緑茶ダイエットで痩せることはできるの?緑茶のカテキンパワーに刮目せよ!


緑茶ダイエットで痩せることはできるのかご紹介します!緑茶を飲むと、なんだかほっとした気分になりますよね。日本人にとって、とても身近なお茶である緑茶ですが、さまざまなダイエット効果があることが分かっています。今回の記事では、緑茶について、その効果などを徹底解剖していきたいと思います。

スポンサーリンク

緑茶ダイエットってなに?

緑茶ダイエットとは、緑茶を日常生活に取り入れることによって、緑茶のもつさまざまな成分による恩恵を受けることを目的としたダイエット法です。

ダイエットはもともと健康と美容のためにおこなう規定食のことを言いますが、本来のダイエットの趣旨からすると、緑茶ダイエットというのはちょっとおかしな表現なのかもしれません。

ただ、近年ではダイエットトいう言葉が健康や美容だけでなく、痩せるといった意味でも用いられていることから、本稿でも緑茶ダイエットについて、健康と美容、そして痩身といった観点から掘り下げてみたいと思います。

緑茶ってどんなお茶?

緑茶を飲んだことも見たこともない、という日本人はあまりいないことと思いますが、緑茶とはどんなお茶なのかについて簡単に見ていきましょう。

・中国茶の一種

中国には細かく分類すると1000種類以上のお茶が存在しているということですが、大きく分けると6種類になるそうです。それは、黒茶・青茶・黄茶・紅茶・白茶・緑茶の6つです。

日本で主に飲まれているのは緑茶で、その産地として静岡県が有名であることはみなさんもよくご存知のことと思います。最近になってよく飲まれるようになったウーロン茶は、黒茶ではなくて青茶の一種です。

・歴史

日本にお茶がもたらされたのは、奈良時代から平安時代だといわれています。当時の先進国であった中国に派遣された遣唐使や留学僧らが、かの地から多数の文物とともにお茶をもたらしたとされています。

日本で初めてお茶が文献に登場するのは815年(弘仁6年)のことで、ときの帝である嵯峨天皇が、大僧都である永忠によってお茶をふるまわれたという記載が、日本後記にみられます。

ただし、このころのお茶はとても貴重なものであったため、一部の上流階級のみが口にするもので、まだまだ庶民の口に入るようなものではありませんでした。

お茶がさらに有名になったのは鎌倉時代のことで、臨済宗の祖である栄西が、宋の国から仏典とともにお茶をもたらしたとされています。栄西さんには有名な「喫茶養生記」という著作もあります。

実際に、鎌倉時代の書物である「吾妻鏡」にも、ときの将軍である源実朝にたいして、お茶とともに喫茶養生記を渡したという記載がみられるということです。

スポンサーリンク

・特徴

緑茶の特徴としては、加熱することによって発行しないようにしているということがあげられます。そのため、緑茶は不発酵茶に分類されています。

加熱する際には蒸すことがおこなわれますが、この点が釜炒りにする中国茶とは異なる点です。そのため、同じお茶の木からとれた茶葉であっても、中国の緑茶と日本の緑茶とでは風味が異なるのです。

ちなみに、発酵が進んだお茶としては半発酵茶や発酵茶などがあります。半発酵茶の代表的なものがウーロン茶であり、発酵茶の代表的なものが紅茶です。

緑茶ダイエットの効果とは?

緑茶についての基礎知識を知って頂いたところで、次に、緑茶にはどのようなダイエット効果が期待できるのかについて見ていきたいと思います。

緑茶になぜダイエット効果が期待できるのかを考えたときに、緑茶に含まれる成分である「カテキン」抜きに説明することはできません。そのため、カテキンについての項を特別に設けて解説したいと思います。

緑茶ダイエットの決め手「カテキン」とは?

緑茶に含まれている成分として特徴的なのが「カテキン」といわれるものです。カテキンはフラボノイドの一種であり、ポリフェノールを含むことでも知られています。

カテキンについて説明している記事などを見ると、カテキン=ポリフェノールとしているケースもみられるのですが、正確にはカテキンはフラボノイドの一種です。では、カテキンにはどのような効果があるのでしょうか。

・殺菌作用

最近の若い人はあまり知らないかもしれませんが、昔はお茶を淹れたときに余った緑茶があると、うがいに使ったりしたものです。「お茶でうがいをすると風邪をひかない」といわれて育ったという人も中にはいらっしゃるかもしれません。

なぜなら、緑茶に含まれているカテキンには、殺菌および抗菌効果があることが知られているためです。なんと、水虫の原因である白癬菌にも効果があることが分かっているそうですよ。

また、緑茶でうがいをするとその殺菌作用によって、虫歯を予防することができるそうです。虫歯もミュータンス菌といわれる細菌が原因で起こりますからね。

・抗ウィルス作用

緑茶に含まれているカテキンは、抗菌作用でなく抗ウィルス作用もあるということです。実験ではカテキンによってA型、B型双方のインフルエンザウィルスの感染力が減少したということです。

・アンチエイジング効果

鉄が酸化すれば錆びるように、私たちの身体も酸化することによって老化が進むとされています。肌が酸化すればシミやシワができますし、血管が錆びれば動脈硬化が進行することとなります。

植物の成長には水と二酸化炭素、そして日光が欠かせませんが、日光を浴びるということは、有害な紫外線にさらされることともなります。そのため、植物は内部にポリフェノール合成するのです。

緑茶カテキンにはポリフェノールが含まれているため、体内の活性酸素を除去してくれるということです。それによってアンチエイジング効果も期待できるという訳なのです。

・体脂肪減少効果

実験の結果によって、カテキンを摂取すると中性脂肪が減少することが分かっているそうです。特に男性においては内臓脂肪が、女性においては皮下脂肪の減少もみられたということです。

また、カテキンを摂取することによって、脂肪燃焼効果が高くなることも分かっているそうです。そのため、運動の前や食事中、食後などに緑茶を飲むと、ダイエットしやすくなるといわれています。

食後の一服にはちゃんと意味があったのですね。

・生活習慣病の予防効果

カテキンには生活習慣病を予防する効果も期待されているということです。カテキンには悪玉コレステロールを減少させ、コレステロール値を正常に導く働きもあるということです。

・アレルギーの抑制効果

カテキンを摂取すると、アレルギーの原因となる刺激物質である「ヒスタミン」の放出を抑制する効果も期待できるそうです。

緑茶ダイエットの効果をさらにアップさせる方法!

緑茶に含まれているカテキンには、さまざまなダイエット効果が期待できることを理解して頂けたことと思います。そして、カテキンのダイエット効果をさらにアップさせる方法をこっそり教えちゃいますね。

・運動前に緑茶を飲む

緑茶カテキンには中性脂肪を燃焼させるだけでなく、体脂肪を燃焼させやすくする働きもあることが分かっています。そのため、有酸素運動の前に緑茶を飲むことで、効果的に痩せることが可能となります。

・高濃度カテキン茶を飲む

カテキン濃度が高ければ高いほど、ダイエット効果も高くなるということです。緑茶を購入する際には、カテキン濃度に注目してみましょう。

緑茶ダイエットで健康的にダイエットしよう!

▼カテキンは「抹茶」にも含まれており、こちらもダイエット効果が期待できます。

ダイエット中にもおすすめ!抹茶のダイエット効果とは?

緑茶ダイエットで痩せることはできるの?緑茶のカテキンパワーに刮目せよ!のまとめ

緑茶に含まれているカテキンには、驚きのダイエット効果があることが分かったと思います。身体によくておいしい緑茶で、健康的にダイエットできるといいですね。

関連コンテンツ