足のむくみの原因とその対処法!美脚効果も期待できますよ!


足のむくみの原因とその対処法!女性に多い悩みの一つがあしのむくみですよね。「夕方になってくると足がパンパンにむくんで…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回の記事では、足のむくみの原因や対処法について徹底解説したいと思います。

スポンサーリンク

足のむくみはなぜ女性に多い?

足がむくみ、マッサージや整体などで施術を受ける人の割合は、男性よりも女性の方が圧倒的に多いようです。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか。そこには、足のむくむメカニズムが隠されています。足のむくむ原因と知って対処しましょう。

足のむくみの原因とは?

足がむくんでしまう原因としては、いろいろなことが考えられます。特に女性に顕著なものもあれば、男性に見られるものもあります。では、足のむくみの原因を詳しく見ていきましょう。

・長時間の同一姿勢

パソコンの前で長い時間座りっぱなしのデスクワークや、接客業などの立ちっぱなしの仕事をしているような人の場合、足へと送られた血流が滞ることによって、足がむくんでしまうことがよくあります。

朝起きた時にはむくんでいないのに、しごとが終わりに近づく夕方頃になるとむくんでくるというような場合、こういった原因が考えられます。

デスクワークでふくらはぎのむくみが気になる女性

・足の冷え

足が冷えることによって、血液の循環が悪くなることによっても、足がむくんでしまいます。女性には冷え症の方が多いことも、足がむくみやすくなる要因となっています。

・運動不足

若い頃にはあしがむくんだり、足がつったりするようなことはなかったのに、社会人になってからそのようなことが起こっている場合、日頃からの運動不足の可能性が考えられます。

運動不足によって足の筋肉が刺激されることがなくなると、血行が悪くなって、結果的にむくみやすくなってしまうのです。

・水分や塩分の摂り過ぎ

単純に水分を摂りすぎると、体内の水分量が増えるために足がむくみやすくなります。また、塩分の摂り過ぎも足のむくみの原因となることが分かっています。

塩分の摂りすぎによって血液中の塩分濃度が上がると、脳は塩分濃度を一定に保とうとします。それによって体内から水分が供給され、結果としてむくんでしまうというわけです。

・筋力の低下

年とともに足の筋力が低下してきますが、それも足のむくみの原因と考えられています。なぜなら、足は第二の心臓とも呼ばれるからです。

心臓は血液を全身に送り出すポンプのような働きをしていますが、全身に送られた血液を心臓に送り返すのは、身体各部の筋肉がおこないます。

特に、足は心臓から一番遠いうえに、重力に逆らって血液を上に送らなければなりません。それが、足が第二の心臓と言われる所以なのです。

そのため、足の筋力が低下したり、筋肉量が少なかったりすると、血液を送り返す力が不足してしまい、結果として足がむくみやすくなるのです。

・病気の場合

肝機能障害や腎臓になんらかの病変がある場合にも、むくみが見られることがあります。なにをしてもむくみがとれないという場合には一度、医療機関で詳しく調べてもらうようにしましょう。

・下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は、ふくらはぎや膝の裏といった場所にある静脈の弁に異常が生じ、血管に瘤のような塊ができてしまう疾患です。やはり女性に多く見られる疾患であり、それによってむくみが生じることもあります。

足のむくみの対処法その1・温める

足のむくみにはさまざまな原因がありますが、その奥に血流が関与していることが分かります。単純に冷えたり血行が悪くなったりすることでむくみやすくなってしまうので、むくみが見られる場合にはお風呂に浸かるなどして温まるようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク

足のむくみの対処法その2・マッサージをする

足の血行をよくする手段としては、マッサージをすることもあげられます。お風呂上がりなどにおこなうとより効果的ですよ。

風呂上りにふくらはぎをマッサージする女性のイラスト

両手でふくらはぎを包み込むようにして、アキレス腱の方から膝裏の方へ、血液を流してあげるようなイメージで優しくマッサージしましょう。強い力でおこなう必要はありません。

また、仕事帰りに足のむくみがあまりにも辛いようなときには、マッサージ屋さんや整体院などで施術を受けるのもよいでしょう。地域で評判のお店を選ぶといいですよ。

足のむくみの対処法その3・適度に身体を動かす

足がむくむ原因の一つとして、長時間に渡って同じ姿勢でいるということがあげられます。肩こりもそうなのですが、筋肉はなにかをすることではなく、何もしないことでこってきます。

何もしないというとちょっと語弊があるのですが、じっとしているときに筋肉は凝ってしまうということです。そのため、仕事中であっても適度に身体を動かすとよいでしょう。

デスクワークの場合は、たまにトイレ休憩をするなど、仕事中に少し歩くようにするとよいでしょう。接客業など立ちっぱなしの仕事の場合は、仕事の合間に靴を脱いで、つま先立ちをしてかかとの上げ下げをするなど、ふくらはぎの筋肉を刺激してあげましょう。

足のむくみの対処法その4・筋トレをする

足がむくんでしまう原因としては、筋力の低下もあげられます。なにもしないでいると筋力はどんどん衰えていきますし、年をとってから足がつったり下肢静脈瘤になったりするリスクも高くなります。

そのため、若いうち、運動ができる内にふくらはぎの筋肉を鍛えるようにしましょう。とはいっても、なにもジムなどで本格的にマッチョになる必要はありません。

カーフレイズと言って、つま先で立ってかかとの上げ下げをおこなう筋トレが有効です。負荷をかける方法もありますが、まずは自重で1日2分から始めましょう。続けることでメリハリのある脚のラインも手に入れられますよ。

足のむくみの対処法その5・食習慣の改善をする

塩っ辛い食べ物が好きな方や、お酒が大好きな方で、足がむくんでしまうというような場合は、食習慣の見直しをおこないましょう。

塩分の取り過ぎは足がむくむ原因となりますし、お酒を飲むと塩分の高いおつまみなどを欲するので、さらに足がむくみやすくなってしまいます。

足のむくみの対処法その6・病院を受診する

足のむくみの原因は実にさまざまなことが考えられます。もし、上記のような対処法でどうしてもむくみが改善されない場合、一度専門医の診察を受けるようにしましょう。

自己判断で足のむくみを放置してしまった場合、思いもよらない疾患が潜んでいる可能性がなくはありません。診察の結果「異常なし」であれば、それはそれで安心ですからね。

足のむくみの改善によい食べ物

足のむくみを解消するのに効果的な食べ物や栄養素がいくつかあるので、最後に紹介しておきたいと思います。

カリウム

カリウムは足がつったりむくんだりする人におすすめの栄養素です。塩分の排出を促してくれるため、足がむくむ人は積極的に摂るようにしましょう。カリウムを含む食品としては、海藻類やバナナ、カボチャなどです。

ただし、なんらかの疾患を抱えている場合、カリウムの摂取を控える必要があるケースもあります。通院治療をしている人は、お医者さんに相談するようにして下さいね。

サポニン

大豆に含まれていることで有名なサポニンには、LDL(悪玉コレステロール)の排出と、利尿作用があることが分かっています。納豆や豆腐など、大豆製品を摂るようにしましょう。

足のむくみを改善して美脚を目指そう!

足のむくみの原因とその対処法!美脚効果も期待できますよ!のまとめ

足のむくみの原因と対処法について見てきましたが、いかがだったでしょうか。一口に足がむくむと言っても、実にさまざまな原因があることが分かって頂けたことと思います。あなたに合ったむくみ解消法を実践することで、不快なむくみとサヨナラして、美しい足のラインを手に入れてくださいね。

関連コンテンツ