腹八分目ダイエットを成功させるコツ!無理なく痩せ体質を手に入れよう!


腹八分目ダイエットを成功させる方法についてご紹介していきます!昔から「腹八分目に医者いらず」などといわれるように、満腹まで食べずに腹八分目に留めておくことは、身体にとってよいことであると考えられています。そして、ダイエットをするときにも腹八分目にしてくことが重要となります。では、腹八分目ダイエットを成功させるためには、どのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。

スポンサーリンク

腹八分目ダイエットってどんなダイエット法?

腹八分目ダイエットとはその名の通り、食事の量を、満腹を感じる手前の腹八分目程度にしておくことで、体重を減らすことを目的としたダイエット法のことを言います。

腹八分目に医者いらずといわれるように、満腹を感じるまで食べないことによって、胃腸にかかる負担を減らし、ダイエット効果を得られるとされています。

腹八分目ダイエットのコツその1・ゆっくりと食べる

それでは早速ですが、腹八分目ダイエットを成功させるコツについて見ていきたいと思います。トップバッターは食事をゆっくりと、時間をかけておこなうということです。

たくさん食べてしまう人の特徴として、早食いであるということがあげられます。食べた後に「お腹が苦しい」などという人は、早食いで食べ過ぎてしまっている可能性があります。

なぜこのようなことが起こるかというと、満腹中枢というものの存在があるからです。脳の下垂体という場所にある満腹中枢は、食事をすることで満腹を感じると「もう充分食べたよ」というサインを出します。

ところが、満腹中枢が刺激されるのは、食事を開始してから20分ほどが過ぎてからだといわれています。そのため、早食いをしてしまうと、満腹中枢が刺激される以前に食べ過ぎてしまう結果となるのです。

腹八分目ダイエットを成功させるためには、ゆっくりと時間をかけて食事をすることが重要となります。そのためにも、食事は楽しんでおこなうようにするとよいでしょう。

家族や友人、パートナーとの会話を楽しみながら食事をするように心がけ、満腹感を感じたらそこで食事を終えるようにしましょう。

腹八分目ダイエットを成功させるコツその2・野菜をたくさん食べる

腹八分目ダイエットを成功させるコツとしては、野菜をたくさん食べるということもあげられます。野菜には一般的に食物繊維が多く含まれています。

食物繊維には水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維とがありますが、野菜にはその内の不溶性の食物繊維が多く含まれている傾向があります。

不溶性の食物線維はその名の通り、水分に溶けないという性質を有しています。そのため、野菜を食べると胃の中で水分を吸収して、食物繊維が膨張することで、満腹感を感じやすくなるのです。

また、食事の最初に野菜を食べることによって、食事による血糖値の上昇を緩やかにすることも可能となります。

かつてはカロリーの摂り過ぎが太ってしまう要因だとされていましたが、近年の研究によって、血糖値の急上昇や糖質の過剰摂取が太る原因だということが分かってきています。

食事の最初に野菜を食べることによって、血糖値の上昇を抑え、脂肪が付くにくくすることが可能となるという訳なのです。

腹八分目ダイエットを成功させるコツその3・歯応えのあるものを取り入れる

腹八分目ダイエットをしたいのについつい食べ過ぎてしまうというような人は、食事メニューの中に、歯応えのあるものを取り入れるようにするとよいでしょう。

お肉は霜降りではなく赤身にし、ご飯も固めに炊くなど工夫するとよいでしょう。漬けものなどを食事メニューに加えるのもよいでしょう。

咀嚼回数が増えることによって、脳は食べたという実感を得るようになりますし、唾液の分泌量が増えるため、胃腸の消化機能を助けることにもつながりますよ。

スポンサーリンク

腹八分目ダイエットを成功させるコツその4・満腹指数の高い食品を食べる

あまり耳馴染みのない言葉かもしれませんが、食べ物には満腹指数といわれる指標があり、同じ量を食べても満腹感を得やすいとされる食品があるのです。

満腹指数は、食パンを100とした場合に、その他の食べ物がどの程度の満腹感を得られるかという指標となっています。

そして、満腹指数がもっとも高い食品はジャガイモだということです。ジャガイモを食べると太ってしまうようなイメージがありますが、実際にはそうではありません。

ジャガイモはレジスタントスターチといわれるでんぷん質を含んでいます。レジスタントスターチは日本語でいうと、難消化性でんぷんということです。

文字通り、消化されにくいでんぷん質なので、ジャガイモをご飯の代わりにすることによって、満腹感を得ながらもダイエットをすることが可能となります。

ジャガイモの満腹指数は323とされており、食パンと比べた場合、3倍以上の満腹感が得られるということです。その他の食品に比べても、ジャガイモの満腹指数は圧倒的に高いです。

次に満腹指数の高い食品が、意外なことにお魚だということです。特に青魚はDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を含んでおり、身体によいことが分かっています。

あと、小腹がすいた時におすすめなのがゆで卵です。ゆで卵の満腹指数は150となっており、食パンを食べるよりも満腹感が得やすいとされています。

▼ゆで卵をダイエットに利用する場合は以下の記事もご覧ください。

ゆで卵ダイエットって痩せられるの?完全栄養食品の底力をご紹介!

また、卵はビタミンCと食物繊維を除く全ての栄養素を含んでおり、そのため完全栄養食品といわれています。ダイエットをするときには栄養バランスが乱れがちなので、卵は積極的に摂取したい食品の一つでもあります。

腹八分目ダイエットを成功させるコツその5・箸を置く癖をつける

たくさん食べてしまう人の特徴としては、常にお箸を持ったままということがあげられます。お箸を常に持っていると、次々と口の中に食べ物を運んでしまうリスクが高くなります。

そのため、食卓には必ず箸置きを用意するように心がけましょう。そして、一口分のおかずやご飯を口に運んだら、箸を置くようにクセをつけましょう。

腹八分目ダイエットを成功させるコツその6・盛り付けを工夫する

見た目も味の内などと言われますが、盛り付けを工夫することによって、脳に「たくさん食べた」と感じさせることが可能となります。

オシャレなレストランなどの盛り付けを参考にするとよいのですが、基本的にはお皿の中心に高さを出して盛り付けるということが基本となります。

たとえばパスタをお皿に盛りつけるのであれば、トングなどでひねりながら、お皿の中心に高さを出して盛り付けるようにしましょう。

ただ雑然と盛り付けるよりも量があるように見えますし、なにより美味しそうに見えます。人間は美味しいものは時間をかけて味わいたくなるものですから、料理をする際には盛り付けにもひと工夫してみましょう。

腹八分目ダイエットを成功させるコツその7・食事をいったん休止してみる

腹八分目がダイエットをするときに効果的であることや健康によいことは分かっていても、実際に腹八分目がどれくらいかわからないという人もいらっしゃることと思います。

その場合、ある程度食べたなと思ったら、いったん食事を休止してみましょう。食事を共にする相手がいれば、会話を楽しむなどするとよいでしょう。

いったん休んでいるうちに満腹感を感じ始めれば、それが腹八分目のサインです。満腹感を感じるには時間がかかるということを忘れないようにしましょう。

腹八分目ダイエットで健康的に痩せよう!

腹八分目ダイエットを成功させるコツ!無理なく痩せ体質を手に入れよう!のまとめ

腹八分目ダイエットのメリットは、なんと言っても食事をちゃんと摂れるということです。食事制限ダイエットはリバウンドの危険性が高いので、腹八分目ダイエットで食事をしながらもダイエットを成功させてくださいね!

関連コンテンツ