冬にオススメのダイエット法3選!寒い季節ほど痩せるチャンス大!


冬にオススメのダイエット法をご紹介していきます!!冬になると寒くて外に出かけたり運動をしたりするのがおっくうになりますが、実は寒いシーズンほどダイエットをするのに最適だったりするんですよ。では、なぜ冬がダイエットをするのに効果的なシーズンと言えるのでしょうか。また、冬ならではのダイエット法についても紹介したいと思います。

スポンサーリンク

冬はダイエットの最適なシーズン?

ダイエットをするのであれば、夏場にたくさん汗をかいた方が効果的だと思われるかもしれませんが、それは大きな間違い。実は、冬場こそがダイエットに最適なシーズンなのです。

・夏太りの原因

冬場がなぜダイエットをするのに最適なシーズンかを説明する前に、なぜ夏はダイエットに向いていないシーズンなのか、また夏太りをする原因について見ていきましょう。

夏太りをしてしまう原因の一つは、暑いからと言って水分を摂りすぎてしまうからです。要するに、ただの水太りという訳ですね。

▼水太りの解消方法については以下の記事もご覧ください。

水太り解消方法に効果的な5つのやり方!特に女性におすすめ!

また、夏になると冷たいものを飲んだり食べたり、エアコンがガンガン効いた部屋にいたりと、身体を冷やすリスクが高くなります。

気温は当然ながら冬の方が低いのですが、冬場は温かい格好をしたり暖房を入れたりと、意外と体自体は夏よりも冷えていないことがあります。

身体が冷えると血液の循環が悪くなります。そして、血液が全身に酸素と栄養を運んでいることら、血行不良がおこった場所は栄養状態が低下することとなります。

特に、夏場は冷たい飲み物や食べ物によって胃腸を冷やすことが多くなるので、胃腸への血行が悪くなって栄養状態が低下し、消化や吸収能力が低下することとなります。これも夏太りをしてしまう原因となります。

スポンサーリンク

・冬に痩せやすい理由

次に、夏に比べてなぜ冬が痩せやすいシーズンなのかについて見ていきましょう。ひとつには、身体を積極的に温めることが多いので、血行をよくして栄養状態を改善しやすいということがあげられます。

もう一つの理由としては、寒い季節には体温を上げるだけでもカロリーを消費するということがあげられます。体温を上げるのは自律神経の働きによります。

自律神経とは、特に私たちが何も意識しなくても、勝手に働いてくれている神経のことをいいます。

もちろん、夏の暑いときに体温が上がったときにも自律神経は働きます。交感神経が優位になることで汗をかき、その気加熱によって体表から熱を奪うことによって体温を下げる訳です。

ただ、エアコンの使用量を考えてもらうと分かりやすいと思うのですが、夏場よりも冬場の方が、エアコンの使用量が高い傾向にありますよね。

なぜかというと、なにかを冷やすときよりも、なにかを温めるときの方がより大きなエネルギーを必要とするからです。

体温に関しても同じことが言えます。夏場に体温を下げるときよりも、冬場に体温を上げるときの方がたくさんのエネルギー、すなわちカロリーを消費するわけです。

そのため、たとえばウォーキングやジョギングをするときにも、夏場よりも冬場の方が効率的にカロリーを消費できることとなるので、ダイエット効果も高くなるという訳なのです。

冬にオススメのダイエット法その1・有酸素運動

冬にオススメのダイエット法といえば、なんといっても有酸素運動がその筆頭にあげられるでしょう。有酸素運動とは、筋肉に軽度から中等度の負荷をかけ、長時間にわたっておこなう運動のことをいいます。

・有酸素運動の効果

有酸素運動の効果は、ひとことで言うと脂肪燃焼効果です。有酸素運動を開始すると、はじめは血液中の糖分がエネルギーに変えられますが、糖分がなくなると、今度は体脂肪を燃焼させてエネルギーに変えようとします。

これが、有酸素運動によって痩せられる仕組みとなっているのです。有酸素運動によって体脂肪の燃焼がおこるまでには20分程度かかるとされているので、冬場に有酸素運動をする際には20分以上おこなうようにするとよいでしょう。

・冬場に有酸素運動をするメリット

冬場に有酸素運動をするメリットとしてはまず、冬場は気温が低いので体温を維持したり体温を上げたりすること自体にエネルギー(カロリー)消費が起こることとなるということがあげられます。

また、冬場の方が長時間にわたって有酸素運動をしやすいというメリットもあります。最近は日本も亜熱帯化しているので、真夏の酷暑の中ウォーキングやジョギングをするのはつらいばかりか危険でもありますよね。

その点、冬はウォーキングやジョギングによって身体がぽかぽかと温まり、長時間にわたって有酸素運動をおこなうことが可能となります。それによって、さらに脂肪燃焼効果が高まるという訳なのです。

冬にオススメのダイエット法その2・鍋を食べる

冬にオススメのダイエット法としては、鍋を食べるといったこともあげられます。鍋を食べると言っても土鍋や鉄鍋を食べるのではなく、鍋料理を食べるということです(当たり前だ!)。

鍋料理を食べるメリットとしては、たくさんの野菜を無理なく食べられるということがあげられます。野菜をたくさん食べると体にいいというだけでなく、食物繊維の働きによって、血糖値の上昇を抑えることが可能となります。

そもそも、私たちが太ってしまう原因はただの食べすぎではなくて、糖分の摂りすぎや血糖値の急激な上昇であることが、最近の研究によって分かってきています。

野菜には不溶性の食物繊維が多く含まれていますが、不溶性の食物繊維には保水性が高いという特徴があり、胃から腸へとゆっくりと流れていきます。ゆっくりと流れることによって、血糖との上昇が緩やかになり、その結果太りにくくなるという訳なのです。

また、食物繊維が胃の中で水分を吸収して膨張すると、おなかがいっぱいになるのが早くなります。しかも、鍋料理は熱いのでガツガツ食べるようなことができません。

結果として、たくさんの野菜をゆっくりと時間をかけて食べることになるので、食べる量自体も少なく、しかも満足感を得ることが可能です。まさに、冬ならではのダイエット法と言えます。

冬にオススメのダイエット法その3・足を温める

冬場になると足が冷えやすくなりますが、足の冷えはダイエットにとって大敵です。足は第二の心臓といわれることからも分かるように、全身の血液循環にとって大きな働きをしています。

というのも、心臓には血液を送り出す働きしかないので、身体の各部の筋肉を収縮させて心臓へと血液を送り返す必要があるからです。中でもふくらはぎの筋肉は、心臓から最も離れた場所にある大きな筋肉であり、しかも重力に逆らって血液を上方へ送り返さなくてはなりません。

足が冷えてしまうと筋肉が収縮して血管を圧迫してしまうため、血液を送り返す力が弱くなってしまいます。その結果として全身の栄養状態が低下したり、足がむくんで太く見えてしまったりするのです。

そのため、冬場には意識して足を温めることが重要となります。普段からなるべく湯船につかるなどして、足を温めるように心がけましょう。また、足がつかれたりむくんだリしている場合には、マッサージや整体でほぐしてもらうのも一つの手です。

冬にオススメのダイエット法でライバルに差をつけよう!

冬にオススメのダイエット法3選!寒い季節ほど痩せるチャンス大!のまとめ

春になって軽装になったとき、冬をどう過ごしたかの差が出てきます。夏の薄着に備えるのは、春からでは間に合いません。冬の間からダイエットをおこなうことで効果的に痩せて、ライバルに差をつけましょう!

関連コンテンツ