長期間で行うダイエット法4選!いつまでも維持し続けるために必要なこととは?


長期間でダイエットを行う方法として、おすすめの方法を4つ紹介していきます。ダイエットについての記事を調べると、2週間で〇キロ痩せられるだとか、1か月で〇キロ痩せるといったものをたくさん見かけるかと思います。ですがそのダイエット法の多くはあまり効果がないものだったり、リバウンドや体への危険性が高いものなのです。長期間引き締まった身体を維持するには、やはりそれなりのコツがあると言えます。早速詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

長期間でダイエットを行う方法その1

筋力トレーニング

もしあなたが、長期間にわたってスリムで引き締まった身体を維持したいと考えているのであれば、筋力トレーニングに勝るダイエット法はないと言っても過言ではありません。

筋力トレーニングのメリット①

基礎代謝の向上

筋力トレーニングには、ダイエットを継続するにあたって重要なメリットがあります。その一つが、基礎代謝を向上させることができるという点です。

・基礎代謝とは?

基礎代謝とは、私たちが特に意識をしていなくても、1日の間に消費されるエネルギー(カロリー)のことをいいます。意識をしていなくてもというのは、言い換えるならば勝手に消費されるということでもあります。

たとえば、私たちは特に意識をして呼吸をしている訳ではありませんよね。呼吸をするときには肺が収縮したり横隔膜が上下したり、肋間筋が収縮したりするわけですが、そういったことにエネルギーが使われているのです。

また、内臓が働くときにもエネルギーは使われます。消化や吸収、血液の循環、体温調節や排尿・排便などなど、生命活動を維持するために身体の各機関は日夜、勝手に働いてくれているのです。そして、そういった活動に使われるカロリー消費のことを基礎代謝と呼んでいるのです。

私たちが1日の間に消費するカロリーの実に60%以上が基礎代謝だといわれています。このことから、基礎代謝を上昇させることが、いかにダイエットにとって必要かが分かることと思います。

基礎代謝のうち、筋肉の占める割合は22%といわれています。筋肉もまた、意識をしていないときにも働いてくれています。

たとえば、心臓に血液を送り返すのは筋肉の収縮作用(筋ポンプと言います)によっておこなわれますし、体温を発するのも筋肉の役割です。筋肉質な欧米人が冬でも薄着でいられるのは、筋肉量が多いからだといわれています。

こういったことを総合的に勘案すると、長期間でダイエットを行う方法としては筋力トレーニングが優れていると言えます。

スポンサーリンク

・筋トレで基礎代謝を向上させることへの批判

ただ、筋肉をつけて基礎代謝を上げようという説明に対しては、「筋肉なんてそう簡単につけられない」という批判もあります。確かに筋肉をつけるプロであるボディビルダーであっても、1年に付けられる筋肉量はせいぜい2kgから3kgだといわれています

筋肉が2kgや3kg増えたくらいで、1日に消費するカロリーは対して変化しないというのが否定論者の主張ですが、これに関しては筋肉量が増えるメリットに対する認識が不足しているといわざるを得ません。

どんなメリットがあるのか、続けてみていきましょう。

筋力トレーニングのメリット②

脂肪燃焼効率の向上

筋トレでは基礎代謝がたいして上がらないと主張している人は、筋力アップすることによって脂肪の燃焼効率が上昇することを見落としている可能性があります。

筋力トレーニングをおこなったあとには、基礎代謝が向上しやすい時間帯が48時間も続くといわれています。つまり、筋力トレーニングをおこなうだけで、痩せやすい状態になるということなのです。

さらに筋肉量が増えれば増えるほど、同じ時間だけ有酸素運動をした際の消費カロリーが増えることも分かっています。つまり、筋トレをすることによって痩せ体質を得ることが可能という訳なのです。

