洋ナシ体型を解消ダイエット!骨盤のゆがみのウソとホントもご紹介!


洋ナシ体型を解消ダイエットについてご紹介します!ダイエットをしたいという人はさまざまで、痩せたい場所もいろいろだと思います。洋ナシ体型の場合は、お腹周りから下半身にかけてのラインが一番の悩みだと思います。洋ナシ体型になってしまう原因にはいろいろありますが、その内の一つが「骨盤のゆがみ」といわれています。確かに骨盤が影響することはあるのですが、世間的にいわれていることには誤りも含まれています。今回の記事では、洋ナシ体型になってしまう原因とその対処法、そして骨盤のゆがみといわれるものの真実に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

洋ナシ体型ってなに?

洋ナシ体型とは、洋ナシのような形をした、上半身は太っていないのに、お腹周りから下半身にかけて太っていることを言います。男性にも見られるのですが、特に女性に多いことが知られています。

なぜ男性よりも女性に多く見られるのかというと、一つには男性よりも女性の筋力が弱いということがあげられます。また、出産などがきっかけとなって洋ナシ体型に移行してしまうこともあります。

洋ナシ体型になる原因って?

洋ナシ体型を解消ダイエットについて解説する前に、まずはなぜ洋ナシ体型になってしまうのかについて見ていきたいと思います。ダイエットを成功させるためにはまず、原因を知っておくことが重要です。

・糖質の摂りすぎ

かつては、太ってしまう原因というとカロリー摂取の過多ということがいわれていましたが、近年になって、太ってしまう原因が、実は糖質の摂りすぎだということが分かってきています。

巷でも炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットなどがおこなわれていることからも分かるように、糖質(炭水化物)が太る原因だとされています。

なぜ糖質を摂りすぎると太ってしまうのかというと、それは糖質が脂肪へと変わってしまうからです。糖質は体内でインスリンによって分解され、私たちの活動エネルギーとなります。

そのため、炭水化物(糖質)はエネルギー源だといわれるのですが、糖質の摂取量が多すぎると、インスリンが分解しきれなくなって、脂肪という形で細胞内に取り込まれてしまうのです。

これが太ってしまう最大の原因とされています。そして、脂肪がもっとも付きやすいのが、ご存知の通りお腹周りやおしり、太ももといった場所なのです。これが洋ナシ体型になる理由なのです。

・骨盤のゆがみ

洋ナシ体型になってしまう原因としては、骨盤がゆがんでしまうからだということもよく言われます。特に女性は出産などを期に、洋ナシ体型に移行することがよくあります。

ところが、巷でよく言われている骨盤のゆがみは、誤った情報も多く含んでいます。そのため、骨盤のゆがみについて正しい知識を得ることが重要となります。

骨盤のゆがみのウソ!ホント?

「洋ナシ体型を解消ダイエット」をおこなうためには、骨盤のゆがみについて正確に理解しておくことが重要です。無駄な時間とお金を使わないためにも、ぜひご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク

・骨盤は原則としてゆがまない

骨盤は原則としてゆがみません。こんなことをいうと「え~、ウソでしょ!」と思われるかもしれませんが、そんな方はかかりつけのお医者さんにでも聞いてみましょう。

きっと鼻で笑われるか、人によっては怒り出すかもしれません。お医者さんの中には東洋医学が大嫌いという人もいますからね。東洋医学をちゃんと理解している人であれば、骨盤がゆがむなんてことは言わないんですけどね。

骨盤はいくつかのパーツからできていて、それぞれががっちりと靱帯でつながっています。そのため、よほどの外力が働かない限り(交通事故など)骨盤がゆがむなんてことはあり得ません。

確かに、女性は妊娠・出産期に一時的に骨盤の靱帯が緩むことがあります。ただ、出産後にはすみやかに元に戻っていきます。そうでないと、歩くこともままなりませんからね。

▼骨盤矯正で得られるダイエット効果については間違いも多々あります!以下もご覧ください。

骨盤矯正ダイエットの落とし穴!歪みを直しても痩せないって本当!?

