太もものセルライトを除去する方法なんてあるの?美容業界のウソについて!


太もものセルライトを除去する方法って本当にあるのでしょうか??エステなどのマッサージでセルライトを除去するなどと宣伝していますが、本当にマッサージでセルライトを除去することは可能なのでしょうか。今回の記事はちょっと硬派に、ダイエットのために本当に必要なことを紹介します。

スポンサーリンク

セルライトって何?

エステなどの美容業界でよく聞かれる言葉であるセルライト。では、セルライトとはそもそもどのようなもののことをいうのでしょうか。

・皮下脂肪

セルライトとはなにかズバリいうなら「皮下脂肪」です。アメリカの医師や研究機関が発表したところによると、いわゆるセルライトと呼ばれるものと皮下脂肪との間に、何ら相違点は見られなかったということです。

セルライトは実は医学用語でもなんでもなくて、ヨーロッパのエステ界で作り出された造語なんです。美容業界では皮下脂肪に老廃物がたまったものなどと説明されませが、医学的根拠はありません。

・皮下脂肪が肥大したもの

では、せるライトと呼ばれているものの正体がなにかというと、それは単に皮下脂肪が大きくなったもののことを指しているんです。つまり、セルライトが落ちにくいというのは、皮下脂肪が落ちにくいということと同じなのです。

セルライトを除去する施術に効果はない?

セルライトと呼ばれているものは、単なる皮下脂肪であることが分かったところで、次に、エステなどの施術によってセルライトを除去することが可能なのかについて見ていきましょう。

・痩身エステでセルライトは除去できません

痩身エステのメニューでよくセルライトを除去するというコースがあります。セルライトのある部分をマッサージでほぐしたり、特殊な機器を用いてセルライトを除去することを目的としています。

ただ、これらの施術によってセルライト=皮下脂肪が落ちることはありません。セルライトは皮下脂肪であって、マッサージをしたり温めたりすることで除去できるものではないからです。

・マッサージで脂肪燃焼は起こらない

痩身エステの現場でよくいわれるのが、マッサージによって脂肪燃焼効果を高めることでダイエットができるというものです。これに関しても、マッサージで脂肪が燃焼するようなことはあり得ません。

一生懸命マッサージをしているエステティシャンの方に脂肪燃焼がおこることはあるかもしれませんが、ベッドに横になってマッサージを受けているだけで脂肪燃焼がおこるわけがありません。

脂肪燃焼とは筋肉によってもたらされるものであり、ジョギングやマラソンなどの有酸素運動をすることによって始めて燃焼がおこるのです。もう一度繰り返しますが、脂肪をもんだりつねったりしても脂肪燃焼は起こりません。

・痩せたように見えるのはむくみがとれただけ

ただ、セルライトを除去するエステをする前とした後で、サイズがダウンしていることもありますよね、そこで「ほら、セルライトが取れたからですよ」といわれると思わず納得してしまいそうになります。

実は、それってマッサージによって一時的に血流が改善して、むくみがとれているだけなんですよ。むくみいが取れれば1cmや2cmくらいは簡単にサイズダウンすることが可能です。でも、その効果は極めて限局的で次の日には元通りということがほとんどです。

セルライトを除去する方法はないの?

エステや美容整体などでおこなうセルライトを除去する方法はハッキリいって効果がありません。では、この太ももについてしまったボコボコはとることができないのでしょうか。そんなことはありません。

いわゆるセルライトも皮下脂肪なのですから、一般的な皮下脂肪をとる方法でセルライトを除去することも可能ですよ。

・運動をする

何度も繰り返しているように、セルライトは単なる皮下脂肪です。皮下脂肪は内臓脂肪と違って、つきにくく落ちにくいといった特徴があるので、いわゆるセルライトも当然のことながら落ちにくいわけです。