確かに、筋肉をつけるのには時間がかかるかもしれません。だからこそ、長期間でダイエットを行う方法として筋力トレーニングが重要となるのです。

食事制限によって体重を落としたところで、筋肉が落ちてしまえばすぐにリバウンドしてしまいます

筋力トレーニングのメリット③

見た目痩せ

筋力トレーニングのメリットとしては、見た目痩せができるということもあげられます。適度に筋肉をつけることは、美ボディを得るといった観点からしても有効です。

筋力トレーニングというと、多くの女性が「筋肉がついてムキムキになるからイヤだ」などと言って敬遠する傾向があります。ただ、これは非常にもったいない考え方なのです。

なぜかというと、女性は体質的に見てよほどハードに追い込まない限り、ムキムキにはなれないからです。ならないのではなくて、なりたくてもなれないといった方が正確でしょう。

見た目痩せのもっとも分かりやすい例はバレリーナではないでしょうか。遠目にはとても均整のとれてスリムなバレリーナですが、実際に近くで見てみるととても筋肉質であることが分かります。

それもそのはずで、舞台上でクルクル回転したりとび跳ねたり、男性の肩に乗ったりといったアクロバティックな動きが要求されるのですから、当然それだけの筋力が必要となるわけです。

ただバレリーナがムキムキに見えないのは、非常に均整のとれた筋肉の付き方をしているからです。つまり、メリハリのあるボディであるということです。出るところは出て、引っこむところは引っこむ。これが見た目痩せの基本です。

長期間でダイエットを行う方法その2

ストレッチ

ダイエットを長期間行うことを考えた場合、ストレッチも重要なダイエット法といえます。なぜなら、ダイエットとは健康と美容のためにおこなうものだからです。

ストレッチのメリットとしては、まず血行を促進するということがあげられます。血液は全身に酸素と栄養を運んでいるので、血行がよくなった場所は栄養状態が改善することとなります。

お肌の血行がよくなればターンオーバーが活性化され、美肌効果を期待することができますし、内臓への血行がよくなれば、身体の内側から美容効果を得ることも可能となります。

また、ストレッチにはリラクゼーション効果もあります。筋肉を気持ちよく伸ばすことによって副交感神経が優位になり、血管が拡張して血圧が下がります。それによって質のよい睡眠を得ることも可能となります。

長期間でダイエットを行う方法その3

食習慣の改善

ダイエットを長期間行う際には、食習慣の改善もあげられます。私たちの身体は食べ物によってできているので、食べるものについて長い目で見て考えることも重要です。

食事制限によるダイエットはいろいろありますが、その多くがダイエットに関して短期的な視点でしかとらえていません。

ダイエットをおこなう際には、長期にわたって体重管理が必要だということを忘れないようにし、そのために食習慣自体を改善するようにしましょう。一つの食品しか食べないことや、過度な食事制限は禁物です。

長期間でダイエットを行う方法その4

有酸素運動

長期間、体重を管理するためには、有酸素運動を行うクセをつけることも重要です。なにも長距離を走る必要はありません。日常的に歩く機会を増やしたり、階段を使ったりするクセをつければ良いのです。

たったそれだけのことと思われるかもしれませんが、その少しを1年に換算すると相当な消費カロリー数となり、それが5年後や10年後に大きな違いとなって現れるのです。

▼長期でダイエットを行う際には大幅に脂肪を落とすことも可能です!以下の記事も参考にしてください。

10キロ痩せる方法なんてあるの?大幅に体重を減らす方法とその注意点について!

長期間で行うダイエット法4選!いつまでも維持し続けるために必要なこととは?のまとめ

ダイエットというと短絡的な食事制限ばかりが注目されがちとなりますので、今回は筋力トレーニングをメインにして4つのダイエット法を紹介しました。長期間のダイエット法とはすなわち、筋トレや食習慣の改善などを当たり前のように行えるよう、癖付けることが大事となってきます。未来の自分に投資するという感覚で継続できるようにすると良いでしょう。

関連コンテンツ