腹巻ダイエットなんてウソばっかり!腹巻の汚名返上のために考えてみた!


腹巻ダイエットの真実についてご紹介していきます!ダイエットが大好きで、ダイエットに失敗ばかりしている日本人のために、ダイエット業界では日夜、次から次へと新たな商品を開発、販売しています。腹巻ダイエットもその一つです。腹巻をすることでビックリするくらいのダイエット効果が得られるというのですが、本当なのでしょうか?腹巻の名誉のためにも、ダイエット産業にひとこと物申したいと思います。

スポンサーリンク

腹巻ダイエットとは?

腹巻は昔からお腹の弱い人が、おなかを冷やさないように巻いていたものです。ところが2015年に、「人気整体師」の松山秀範さんという方が、「妻にささげるダイエット腹巻き」をプロデュースしたところ、にわかに口コミなどで腹巻ダイエットが広まったということなのです。

それ以外にも、出産後に腹巻を巻くことで骨盤のゆがみを解消して痩せやすくとか、腹巻で代謝を上げてウェストのくびれを手に入れようなど、いろいろなことがいわれています。

ハッキリいって、腹巻にダイエット効果なんてありません。そして、腹巻は何も悪くありません。ダイエット産業に腹巻を引きずり込んだ人こそ責められるべきでしょう。

では、腹巻ダイエットのウソについて見ていきたいと思います。

▼他にも怪しげなダイエット方法について言及したサランラップについての記事は以下をご覧ください。

サランラップダイエットの驚きの効果と痩せる原理とは?

腹巻ダイエットのウソその1・ダイエットとは規定食

腹巻ダイエットはその言葉からして自己矛盾しています。なぜなら、ダイエットとは健康と美容のためにおこなうものであって、具体的には食事の量をコントロールしたり、食習慣を見直したりすることだからです。

腹巻はあたり前ですが食べ物ではありません。そのため、「腹巻」と「ダイエット」をくっつけること自体が論理破たんしているのです。

ただ、最近ではダイエッと=痩せるという意味で用いられることがあるので、この点に関してはまあ大目に見たいと思います。

腹巻ダイエットのウソその2・骨盤はゆがまない

腹巻ダイエットで痩せられる根拠の一つとして、ゆがんでしまった骨盤を元に戻すということがあげられています。これが2つ目のウソです。なぜなら、医学的に骨盤はゆがむようなことがないからです。

骨盤はいくつかの骨が組み合わさってできていますが、それぞれの骨は成長にともなって癒合していたり、靭帯によって強固に結合されたりしています。

生まれたときから奇形であったり、よほどの強い外力(交通事故や転落など)が加わったりしない限り、骨盤がゆがむようなことはありません。

だから、骨盤がゆがむことで太りやすくなるというのもウソですし、骨盤がゆがむことで代謝が低下して太りやすくなるというのもウソです。

スポンサーリンク

これからダイエットをしたい人は、骨盤がゆがむと宣伝している商品や治療院は絶対に利用しないようにしましょう。時間とお金の盛大な浪費となります。

ただ、ちょっとダイエットや人体の仕組みをかじった人が「骨盤にある仙腸関節は可動関節だ」などということがあります。仙腸関節とは、骨盤の中央部にある仙骨と、両サイドにある腸骨によって構成される関節のことを言います。

確かに、仙腸関節は数年前に、医学的にも可動関節であることが認められました。ただ、仙腸関節が動くと言ってもほんの数mmのことです。

この数mmのゆがみが腰痛や股関節痛の原因となることは確かにありますが、腹巻でそのゆがみが直るとは到底思えません。それは、仙腸関節の治療ができるお医者さんが日本に数十人しかいないことでも明らかです。

腹巻ダイエットのウソその3・汗をかいても痩せません

腹巻ダイエットをすると、おなか周りから発汗するので、ウエストがすっきりするなどといわれることもあります。もういい加減にしてほしいのですが、汗をかいて体重が減ったとしても、そんなものは一時的な効果に過ぎません。