・内臓が下がることはない

骨盤がゆがむことによって内臓が下にさがって、それでお腹がぽっこりとして見えてしまうなどという解説をしているサイトなどがありますが、内臓はお腹の中でプカプカ浮かんでいる訳ではありません。

内臓はその他の臓器や筋肉などと、筋膜といわれる膜でつながっています。そのため、骨盤のゆがみがあったとしても、内臓が骨盤内にさがってくるようなことはありません。

内臓の位置をあげるために、逆立ちをするというダイエット法があるのですが、これによって内臓が上がることは考えられません。

▼逆立ちダイエットの本当の効果と嘘の効果を以下で検証しています。

逆立ちダイエットのウソ!ホント?逆立ちの本当の効果とは!?

・骨盤が開くことはない

骨盤が開くということもよく聞かれますよね。ただ、骨盤が開くということも、出産期を除けばあり得ません。また、出産後には骨盤の開きはすみやかに元に戻っていきます。

まれに恥骨結合離開といって、出産時に開いた骨盤が戻らなくなることがありますが、そのような人は洋ナシ体型うんぬん以前に、歩くこともできなくなってしまいます。

・骨盤のゆがみ=骨盤の後傾

世間で骨盤がゆがむとか骨盤が開くなどといわれていることのほとんどが、単に骨盤が後ろに傾いてしまっていることを指します。

特に、長時間のデスクワークなど、同一姿勢の継続を強いられる仕事や、だらしない恰好で座っていたり、スマホばかり見ていたりして、猫背になっている人に骨盤の後傾が見られます。

骨盤が後ろに傾く原因としては、その他にも腸腰筋の緊張があげられます。腸腰筋は腰の骨と骨盤をお腹側で結んでいる筋肉で、この筋肉が緊張することによって骨盤が後ろに傾いてしまうのです。

腸腰筋が緊張してしまうことにはさらにデメリットがあります。一つは、腸腰筋のけん引力によって股関節が外旋し、O脚になってしまうということです。

もう一つは、腸腰筋の緊張によってお腹周りの血行が悪くなり、結果としてお腹周りにお肉が付きやすくなってしまうということです。また、姿勢が悪いこと自体、お腹が太く見えてしまうことにもつながります。

洋ナシ体型を解消ダイエットするならこの2つ!

洋ナシ体型を解消したいのであれば、基本的に糖質の摂取量を減らすか、骨盤矯正をおこなうかのどちらか、または両方が必要となります。では、そのやり方について簡単に説明したいと思います。

・糖質制限のやり方

現代人は1日に300g程度の糖質を摂取しているとされています。そのため、まずは糖質の摂取量を半分にしてみましょう。いつも食べているご飯の量を半分にしたり、おやつは糖質の少ないものに変えたりするとよいでしょう。

糖質制限をすれば「必ず」洋ナシ体型を解消することが可能です。ただし、いきなり糖質の量を減らしすぎると、かえって体調不良を招いてしまうこともあります。あくまでも、糖質を抜くのではなく減らすということを意識してくださいね。

・骨盤矯正の選び方

骨盤矯正は自分でもできなくはないのですが、最初に正しい位置に骨盤を戻してもらって、その上で骨盤矯正法を指導してもらった方が効率的です。

骨盤矯正は整体院などでおこなってくれますが、整体院を選ぶときにはチェーン店などではなく、地元に根付いた評判のよいところを選んだほうが無難です。

長いこと営業をしているということは、それなりの信頼があるのでしょうし、逆にチェーン店だとロクな技術もない人に当たるリスクが高くなります。

また、整体院を選ぶときには、解剖学や生理学などについてよく勉強している先生のいる所を選びましょう。あなたの大事な身体(とお金)を任せられる整体院を選んでくださいね。

▼リンゴ体型の方のダイエット法については以下をご覧ください。

リンゴ体型のダイエットはどうしたらいい?肥満には遺伝子が関係するって本当!?

洋ナシ体型を解消ダイエットで美しいボディラインを手に入れよう!

洋ナシ体型を解消ダイエット!骨盤のゆがみのウソとホントもご紹介!のまとめ

洋ナシ体型を解消ダイエットは、簡単ではあるものの、継続するのがなかなか難しいダイエット法でもあります。自分だけでは難しいときには、よきパートナーとなってくれる整体師さんを探すのもいいですよ。

関連コンテンツ