早食いで太るって本当?早食いで太っている人のためのダイエット法!


早食いで太る人のためのダイエット法を紹介します。昔から「早食いは太る」と言われることもありますが、実際にそのようなリスクがあるのでしょうか。今回は早食いで太ってしまう有無の検証、そして効果的なダイエット法についてもあわせて解説していきます。

スポンサーリンク

早食いは太るって本当?

結論から言うと、早食いをすると太りやすいというのは本当です。より正確に言うなら、早食いをすることによって、太るリスクが高くなるといえます。それには2つの理由があります。

・満腹感を得る前に食べ過ぎてしまう

食事をすると満腹感を得られるものですが、食事を開始してから満腹感を得るまでには20分程度の時間が必要だとされています

私たちが食事をすると間脳の視床下部というところにある満腹中枢が刺激され、それによって満腹感を得ることが可能となります。

ところが、満腹中枢が刺激されるのは食事を開始してから20分程度を経過したのちだとされているため、早食いをしてしまうと、満腹中枢が刺激される前にたくさん食べてしまう可能性が高くなるのです。

特にお腹が空いているときなどにガツガツと早食いをしてしまうことで、太ってしまうリスクが高くなるという訳なのです。

・血糖値が急に上がる

お腹が空いているときは、白米や麺類、定食やどんぶりをかきこむイメージがあるのではないでしょうか。

早食いで太ってしまう原因として、血糖値が急激に上昇するということがあげられます。では、血糖値が急上昇するとなぜ太ってしまうのでしょうか。

血糖値が上昇すると、すい臓のランゲルハンス島という場所からインスリンが分泌されます。インスリンには糖質を分解して脳や身体が活動する時のエネルギーに変えてくれるという働きがあります。

そのため、糖質(炭水化物)はエネルギー源だといわれる訳なのです。そして、インスリンの分泌によって、血糖値が正常に戻ることとなります。

ただ、短時間の内に血糖値が急激に上がり過ぎてしまうと、インスリンによる糖質の分解が追い付かなくなってしまうのです。

そして、分解しきれなかった糖質は、脂肪へと形を変えて細胞内に蓄えられることなります。これが早食いによって太ってしまう原因の一つという訳なのです。

空腹時、ついつい急いで食べてしまいがちなピザやラーメンといった炭水化物は、血糖値を急激に上昇させてしまいます

早食いで太る人のダイエット法その1

糖質を制限する

それでは、早食いによって太ってしまっている人にお奨めのダイエット法を紹介していきたいと思います。まずは、糖質の摂取量を制限するという方法から見ていきましょう。

・糖質制限の重要性

さきほど、血糖値が急激に上昇するとインスリンによる糖質の分解が追い付かなくなり、結果として太ってしまうということを説明しました。

さらに詳しく述べるとするなら、血糖値の急上昇だけでなく糖質の摂取量が多すぎることによっても、太ってしまう可能性は高くなるのです。そのため、糖質の摂取量を制限することが重要となります。

・糖質制限の目安は?

現代人は平均すると1日当たり300g程度の糖質を摂取しているとされています。そのため、早食いによって太っている人は、まず糖質の摂取量を300g以内に戻すことから始めましょう

先程、早食いをするイメージとして麺類やどんぶり物をかきこむ姿をイメージしましたが、実際にラーメンは糖質の含有量が多い食べ物の代表となっています。

ラーメンに使われている中華麺は、200gあたりおよそ60gの糖質を含んでいるとされています。麺の他にも、スープや具材にも糖質は含まれていることを忘れないようにしてください。

替え玉をしたりご飯やチャーハンを一緒に食べたりすれば、さらに糖質の過剰摂取+血糖値の急上昇という太るための方程式を満たしてしまうこととなるのです。

糖質制限をおこなうには、まずは自分が1日当たりどれくらいの糖質を摂取しているのかを知ることがもっとも重要となります。そこから食習慣の見直しを始めましょう。

早食いで太る人のダイエット法その2

野菜を食べる

早食いで太る人のダイエット法としては、野菜を食べるというシンプルな方法があげられます。この食事法は、ベジファーストダイエットなんて言われたりもします。では、なぜ野菜を食べると太りにくくなるのでしょうか。

・お腹を膨らませる

どうせ早食いをしてしまうのであれば、野菜をたくさん食べるようにするとよいでしょう。野菜には食物繊維が多く含まれています。中でも、不溶性の食物繊維が多く含まれているという特徴があります。

不溶性の食物繊維はその名の通り、水分に溶けないという特徴があります。そのため、野菜をたくさん食べると、胃の中で不溶性の食物が水分を吸収して膨張することで、満腹感を感じやすくなるのです。

・血糖値の上昇を緩やかにする

野菜をたくさん食べることにはもう一つメリットがあります。それは、野菜を食べることによって血糖値の上昇を緩やかにすることが可能となっているのです。

血糖値の急激な上昇が太るリスクを高めることは先述した通りなので、食べながらもダイエットをしたいという人には、野菜をたくさん食べることをお奨めします

特に効果的なのが、食事の最初に野菜を食べるという方法です。それによって、さらに満腹感を得やすく、また血糖値の上昇を緩やかにして太るリスクを低下させることが可能となります。

早食いで太る人のダイエット法その3

食事の仕方を変える

早食いによって太っている人は、根本的に食事の仕方を変えることも重要となります。そのための方法について見ていきましょう。

・味わって食べる

ついつい早食いをしてしまうという人は、一度思い切ってものすごく高価なステーキを食べるなどして、味わって食べるということを覚えてみるのも一つの作戦ではないでしょうか。

早食いの人は何でも数分で食事を終えてしまうかもしれませんが、その数分で何万円分の食品を用意したら自然と食べるペースが落ちるのではないでしょうか。日常の食事でも、味わって食べることを意識しましょう

・楽しみながら食事をする

早食いを防ぐには、楽しみながら食べることも一つの手です。友人やパートナー、家族との会話を楽しみながら食事をすれば、自然と食べるペースを抑えることが可能となります

みんなで食事をしているのに、脇目も振らずガツガツ食べるようなことはあまりないと思うので、早食いによって太っているような人は、誰かと食卓を囲むようにすると良いでしょう。

早食いで太るって本当?早食いで太っている人のためのダイエット法!

早食いで太るとよく言われますが、それは本当のことです。そして早食いはただ太るだけではなく、胃腸にかかる負担を増やしてしまうことにもなります。将来の健康のためにも、よく噛んでゆっくり食事を摂るように心がけることが大事です。

スポンサーリンク