冷え性を改善して痩せにくい体質とさよなら!


冷え性改善をしたいと思っている方は多くいらっしゃると思います。女性にいたってはおよそ6割が冷え性だと言われてしますが、夏は長時間の冷房にあたって芯から冷えてしまったり、冬は手足が冷えてなかなか寝付けなかったりと悩んでいる方もいるでしょう。今回は冷え性の原因、そして改善のためのおすすめの方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

冷え性の原因は血行の滞り

冷えてしまう原因は、些細な日用生活にも潜んでいます。例えばなんとなくなってしまった自動販売機のドリンク、実はこれも冷えの大きな原因の一つとなっているのです。冷えた飲み物を摂取することは、体を冷やして血流が悪くなってしまうことへと繋がります

また毎日湯舟に浸からずにシャワーで済ましてしまうことも冷えの原因となります。血行が滞り、血流の循環が悪くなってしまうのです

冷え性はダイエットの天敵とも言われています。では、なぜダイエットに冷え性はよくないのか?また、冷え性を解消するための近道を伝授しましょう!

▼冷え性はダイエットの敵です!以下の記事を参考にしてください。

冷え取りダイエットで痩せられる?体質改善で痩せやすい体質を手に入れよう!

冷え性を改善!むくみはダイエットの敵!?

そもそも冷えの原因となる要因は基礎代謝にあります。女性は男性よりも筋肉が少ないので基礎代謝が低く、そのために冷え性になりやすいのです。

スポンサーリンク

水分をきちんと排出できない体になってしまうと、余計な水分を体内に蓄えてしまってむくみが起こり、さらには痩せにくい体質になってしまいます。ダイエットをしてもなかなか効果が得られないことにも繋がってしまうので、むくみはまさしく女性にとっての敵なのです。

冷え性を改善する食べ物とは?

体を温める食べ物を意識して摂取することも大切です。例えばパイナップルやバナナなどは南国が主な産地となっています。つまり南国などの温かい地方で採れるものは、体を冷やす食品となっていますので避けましょう。

対して人参や山芋、カボチャなどの根菜類は身体を温める効果が高いといわれている食品たちです。出来るだけ摂取するように心がけてくてください。根菜類はけんちん汁や豚汁などにするとたくさん摂取することができますし、調味料となる味噌も身体を温めてくれる作用があります。

さらに冷えが気になる方はショウガをプラスすれば体の芯からポカポカになりますし、あらかじめ用意しておけば忙しい朝にもぴったりです。

血行を改善して冷え性にも効果あり!

冷え性対策としては、筋肉を増やすことも効果があります。女性は男性と違って筋肉が少なく、そのために冷え性になりやすい体質といわれています。筋肉をつけることで基礎代謝が上がり、体内の血流ポンプが活性化するのです

末端まで血行の循環が良くなることで、それは冷え性の改善にもつながります。また基礎代謝を上げるということは、何もしなくても日々消費されるエネルギー量が増えるということになり、それはダイエットにも繋がるのです。

湯舟に浸かって冷え性改善!

先述しましたように、シャワーだけでパパッと済ましてしまうと体の芯は冷えたままとなっており、ベッドに入る頃には指先や足先が冷えてしまいます。こうなると寝つきが悪くなり、睡眠の質も悪くなってしまうことがあるのです。

毎日の仕事で疲れた体ではちょっと億劫かもしれませんが、ぜひ湯船に浸かってみましょう。

40度前後の温めの湯船に浸かること20分。のんびりと読書をしたり、目を閉じてリラックスしたりして、1日の疲れを癒しましょう。

湯舟に浸かることで血行が良くなり、末端まで血液が循環します。体の芯まで温まりリラックスすることができるのです。たった20分の入浴で体も心もほぐれ、ダイエットに最適な良質な睡眠を得ることも可能です。

▼良質な睡眠は高いダイエット効果を生み出すために必要です。以下の睡眠とダイエットの関係についての記事もご覧ください。

睡眠不足は太りやすい?生活習慣とダイエットの関係とは!?

冷え性改善にはマイボトル生活!

冷え性の改善策として、マイボトルをおすすめします。自動販売機やコンビニで売られている冷たい飲みものは体を冷やしてしまう天敵です。真夏に冷たく冷えた飲み物をゴクゴク飲むのはとても爽快ですが、残念ながらダイエットには向きません。

急激に体を冷やすことで負担がかかり、体を冷やすことでせっかく燃やしている体をクールダウンさせてしまいます

体を冷やさないために、常温、または保温性のあるボトルにノンカフェインの飲み物を常備するのもおすすめです。

近頃のコンビニでは常温の飲み物を用意してあるところもありますので、毎日マイボトルを用意するのが大変な場合はそちらを利用するのも良いでしょう。

冷え性を改善して痩せにくい体質とさよなら!のまとめ

体温が下がると血流が悪くなって免疫力も低下してしまいます。そのため体内に異物を発見した場合、素早くその対策をしてくれる白血球が集まりにくくなってしまい発病に繋がるのです。体温が1度上がると血液の流れが良くなることで免疫力が高まり、体内をパトロールする白血球が体中をめぐります。さらには基礎代謝もアップすると言われています。体を温めることは万病の予防ともなりますが、同時にダイエット効果も高まるということです。食べ物や飲み物、入浴など毎日行う事で少しずつ冷え性の改善を目指していきましょう。

関連コンテンツ