皮下脂肪を落とすのに有効な手段の一つが運動です。私たちが運動をすると、まず体内の糖分がエネルギーとして使われ、糖分を使い果たすと今度は予備のバッテリーである脂肪がエネルギーとして使われることとなります。

ダイエットをするときにもっとも一般的な運動がウォーキングやジョギングだと思いますが、20分以上おこなわないと効果が少ないといわれるのは、糖分を燃焼し尽くさないと脂肪の燃焼が始まらないことに由来しています。

・食習慣を改善する

皮下脂肪は内臓脂肪と違ってつきにくいという特徴があるのですが、長い間、乱れた食生活をしていると徐々に雪が積もるように皮下脂肪が増えてしまいます。

そのため、食習慣の改善によって皮下脂肪を減らすのには時間がかかることをあらかじめ理解しておきましょう。

皮下脂肪を減らすにはまず、これ以上皮下脂肪がたまらないようにすることが先決です。明らかに食べすぎ・飲みすぎによって太っている自覚がある人は、食事の量やアルコールの量を減らしましょう。

玄米入りの茶碗を持つ女性

それほど食べていないのに太っているという場合は、食べているものや栄養のバランスが偏っている可能性があります。食事全体の量は多くないけど、ご飯やパンが大好きという方は要注意です。

糖質は私たちの身体にとってエネルギー源となる重要な栄養素なのですが、摂取しすぎてしまうとエネルギー化が追い付かず、分解しきれなかった分の糖質が脂肪として体内に蓄えられてしまうのです。

普段から糖質(ご飯やパン、麺類などの炭水化物)を摂りすぎている人は、糖質の量を減らしてみましょう。すぐに体重に変化が現れることと思います。

・美容整形を受ける

エステや美容整体でおこなっている痩身エステやセルライトを除去する施術には効果がありませんが、医師である美容整形外科がおこなう施術には効果があります。

美容外科では実際に脂肪を吸引するのですから、あたり前といえばあたり前と言えます。また、脂肪を溶解する薬液を注入する措置が取られることもあるそうです。

いずれにせよ、生活習慣を改めないとまた同じことの繰り返しになるので、せっかく高いお金を払って美容整形を受けたのであれば、その状態を維持するためにもやはり、運動や食習慣を改善することが重要です。

太もものセルライトを除去するのに効果的な運動

それでは最後に、太ももについたセルライト=皮下脂肪を除去するのに効果的な運動についてしょうかいしたいと思います。

・スクワット

太もものセルライトを除去するのに効果的な運動としては、スクワットがその筆頭にあげられます。キング・オブ・エクササイズともいわれるスクワットは、太ももやおしり周りの脂肪を燃焼させるためにとても効果的です。

ダイエットをする場合には、かならず基礎代謝をアップさせる必要がありますが、基礎代謝をアップさせるには筋肉をつけるしかありません。身体を温めたりマッサージをしたりしても基礎代謝は上がりません。

下半身には全身の70%もの筋肉が集まっているため、そこを中心に鍛えることで効率よくダイエットが可能となるのです。1日50回から始めて、慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

・踏み台昇降

踏み台昇降は地味な運動ながら、1時間行った場合、同じ時間ウォーキングをした場合の倍近くカロリーを消費することが可能です。

また、有酸素運動であることから脂肪燃焼効率も高く、さらに腸腰筋を鍛えることによっておなか周りのダイエットにもつながります。飽きやすいのが難点ですが、効果は折り紙つきですよ。

時間とお金は有効に使おう!

太もものセルライトを除去する方法なんてあるの?美容業界のウソについて!のまとめ

セルライトを除去するのに効果的な方法について見てきましたが、いかがだったでしょうか。医学的にセルライトとはただの皮下脂肪であること、除去するには運動や食習慣の改善が必要なことが分かって頂けたのではないでしょうか。エステのリラクゼーション効果を否定するものではありませんが、セルライトを除去することが目的なら違う方法を考えた方がいいですよ。

スポンサーリンク