありますが、お肉には必須アミノ酸が含まれているので、週に1度や2度は食べるように心がけましょう

必須アミノ酸は体内で合成することができないので、食品から摂取するしかありません。そして、必須アミノ酸が不足すると、健康的に美しく痩せることができなくなってしまいます。

なぜなら、私たちの身体はアミノ酸からできていると言っても過言ではないのです。

・たまには息抜きの日も設けよう

ダイエットとは長期間にわたって体重のコントロールをおこなうことであり、言ってみればどのように生きたいかというライフスタイルでもあるわけです

長くダイエットを続けるためには、たまにはすきなものを食べたりドカ食いをしたりといったことも必要となります。

1日くらい食べすぎたとしても、それがすぐ脂肪に変わるようなことはありません。また長期間にわたってダイエット計画を立てることで、翌日に帳尻合わせなど余裕をもった対応が可能になります。

たまには気分転換を設けて、ダイエットを行うモチベーションを維持できるようにしましょう

粗食ダイエットで健康&綺麗に痩せるコツ!のまとめ

粗食ダイエットは身体にも良く、美しく痩せるためにはとても効果的なダイエット法です。粗食というと食事制限ばかりをイメージするかもしれません。ですが、身体にとってなにが必要かを知るためのダイエット法とも言えます。また粗食ダイエットをすると料理上手になれるというメリットもありますよ。

関連コンテンツ