水分を摂れば元通りになりますし、汗をかきすぎれば体内のナトリウム量が減少し、かえって身体の不調を招くことがあるのは熱中症でもよくご存知のことと思います。

また、汗をかくことでデトックスができるなどと説明されることがありますが、汗をかいてもデトックスはできません。デトックスに関しても、医学的にみて何の根拠もないことが明らかになっています。

腹巻ダイエットのウソその4・加圧トレーニングと同じような効果はない

腹巻ダイエットに関しては、加圧トレーニングと同じ効果が得られるとするものがあります。もし、加圧トレーニングと同じ効果のあるような腹巻があるとしたら、怖くて手が出せません。

なぜなら、加圧トレーニングは血液の循環をあえて悪くすることによって、筋トレの効果を上げるトレーニング法だからです。

腹巻ダイエットをする場合、寝ている間ずっと巻いているように推奨されることがありますが、一晩中血液循環が悪くなったらどうなるかは自明の理だと思います。

腹巻ダイエットをした人の多くが、その感想として「お腹が圧迫されて苦しい」「お腹が苦しくて食べられない」などと言っています。これだけ見ても、とても健康的なダイエット法とは言えませんよね。

腹巻ダイエットのウソその5・責任者出て来い!

冒頭で述べた「妻に捧げるダイエット腹巻」ですが、商品名や開発会社(フレッシュ&ビューティー)、そして「人気整体師の松山秀範さん」とやらを検索しても、一切でてきません。

もともと妻に捧げるダイエット腹巻は折り込みチラシで紹介・販売されていたそうですが、インターネットが当たり前になった現在、ホームページもないなんてあり得ないですよね。

いまどき個人の整体院の院長であっても、「名前+整体院」で検索すればヒットするものです。また、そんな怪しげな商品を買う人も買う人だといわざるを得ません。

しかも、妻に捧げるダイエット腹巻は2枚組で19,800円也。そして8日間の返品保証がついているそうです。いったい8日間でどれくらいのダイエット効果が得られるというのでしょうか。

腹巻ダイエットのウソその6・外から温めても基礎代謝は上がらない

なぜダイエットをする人、そしてダイエットに失敗する人は代謝という言葉に弱いのでしょうか。「基礎代謝を向上させてダイエット効果アップ!」なんて言われると、「これだ!」と簡単に飛びついてしまいます。

痩せるために必要なことは、運動と食事制限だけです。腹巻にはなにも非はありませんが、腹巻ダイエットの根拠としてあげられていることは、何のエビデンスもないことばかりです。

ダイエットに成功したいのであれば、最低限なにをする必要があるのかを調べてからにしましょう。

腹巻の本当の効果とは?

腹巻の本当の効果は、外部からの冷えに対抗することです。冬になると外気温が下がるため、腹巻をすることによって、体温を奪われないようにするのです。

また、現代では夏でもクーラーによる冷えで、おなかの調子を崩してしまうことがあります。最近では夏用のシルクの腹巻などもあり、それによってお腹の不調を回避することが可能となっているということです。

つまり、腹巻は外部からの冷えに対抗するための手段であって、腹巻を巻いたからと言って体内の熱生産量(カロリー消費)が上がる訳ではないということです。

腹巻ダイエットで痩せるのは難しいでしょう

腹巻ダイエットなんてウソばっかり!腹巻の汚名返上のために考えてみた!のまとめ

今回はいつになく辛辣な記事になってしまいましたが、それもこれもみなさんがダイエット産業に騙されないよう、正しい情報を提供したかったからなのです。ダイエットのこととなると、普段は冷静な思考ができる人でも簡単に落とし穴に引っかかってしまうことがあります。新たなダイエット法を試すときには、半歩下がって、本当に効果があるのか検討してから始めるようにしてくださいね。

関連コンテンツ