1か月で5キロ落とすダイエット方法~男性篇~


1か月の短い期間で5キロの減量と聞くと、かなりストイックにやるんだろうと思いますよね。今回は、どのようなダイエットなのかご紹介していきます。男性の皆さん、必見ですよ!

スポンサーリンク

【何のためにダイエットをするか】

「男にはダイエットなんて必要ない」「ダイエットをするのは女性でしょ」とお考えの男性の方は多いですね。

男性は外見よりも中身だと思っておられる方も多いでしょう。たしかにそのとおりだと思います。モデルや俳優、あるいはホストなどの職業に就いている方を除いては、仕事上で体型を整えなければならない必要性もありません。

また、特に年齢が高くなってからは外見を気にすることもなくなるでしょう。身ぎれいにしておけば太り気味であっても、腹が出ていても、別にいいやとお考えの方も多いはずです。

ただ、外見上はそれでよくても、健康上はそうはいかないことがあります。健康診断で「少し体重を減らすべきです」と指摘を受けることもあります。

別に大丈夫だろうとたかをくくって考えていると、体のあちこちに不調が出てきたり、成人病にかかることもあります。そうなる前に、健康維持の目的でダイエットをやってみましょう。

▼女性より筋肉がつきやすい男性は、実は簡単にダイエットが出来ると言います。詳しくは以下の記事もご覧ください。

男性のダイエットは簡単?おススメのダイエット法をご紹介!

【いかにして1か月で5キロ落とすのか】

ダイエットでいちばん大事なことは、「いつまでに何キロ落とす」と期限を区切ることです。「いつかそのうちに落ちるだろう」と考えていたのでは、いつまでたっても体重は落ちません。

まずは無理のないところで、「1か月で5キロ落とすこと」を始めてみましょう。

ひとつ申し上げます。「1日の摂取カロリーがいくらで、消費カロリーがいくらで、となるとカロリーの制限をして、消費量を増やして」などと、細かい計算をするのはやめましょう。

食事のカロリー量を確認、計算することは必要です。ただ、それは食事の内容を見直したり、食べすぎを抑えるための意識づけ程度で考えて頂ければいいです。厳密な計算は必要ありません。

また、「30日で5キロ落とすには、1日あたりこれだけ落としていかなければならない」と計算することもやめましょう。1ヵ月のトータルで5キロ落とすことを考えてください。太り気味だと言われている方の場合、ダイエットを始めて数日で数キロ落ちます。

しかし、さらに数日後、落ちにくくなります。それまで順調に体重が減っていたのに、ある日突然壁にぶち当たったかのように落ちなくなるのです。そこで、これが自分の限界だと挫折される方もらっしゃいます。

しかし、それは間違いであり、壁を破ればまた少しずつ落ちていくものです。体重を落とすことに長けているプロといえば、ボクサーです。ボクサーは5キロや10キロの減量をして試合に臨みます。

スポンサーリンク

試合直前の最後の1週間で5キロほどを落としてリミットに到達させるボクサーもいます。1週間で5キロとなれば絶食や水分制限、ハードな運動を組み合わせてやっと到達することになります。

日常的にハードなトレーニングを積み、十分な体力と精神力とを兼ねそなえたボクサーであればともかく、ふだん運動らしい運動をしていない一般男性が同じことをするのはまず無理です。それをやろうとすれば、日常生活に支障をきたすことになるはずです。

少し太り気味の方が体重を5キロ落とす場合、やはり1ヵ月ほどかけたほうがいいでしょう。1ヵ月あれば5キロは無理なく落とすことができます。

【食事内容を変更する】

まず、食事の内容を変えていきます。先述のとおり、カロリーを確認しながら何を食べるかを考えましょう。ただ、あまり細かく考えすぎずにアバウトでいいです。

たとえば、「かつ丼を食べたいけど、かつ丼よりカロリーが低い親子丼にしておくか」程度でいいのです。炭水化物がどうだとか、あまり細かいことを考えなくてもいいです。考えれば考えるほどがんじがらめにされた感覚になり、ストレスがたまり、食事がおいしくなくなります。

食事は、可なかぎりできるだけ時間をかけて食べましょう。噛む回数を増やし、消化をよくすると同時に、満腹感が早く訪れるようにします。あまり時間がないから、食事には時間をかけたくないからとの早食いはやめたほうがいいです。

食事の回数は朝昼夕の1日3回を基本にしましょう。ただ、朝食を食べる時間があるならその分ぎりぎりまで寝ていたいと、1日2食の方も多いでしょう。その場合は、朝の食事は摂らなくていいので少し多めの水を飲みましょう。

水を飲むことで胃の動きを活発にし、体内の老廃物を汗や尿といっしょに外に出し、血流を促進させることで、疲労感を改善させることができます。体がスムーズにきびきびと動けば、消費カロリーは自然に増えます。

【毎日の運動も重要】

食事内容を変える他、毎日運動を行ないましょう。

おすすめなのはロードワークです。1日に3キロほど走るようにしましょう。室内で手軽にできる運動は、あまりおすすめできません。

「いつでもできる」と思ってしまうことで、逆になかなか続けられなくなります。また、手を抜いたり、勝手に時間を短縮するなどしてしまいがちです。なぜなら、手軽にできるけれど単調な運動は、楽しくないからです。

ロードワークであれば、散歩の感覚で外に出て、毎日微妙に移り変わる景色や外の様子を感じることに楽しさを見出すことができます。

1ヵ月で5キロ落とすダイエット方法~男性篇~のまとめ

食事内容を変えて、1日3キロのロードワークを1ヵ月続ければ、無理なく5キロのダイエットを成功させることができるはずです。

関連コンテンツ